2016年12月10日土曜日

783「座禅断食2」2016,12,10

「2回目の参加ですが、体は思ったより楽でした。体が1回目の断食を覚えていたのかな?と思いました。静かに、ゆったり過ごせました。
 右の股関節の痛みがあり、真向法がしっかり出来なくて残念でした。」

「2回目の参加ということもあり、前回よりも心に余裕がありました。体の方も2日目の朝に具合が悪かっただけで、前回よりも調子が良かったです。
 座禅も前ほど、きつく感じなく、時間が早く感じました。ただ、やはり様々な雑念が湧いてきて、心配事や悩み事などを考えている時間も多かったです。それでも日常から離れて、自分だけの時間を過ごせるということは、とても有意義なことで、貴重な体験です。
 前回同様、一番身にしみたのは体の硬さです。次回参加する時には、少しでも柔らかくなっていよう!!と思います。」

「今回は3回目となり、座禅も断食も慣れてきました。前回は予後1週間、その後の1週間をしっかり過ごしたので良い効果があり、また参加させて頂きました。
 体が軽くなることで肩こり、腰痛なども解消され、動きが良くなります。これが続けばとも思いますが、いつの間にかに、飲んで食べて、前に戻ってしまいます。今度は予後2週間、しっかり過ごし、次回3月まで体重、体調をキープしていきたいと思います。
 年々、疲れやすかったり、億劫になることも多くなりますが、今回のような機会を設けて、健康を維持したいと考えています。
 今回も色々とありがとうございました。」

「今回は、体内の危機を感じて参加しました。血液内のコレステロール値が年々上がり、体重も相変わらず減らず・・、断食というきっかけが無いと自己コントロール出来ない状態だと思い、来ました。
 職場のストレスや人間関係、色々、どこに行ってもあるけれど、自分自身をコントロールし、強い気持ちで生きていこう。そんな気持ちになる今回の断食会でした。
 大久保先生、Sさんありがとうございました。(少人数いいですね!)」

「お陰様で無事、終えることが出来ました。今回はいつもより眠く感じました。1日目は仕事だったこと、人数がいつもより少なくて、ゆったりしていた事の為かもしれません。何より、ここに来るとひたすら眠れるという安心感からかもしれません。(本来、眠ることが目的の会ではありませんが)
 T先生には食事の準備、販売など本当にお世話になりました。大久保先生の御講話も、スマートメーター等、新しい文明の利器が人間の生活に害をもたらすというお話から、自分の身は自分で守ることの大切さを感じました。
 3日間、大変有意義に過ごさせて頂きありがとうございました。」

「真ん中に置いてあるコンクリートの塊りは呼吸しているみたいに、動いて驚きました。見ていると額がビリビリしました。毎回の違う感覚に新鮮です。」

「今回は人数が少なく、大変和やかな断食会でした。それと大久保先生の警策のタイミングが15分回ってからでしたので座禅の前半の時間が少し長く、充実した座禅となった気がします。」

 ご縁がありこの会を同席した皆様方の宿便出しの満願成就は成されました。おはよう真向法、おやすみ真向法の体操指導をしますが、皆さん日々、実践していただくことで柔軟な若い身体を獲得することができます。健康への視点、手段を得て、これからの更なる目的達成へ向けて、各自の考えで判断し、日々の努力、実践が次なる結果を招来する事は間違いないことです。
 この様な機会を通して体感し気づき、各自の自覚を促し、全てを自己責任として受け止め、健康長寿で天命を楽しく果たして行かれることを念願するのみです。
 次回、晴れやかな健やかな、安らかな心身を得た姿での再会を期待しています。次の第42回仙台座禅断食会の開催は2017年3月10日から12日ですので、興味のある方は是非参加下さい。
http://genkiup.net/danjiki/danjiki42.pdf

0 件のコメント:

コメントを投稿