2016年12月15日木曜日

788「響奏3」2016,12,15

 みつゆきワールドの2日目の 27日は良い天気に恵まれました。
 仙台で初の試みの1日フルの集中グループレッスンですが、みつゆきさんもこの様な形でのレッスンはやった事が無いそうです。
 9時半には受講生の4名の皆さん揃いました。昨日からみつゆきさんは、私の貸与した生体エネルギー発生装置のSとKを椅子に敷いています。他の皆さんも全員が生体エネルギー発生装置のSとKをダブルで同様に使用しています。そしてみつゆきさん始め、全員が生体エネルギー携帯用しらべくきみを携帯していますので、5人で出来る空間には明らかな生態系が作られて、それぞれの能力加算が出来ています。
 そして天命舎には電波システムのしらべEちぢちによる生態系、その中にしらべ、しらべSの電波が放射されていて、なおかつ、コンクリートブロックによるスペシャルな住環境改善セットが四隅と中央に設置されています。幾層にも物語宇宙の情報が加算されていて各自のもつ遺伝子情報の優性化、励起が成される空間場が完成しています。その他の建築資材のやす丸、とわX等々も機能しています。これらが感性豊かなみつゆきさんには感応して反応を誘導しています。



 冒頭は皆さんで姿勢を確認して緊張を開放して、次は指の動きの練習で弦を奏でます。中々良い感じです。私はここで会場を出て福島へ用件を足しにお出かけです。そしてレッスン終了間近の16時頃に戻って来ましたが、福島での私の目的も十二分に達成できて有意義なお出かけでした。
 後でその後のレッスンのことをメールで連絡があったのですが、皆さんで昼食はイタリアンの優雅なランチを美味しく頂いて、午後のレッスン再開は14時からだったようです。

 私が戻って来て天命舎に入って行くとレッスン真っ最中です。そして暫くして、みつゆきさんが床に寝て皆さんのハープの演奏に浸っていましたが、とても微細な振動が身体に伝わり、響きに癒される様です。


 私も5人の方々のハープに触れるように大の字になって体感してみました。仰向け、そしてうつ伏せです。やはり仰向けのほうが心地良く、ハープの振動が微妙に身体内で共鳴、共振して、身体の奥深くまで情報が行き渡るようで何とも言えない安らぎです。ヒーリング効果抜群のポジションかもしれません。


 最後に皆さんで締めのアンサンブルです。素敵な響きを奏でてくださいました。緊張も無く軽やかに楽しんでの演奏は心地良いものです。明らかに1日のレッスンによる急速な進歩、上達が見られたことがはっきり分かります。
 みつゆきさんも日頃の個人レッスンでは十分に伝えきれない内容を、このように集中して皆さんに指導、教授できる方法は理想的なレッスンになったようです。彼が本当にこれまで遣りたかったことが、この仙台の地で、天命舎の環境下で、善き理解者で、素敵なアイリッシュハープ愛好者のお弟子さん達とのコラボレーションの成せる技なのでしょう。
 またまたみつゆきさんにとって理想郷としていた大きな目的が現実化出来た瞬間です。彼はとても喜んで下さっていました。主催した私も含め、この機会に参加出来た皆さんもとても嬉しく、充実した1日を喜びの中に終えることが出来る幸せに満たされたようです。


 全てを終えて、皆さん拍手でみつゆきワールドを讃え、是非とも又この様な素晴らしいレッスン、コンサートを仙台で開催出来る事を希望して私に申し出で頂きました。これまた、嬉しき、ありがたきことです。この様に皆さんで作り上げる素敵な豊かなご縁は継続して行きたいものです。
 有志での夕食会でもみつゆきさんは飲むもの、食べるもの美味しい、美味しいと連発していました。最近は1日1食で過ごしているようですが、仙台ではしっかり食事も頂いています。嬉しい、楽しい、幸せな響き奏での2日間でした。
 私の友人のご夫妻のお子さんの名前が何と、響ちゃんと奏ちゃんなのです。素敵な名を頂いたお子様たちも今は遠い地、関西で生活していますが、ひょっとしたら仙台に来て、又皆さんと素敵な新世界の響奏の中心を担うことになるかもしれません。そんなことも心に浮かんだ2日間でした。
 次回のみつゆきさんの仙台コンサート、レッスンは2017年3月18日19日に決まりました。是非ともご縁の皆様の参加をお待ちしています。
http://genkiup.net/seminar/seminar290.pdf

0 件のコメント:

コメントを投稿