2015年11月8日日曜日

501「光と陰1」2015,11,8

 あわ歌に縁してから必要に応じていろいろな活動をしてきましたが、今回も新たな体験の機会を期せずして与えていただきました。スペインのカタロニア(カタルーニャ)への旅です。旅の詳細な内容は「光と響きとあい」http://ameblo.jp/aifukaki/をご覧頂くとして、些かその世界を紹介させていただきます。
 
 スペインには今から35年前に1度訪れていて、マドリッド、トレド等を巡りましたが、忘却の彼方です。私は学生時代に油絵を描いていてガウディにとても興味を惹かれていました。その時の旅ではパリ等で西洋絵画の世界を堪能したように思いますが、ガウディの本拠地、バルセロナは叶わぬところでした。今回の旅の目的地、カタロニアの中心はバルセロナです。若き日の夢の実現も旅の楽しみのひとつです。
 あわ歌の巡りの必然性は中山博さんに下ろされる数々のお言葉、絵を基本にしています。解読不明な内容や絵を読み解きながら今回のコースが決まっています。果たして絵に記された地が実在するのか、が興味深く、その地であわ歌を響かせることの意味も含めて如何なる応答、結果がもたらされるのか、彼の地に足を運ぶ体験の中で味わえる意味深い旅です。 
しかしながら、私は旅立つ直前までいろいろな雑事に追われて、巡り先のリサーチも一切無く、飛行機内で初めて資料を精読する状態でした。
 
 配布されている資料は以下のような内容でしたが、そこに記されているお世話役のOさんからの言葉が全てを語っています。
「皆様へ
カタルーニャの旅が近づいてきました。添付いたしましたメッセージには、はっきりとした場所は記されてはいません。訪ねる先が、メッセージのどれにあたるのか、何を伝えたいのか。現地に足を運んで、歌ってみましょう。添付しましたメッセージをご確認くださいませ。O」

 旅のきっかけになったお言葉は以下です。
「カタロニア カタロニア 見事なるをお見せいたす。是非、是非に後来国なされ」2015,3,12,17:30

「カタルニア カタルニア いつの日か帰るこの地のこと、豊かなる地ぞ。
 このカタルニア、見事に成し行き、大きなる身よ参らせませ、参りませ。」
2015,4,14,15:57

 そして以下の5つの絵のところが巡る目的地です。



 今回の巡りの大まかのコース予定です。
1日目:成田→夜バルセロナ到着、
2日目:バルセロナ→ジローナ→リポール→アンドラ公国、
3日目:アンドラ公国→アイギス・トルテス国立公園→アルティエス、
4日目:アルティエス→ポイの谷→バルセロナ、
5日目:バルセロナ市内観光→モンセラット修道院→バルセロナ、
6日目:バルセロナ散策→夕方離陸→7日目羽田夜帰国
成田に14名の方々が集合しました。中山さんから13名の方々に今回のスペインでのテーマ、課題の言葉を頂きました。私は「はなち」でした。他の方々の言葉も紹介します。
「S:つむぎ、O:ひらき、N:わたり、O:はたす
 I:うつす、H:うます、Y:やわす、K:はれる
 O:はなち、T:ゆるす、K:こころ、S:やすみ、W:さとす」

 果たしてどのような体験、未知の扉が開くのか楽しみに搭乗しました。機中は映画や音楽、食事を楽しみながらですが、狭い機内の長旅は窮屈です。




そんな飛行機内で中山さんにあったお言葉を紹介します。

「いよいよ参りました。その時を迎えたり。この身は如何なるを発すや。
 篩う、大きなるや。輝きなるや。美しく生み出だす、新たなるを。
 開きて、届けん。」

「タミマン タリラ サラルリア ヨーヨ ヨーウラ サムサン
 今、祈る、大きなる方ここにあり。歌うは、はみなり。」

「368000×6000000000の方々に届けて、この地を柔し、共々ひとつに成し行かんと致す。
 さあ、さあ、さあ、さあ。」

 「突然、この地から消え行くことは簡単なことです。
 一つには、その物のゆらぎを変える事。
 一つには、その物の周りを変える事。
 今見せているのは、周りを変えています。その物自体を変えていません。これからは自身で変わります。そこで、この身を変える時には、この身のゆらぎが変わるのですが、この身の全てのゆらぎが変わりたる時、如何成るかがまだ掴めておりません。
 この身にとって大切な体の中にある小さき方々のその中にあるものと、小さき方々にとって如何なるかです。是よりは慎重に行い、行きます。頼みたし。」

「絵  ゆらぎはいかに。」

 アムステルダムのトランジット、乗り継ぎでバルセロナですが、アムステルダムに着く前に英語のお言葉がありました。後日、訳した内容は以下です。
「Amsteldam say that we won't you Harrlem Harassment.
 Someone crime that so we won't so many that thing.
 warrant were not something great.」
「アムステルダム ハーレムで我々の望んでいない虐殺があった。
 そこで無差別な犯罪が繰り広げられた。
 大いなるものなどは存在しなかった。」
 過去にスペインの侵略で、ハーレムで悲惨な出来事があったようです。そしてアメリカ、ニューヨークでも。




 乗り継ぎを入れて14時間の飛行で無事にバルセロナに到着しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿