2015年9月16日水曜日

487「地の理6」2015,9,15

 元気を回復して、いよいよ丸池に向け出陣です。鳥海山を左手に見て、右は日本海です。穏やかな天気の中、車は山形県遊佐町に入りました。すると海に光の柱が立って、海面が白く輝いています。光を見にいく事にして、急遽十六羅漢展望所に寄りました。


 前回の6月の出羽の巡りの時にも、この地で同じように太陽の光を受けて、暫く光と海の織り成す神秘の時空を楽しんでいました。丁度、太陽も顔を出して下さり、良い加減で太陽と海のエネルギー調整をしていただき、丸池に向かいました。10分程で着き、待っていて下さったNさんたち3人にお逢いして、丸池に全員揃いました。


 丸池には以下の表記があります。
「直径20メートル、水深5メートル、湧き水だけで満たされた池です。
 水の色は幻想的なエメラルドグリーンです。光の加減により微妙に色を変えていきます。
透明な池を見ていると、底の方からボコボコと水が湧いている様子が見られます。
 後三年の役で、鎌倉権五郎景正が敵に目を射抜かれ、三日三晩その敵を探し求め見事に討ち取ったあとにこの池で目を洗ったため、この池に住む魚は鎌倉景正に敬意を表してすべて片目であると言われています。
 鳥海山大物忌神社の境内地であるため手つかずの社叢が残っています。地域住民からは古くから信仰の対象として大切にされてきました。」
 http://mias.main.jp/maruikesama/

 丸池様と呼ばれその神秘的なエメラルドグリーンの池の色は見事なものです。着いて直ぐに太陽が照りだして、池に光を注いで下さいました。皆さんここぞと神秘の池の色合いを写真に収めました。

丸池神社の祠の近くで池に向かってあわ歌を響かせました。ここはこちらから発するのでなく受け取る意味合いですので、規定の配置を取らずに、あわ歌を1度響かせました。


 その後のお言葉です。
「ありがとうございます。
 本日、ここに共に集いたるは、是よりのこの地球の事ごと、共に歩まんとご説明致します。」
(ここで中山さんが池を向いていたのを向きを逆転させて、以下お話されました。)


 遥かな時より、この地球、多くの変化、進みを成し来て、都度、新たなる形と成り来たりました。
 この地球の波動、その都度変わり行き、大きなる宇宙と共に参らんと致して参りました。
 その中にありて、皆々様のその昔の人々、まったく新たなる形と、心と、知能持ち来たりて、大いにこの地球の上にて活躍為さり、激しく進み来たり。
 その今、皆々様、この宇宙の中にて大きく違いた道へと参り行く懸念があります。
 全てを使い、人そのものの宇宙の如くと成り来たり、是より参る真の道に非ず。
 全ての宇宙はその進みを真に戻し、共々参らんと定めたり。
 その為、この地にある全ての力を天空に繋ぎ、人々を繋ぎ、変え行きます。
 是より知らせ行くは、
 地球上に形として現すこと。
 見えざる大きな流れを生みいくこと。
 皆々様への大切な知らせ致すこと。
 ここにお伝え申す。
 必ず、共々成り行きて、新しきへ参りましょうぞ。ありがとう。(拍手)」

 お言葉が終わりましたが質問を促され、以下はその質疑応答です。

「尋ねて下され、何事も。」
・具体的にどのように受けたら良いのか
「只ただの心はいつもなり。御自分の気付き、思いを大切に、素直に為さりませ。
 よくよくの事、この身にお尋ね下さい。」
・この丸池はどのようになりますか
「全てはそのまま、それぞれの思いにて訪ね、ご自分で伺いてみなされ。」
・地の動きはより激しいか
「それは大きなる定め。この地の進みに関わる事なり。皆々様、如何なるやは、その身の想いひとつと成り行けば、ひとつなり。」
・全ては己の心のままで進んで良いのか
「あ~い。違いたる心あれば、それぞれの気付きあり。そのとき、その身が如何に為すかなり。」16:03
 以上で儀式は終了しましたが、更に中山さんから何でも質問して下さいとありましたのでその内容です。

・10大地点と今のお話のこととの関連は
「揺らぎ等があってもその地点はしっかりさせる。これから動かす時に不動点として、その地の人として育成する。
 各自が早く直接に繋がれる様になって欲しい。光と響きを送っているが、そのことに気づいてくれるかだ。
 あわ歌は歌っても歌わなくてもどうでも良い。素直にあれば直ぐに繋がれる。歌はその為の1つの手段だ。今まで先人で修行してそのレベルに達した人がどれ程いたのか。
 クライマックスは迫っているが、脅しているのではなく、各自が楽になることの為に伝えている。
 地球は自助努力をしているので、人間も一緒にそれに乗ってくれないか、と言う提案だ。少しずつ集える人を増やしている。」16:16


 昨日の朝のお言葉の3ヶ所目はこの丸池です。最後に前日の湯川沼で沼の水をペットボトルに汲んで来ていたTさんが丸池に流しで情報の融合を図りました。果たして如何な反応でしたでしょうか。


 お陰さまで全てを終えることが出来ました。それと同時に雨が降り始めました。この丸池の儀式が終わるまで天は雨を降らせずにことを進めてくださったようです。
 雨の中、早々に山形からの皆さんとお別れし一路、仙台へと出発しました。途中、雨が降ったり上がったりでしたがそんな車中で中山さんにお言葉がありました。
「お知らせ。
 この地の大きな気を流すは、
 海に三 山に三 河に二 平原に二
 いづれも天候と相まって、大きな影響あり。
 大自然の力を知らせる。」18:00

 このお言葉のころに鬼怒川を始め関東の各地の河川は氾濫の危機にあったことを後で知りました。私たちの車も山形JCTを過ぎ、山形北ICに差し掛かるころから強烈な雨に遭遇しました。視界が利かず、ワイパーも機能しないような土砂降りです。大自然の力は恐ろしいものです。
 安全運転で仙台駅に19時半頃に無事到着できました。有志で打ち上げを駅構内のお店で済ませ9時過ぎに解散、帰路に着きました。
 次は10月10日の大和での儀式、そして中山さんに仙台にお越しいただけるのは12月17~19日の予定です。又、改めて丸池に来ることになるかも知れません。いつも終わりの始まりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿