2016年10月31日月曜日

743「青天の霹靂9」2016,10,31

 やがて青天の霹靂が訪れます。(青天の霹靂とは、予想もしなかったような事件や変動が、突然起きること。)
 16時10分頃でしょうか、バスは突然停止してしまいました。何と深い轍にお腹を乗り上げてしまい、タイヤが空回りしてしまい、走行不能になったのです。
 皆で下りてタイヤに下駄をはかせたり、バスを押したりしたのですが6トンの車体はびくともしません。





 私は先ずJAFに電話をしましたが、バスは対象外と言うことで、ここから一番近い、八戸市の専門の業者を紹介して頂きました。そこに電話してみたところ、可能だが社を出たら正規料金が発生するとのことで様子をみて連絡することに成りました。その時はまだ自力で、どうにか脱出出来る感じもあったのです。

 今日の宿泊予定のグランドサンピア八戸にも状況を連絡して到着が遅れること、業者も含めて何かの手立てをお願いしました。バスの運転手さんも会社に連絡してみたのですが、バスのディーラーを通じてレスキュー依頼は明日の朝になるとのこと。
 ホテルからの電話で、ホテルのマイクロバスで大石神ピラミッドまで迎えに来てくれると言います。ありがたいことですが日暮れが間近いです。スマホ等で現在地を確認し距離を推定するのですが、2キロ程に出ますが、どうやら時間的にその倍はありそうです。こちらも自力で出来る事はしましたが、最終的に神人さんとも相談してバス宿泊を決めました。
 ホテルの迎えのバスが大石神ピラミッドに到着したと連絡がありましたが、これから夜道を向かう危険等勘案して翌朝、夜明けと共に再度迎えに来て頂く様にお願いし、今日は引き返して頂くことにしました。
 ホテルから村の駐在所にも連絡して下さり、私の方に状況確認の電話を頂きました。全員無事でバス車中で過ごすこと、翌朝にはホテルのバスで脱出予定のことをお話して安心して下さいました。
 先ずは皆さんに状況を説明し、今後の対応、予定に了解頂きました。皆さん不思議なくらいに不満を漏らすことなく、この状況に安心して協力して下さり、ありがたいことです。

 今回に至る経緯の中で何度も引き返すことも可能だったのでしょうが、ここまでの事態になった因果がありそうです。その事は又後で触れることにします。兎に角、携帯電話が通じたことが幸いでした。機種によっては難しいものもありましたが、車中で充電も出来て全ては安心です。

 18時に全員バスに入り、「居酒屋車中」が開店しました。神人マスターの御もてなし、お酒やつまみ、お菓子もふんだんにあります。神人マスターのコーディネイトでお客さんは運転手さんを含めて17名です。閉店時間の24時までの今日、本日、この場、1度限りの最初で最後のお店のオープンです。
 酒のつまみに皆さんと神人さんとのトークが興味をそそります。3部構成でおおよそ1部を1時間半~2時間、休憩を15分程3回程入れて、必要に応じて各自トイレをして頂く感じで過ごしました。


 第1部のテーマは「私の初恋」です。全員が語り、神人さんのコメントも入りますが面白い展開です。2部のテーマは「愛する価値観について」、第3部は「これからの人生の目的」です。中々、深い内容です。
 休憩時間は車外へ出て、満天の星を見る皆さんで楽しみました。10月1日は新月です。目が慣れてくると星明かりだけで自然の世界は見通せそうです。バスの進行方向の正面には木々が聳えてさながらお城の様に見えます。
 次の休憩では皆で手を繋いで円をなして天を見上げ、次には皆さんでハグをして楽しい交流のひと時を過ごしました。2日を迎えて「居酒屋車中」は閉店して消灯です。皆さんで狭いながらも夜露をしのぐ車中で異次元との世界へトリップです。




0 件のコメント:

コメントを投稿