2016年1月4日月曜日

552「新年元旦1」2016,1,4

 2016年新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
お陰様で暖かな穏やかな新年を迎えることが出来ました。全ては善き計らいの流れなのでしょうか。今年の年越しは大和農場での諸々の行事も無く過ごしましたので、久しぶりに塩竃神社の大払いに参列してきました。かつては毎年の恒例参拝でしたが6、7年前から他の要件で参加できませんでした。今回はありがたく参拝出来ました。
 温暖な天気で参拝の方々も沢山です。皆さん2015年の大払いを無事に済ませ、日頃のご加護と己が不浄に悔悟反省し、感謝の中にすっきりと新年を迎える構えです。














 私もすっきり、さっぱりさせて頂きました。かつては天命塾の恒例行事で大払いの後は、塩竃のお寿司屋さんで忘年会をしました。その後は仙台市内で時間調整をして、深夜、車で金華山の初詣に車を連ねて何年か参拝しましたが今は昔です。
 大払い祝詞は何度も参加して祝詞の奏上は聞いているのですが、あまり深く意味を考えてことがありませんでした。現代語訳した意訳を紹介します。意訳にはいろいろあるようですが、興味のある方は読んでみて下さい。

「高天原におられる、皇室の御祖先のカムロギノ命(高御産霊神)カムロミノ命(神産霊神)のご命令で、八百万の神等を天の安の河原に御集めになり、大国主命の国譲りの件、天孫ニニギノ命の豊葦原瑞穂の国(日本)への御降臨の件などが議題としてあげられ、真剣な話し合いがなされた結果、大国主命は国を譲る事を快諾せられ、ニニギノ命の祖母の天照大神は「吾が天孫、ニニギノ命は、子々孫々にわたってこの日本の国を平和な国になるように真剣に御統治なさい」とお任せになられた。
 しかし、その時点においてもなお、お任せになられたとはいえ、国内には命令に従わない、数多くの荒々しい神様等が居られたので、ある時は説得にあたり、それでも御従いになられない場合は、実力行使で排斥する行為にも出られた。その結果、人間のように言葉をしゃべる、岩石、樹木、はたまた、至る所に生い茂る雑草の一枚一枚の葉っぱまでもが、やかましくしゃべっていたのが、口を閉ざしておとなしく命令に従うようになった。
 そこで、ニニギノ命は、天の玉座をお立ちになり、沢山のお供をお従えになられて、幾重にも折り重なった分厚い雲を、激しい勢いで、お掻き分けに掻き分けられて、日向の高千穂の峰に天降りになられた。
 このようにして、天降りになられた、日本の国の四方八方隅々に至る迄、平和が行き届くよう心を配られて御統治に当られ、そのために、命の政治拠点として、宮殿建設の計画が立てられた。この宮殿は、土を掘り穿った岩盤に、太い柱をどっしりと建て、また屋根にそびえる千木は雲にその先を突っ込んでいると思われるくらい、高々と聳え立つ、とても立派な宮殿であった。
 その宮殿の中で、命は朝も夜も、昼夜を問わず御政務に、御祭祀にとお励みになられた結果、国内の政治は安定し、産業は目覚しく発展し、出産ブームに沸き立ち、沢山の子供が生まれ人口は飛躍的に増加の一途を辿ったが、その反面、犯罪を犯すもの、争いを起こすものが増え社会問題にまで、発展した。その犯罪の種類は、自然破壊の罪、人倫の規範を破る罪など数限りないトラブルであった。それらの大量発生は、朝廷政治の大きな悩みの種に成りつつあった。
 このように、さまざまの犯罪が発生したので天津神は救いの手を差し伸べられた。その方法とは、天上界で執り行われる儀式にのっとって、天津金木(神聖な硬い木)の本や末を切断し、沢山の置物の上に並べ、天津菅麻の本と末を刈り断って、沢山の針のように裂いて、天津祝詞の太祝詞を奏上しなさい。と高々と宣言がなされました。」前段終わり
 天津祝詞の伝(未だ確定されたるものは無し)
「このように奏上するならば、天津神は天の岩戸を押し開いて、天の八重雲を激しく掻き分けてお聞きくださるでしょう。国津神は高い山や低い山の頂上にお登りになられて、高い山低い山の庵を掻き分けてお聞きくださるでしょう。このようにお聞きくださいましたならば、もう罪という罪はこの世には存在しないのだと、偉大なる宣言がなされるでしょう。
 丁度それは、高い山から吹き降ろす強風が分厚く幾重にも重なり、どんよりと垂れ込めた雲でさえ吹き飛ばしてしまうように、朝霧夕霧を朝風夕風が吹き飛ばしてしまうように、大きな港に停泊している大きな船の艫綱(ともづな)を解き、錨をあげて大海原へ押し放ってしまうように、向こう岸に生い茂っている沢山の樹木の根元を充分に焼きを入れた鋭い鎌で伐採し尽くしてしまうように、もう残っている罪は無いのだよと、祓いに祓い、清めに清められるでしょう。
 そのお祓いになられた罪穢れを、高い山や低い山の頂上から、ごうごうという落下音を立てて盛んに水を落とし、流れている滝のある流れの速い川の上流にお住いのセオリツヒメと言う神様が、大海原に持って出てお行きになられるでしょう。
 このように持って出てお行きになられたならば、激しい流れの寒流と暖流が幾重にもぶつかり合って大きな渦潮がいくつも生れるような荒海にお住いのハヤアキツヒメと言う神様ががぶがぶと飲み込まれておしまいになるでしょう。
 このようにがぶがぶと飲み込まれてしまいましたら、生命の息吹が発生すると言う息吹戸にお住いのイブキドヌシと言う神様は、この世の根源の世界まで、激しく息吹き放っておしまいになられるでしょう。
 このように息吹放っておしまいになられたならば、根源の世界にお住いの、ハヤサスラヒメと言う神様がどこか遥か彼方へ持ち去られ、さすがの罪穢れも失われてしまう事でしょう。
 このように失われてしまったのだから、もうどこを探しても、罪という罪はことごとく存在しないのだと、このように祓え給い清め給えと申し上げます事を天津神国津神を始めとする、八百万の神様等お聞きくださいと申し上げます。」後段終わり
 http://www.h3.dion.ne.jp/~tsutaya/sub7.htm
 果たして如何でしょうか。少し難しいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿