2015年11月30日月曜日

515「真の事2」2015,11,29

 皆さんにお示しを下さり,まとめのお話です。
「自分に言われている内容よりも、隣の人の言われていることが、よりしっくりするものもあります。自分に言われている様です。それぞれの霊団が1人1人に下ろしているのですが、まとめて言っています。ですから全ての言葉が、今日ここに集まっている人に下ろされたということです。ですからおおよそ、それらの内容が、皆さんに当てはまっているのです。
 念に流れてくるものへの反応を最大公約数に捉えて、言語にして書いているのがブログです。鏡の役割をするのが霊媒です。思考を映し出して返っていくのです。ですから己で決められないで、そのまま分かりやすく返って行く感じです。ですから多重人格者と言われるのですが、この霊媒システムを理解してから安定してきました。
 神人の役割は、人に伝えることで、自分らしく生きることです。自分の霊媒体質を理解して生きることが出来たこと、カミングアウト出来たことが凄いことです。それで人間関係ががらっと変わったのです。言う行為が凄いのです。
 世の中で霊媒体質を受け入れられない人が多いです。霊吸収タイプ、霊媒に近い人、憑依タイプの人もいます。沢山のエネルギー体として捉えられます。
 自分の意識をどこへ向けるか大事です。肉体へ向かうと、五感を満たすだけのなり、飲食、お金、仕事、女に向かいます。
 霊意識を主体にすると、霊意識を喜ばすこと、人に喜ばれる生き方をすることになります。出来ることは幾らでもあります。笑顔、唄を歌う、それをどういう思いでするかで変わります。霊体を喜ばせる生き方、喜びを与える生き方を選択すると、喜びのエネルギー体となります。
 人に愛される人、人の為に生きている人は輝いているので、周りの人はその人のところに寄って行きたくなります。そのエネルギーが心地良いのです。そこへ行く事が分かり易いのです。与えて、霊意識を高めて行く事、そうすると嬉しくなります。人が良く思ってくれるその意識を受けることで、どんどん喜んで行くのです。そうすると人に恨まれ、嫌われることが無くなるのです。しかし本当のことを伝えるとマイナスを受けるので、自分の立ち位置が大事です。」

  お示しを頂いている時はそうかと思っていても直ぐ忘れてしまいます。メモを書いて清書すると納得の内容です。言い当てていて、守護霊、指導霊との神人さんの霊媒通信の能力には驚いてしまします。将に、今必要な事が与えられているのでしょう。
 3部は祈り唄&ギター三味線&祭り唄Liveです。以前よりインストが多くなり、唄が少なくない感じです。津軽などの祭り唄がエネルギッシュで、「アラハバキ」という曲は即興的で何種類ものアラハバキが登場して、それぞれが持ち味を発揮して競演している様で面白い世界です。みちのく、東北の古代土着神のアラハバキが現われ出でて、新しい時代に大きなエネルギーを発信、放射して行く様です。最後にリクエストと言うことで、静かな祈り唄で4時間ライブは終わりました。
 今回のライブ参加者は今までの中で一番少ないのですが、必要な方が集まって頂いた様です。内容が濃厚で、懇親会も深いお話を沢山聞くことが出来て、嬉しい時間でした。


 22日午後は浄音(きよね)ライブです。全員が始から床に寝て、心身の浄化、ヒーリングをしていただきました。単なる浄化でなく、今回はヒーリングでした。参加者が少ないこともあり、一人一人への時間を多く費やして頂き、深いところまでエネルギーを注入してその変化は明らかでした。

 私はかれこれ3年前に左肋骨4本、7箇所の骨折をして1週間ほどの入院治療をしていました。退院後はほとんど痛みも無く、しかし骨折部の骨の陥没はそのままで、生活に一切支障なく過ごしていました。しかし、今回の浄音ライブが始まり暫くすると、その骨折の場所が俄かに痛み出すでは有りませんか。痛みが増して来て、じっと仰向けに寝ているのが辛くなり、ごそごそと姿勢を変えて必死に堪える状態で、何と長いライブだったのか、との思いで2時間を終わりました。
 前回も含め、是までの浄音ライブでは痛みを感じたことが無かったので驚きでした。神人さんのライブなど仙台で新しいことが始まることが是までもいろいろありました。霊伝が始めて行われたのが仙台の青麻神社でのライブからでしたし、神人ツアーも仙台から始まりました。今回はヒーリングライブを意図しておられたようで、これからどんどん成されていくようです。そして、講演会も是まではテキストを中心にお話をして下さっていましたが、今回は内容を決めずに、今必要なことをお話いただくことになっています。

 23日3日目は4時間半講演会でしたが、封印を説かれて、今だから必要な真の事をお話くださいました。初めて聞く方には驚きの内容だった様ですが、事実を知り、今自分がいる位置に気付き、新たな視点を得ることで生き方に変化がもたらされるのではないかと思います。その内容を簡単に紹介します。

 3,11から4年、5年が経ちますが、どう受け止めるかから始めたいと思います。
 地震とは何か。それは地球の動きの1つです。地球は生命体なので変化がお起きます。しかし、それに対する教育を現代人は受けていません。例えば、雨は降られると都合悪く悪者的に思うのですが、農家には雨は必要なもので感謝できるものです。私たちは大切な教育を受けていないので、メディア操作がされて、洗脳、マインドコントロールされているのが実情です。
 好奇心を持ち、真実を知りたいと思う。しかし、そもそも真実を受け入れられるのか。マインドコントロールを解く勇気があるのか、にかかわることです。なかなか無として受け入れられないのが大方です。しかし大事なことを残したいと思い、仙台の人が変わるために必要な事を集約してお話したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿