2017年2月17日金曜日

853「一隅照4」2017,2,17

 時間は意識が作った構造物です。意識の振動数で時空間が変わります。今はそれが現われ易い時代です。地球が変わって来ていて、振動で変化しています。
「神さぶ」と書いて、「かむさぶ」と言います。その意味は「神らしく振る舞う。神として行動する」と言うことです。年を取ることは神々の様に神々しくなることです。ですから年を取ることはネガティブなことでなく、神々に近づいていくことで素晴らしいことなのです。
 適度なストレスを持って楽しいことをやることです。副交感神経が働くことでドーパミン、多幸感、快感を司る脳内ホルモンが出ます。逆に頑張るは交感神経優位です。
 
 お金は自分の分身です。人に上品、下品がある様に、お金にもあります。お金が相手に役立つと思って、出す時には上品です。しかし、もったいないと思って出す時は下品です。財布のお金を見てください。そこは一時預かり所です。ではどんな所が気持ちが良いかです。この世を愛でいっぱいにしたいと思うことです。
 財布の中の1000円札を自分だと思い、愛で満たし、隣の人と交換してみてください。お互い相手のものを受け取ると、自分のエネルギーが変わります。そして、又お札を元に戻します。
 今度は、お札を嫌いだと思って渡してみます。そうすると重いエネルギーになります。世の中のお金はこのレベルのエネルギーです。私がどの思いでお金を巡らすかです。それは鏡の法則、循環の法則ですので、それが通い易くなって来ているのです。
 実は1000円札には1000回の「ありがとう」が入っているのです。マネーのマは真心の事です。お金のかは感謝の事なのです。

 アセンションとは時空間の振動の変化のシステムのことです。そこにお金が来ました。このお金は自分と気づき、私が色んな物に変わり、自分の変化形がお金です。お金を通してみんなが繋がっているのです。ですからお金とは、本来の天意が凝縮したものなのです。
もったいない、安ければ良い、は自分を値踏みしていることになります。自分の価値を高め、自分の素晴らしさに気づいていくことが大事なのです。そのように自分を、お金を巡らせることです。
 このことが宇宙が仕組んでいた仕掛けです。どっちの感情を選択するかです。大好き、ありがとう、か、あるいは、もったいない、かです。
 自分はどんな思いで、どんな価値を持ってやっているか。それを何に対して活かすか。私はどういう風に生きたいのか。
 私達の本質は神です。存在するだけで、価値が高いのです。そして自分自身は最高傑作なのです。この宇宙でのお金の使い方が私なのです。それでいのちの使い方が変わるのです。
 私は、お金が出て行く時は、自分が喜びの行き方です。そして帰って来たら、お帰りなさい、です。お金は淋しがりやで、群れたがります。喜びのエネルギーでそのようにすることです。

 お金の字の形を分析してみると、以下のようです。
 △    △頭のところは理想で天意深き真理、実践者で人生の課題、テーマです。
   □↓□  □は1つは精神でやさしさ、天意の共感・共有、嬉しさ・喜びに共感。潜象界。
      □のもう1つは物質で、衣食住を実りあるものに、仲間と活動する環境改善、
      学びながら健康長寿。現象界。
     ↓ の下にいのちがあります。
 お金の事に秘められた物語は、人生のテーマに応じた精神的次元と物質的次元が自分のいのちを作っている、と言うことのようです。
 もしお金の無い世界、村へ行った時に、自分が役立つ事は何か、そこで何をしたいか。直感的に思ったことが得意分野で、それが価値、お金を生むものです。ドイツの戦後のハイパーインフレの時に困った人は役人で、手仕事している人は大丈夫だったようです。」

 最後に今年のキーワード「伸びやかに一隅を照らす」で毎月のフォーカスポイントです。
1月 12日 満月  28日 新月 旧正月           整理  
2月  4日 立春   11日 満月  26日 新月 金環月食   調整  
3月 12日 満月  20日 春分  28日 新月        始動  
4月 11日 満月  26日 新月               活力  
5月 11日 満月  26日 新月               平安  
6月  9日 満月   21日 夏至     新月        選択  
7月  9日 満月   23日 新月               繋がり
8月  8日 満月 部分月食     22日 新月 皆既日食      自立
9月  6日 満月   20日 新月  23日 秋分        識別
10月 4日 中秋の名月 6日 満月 20日 新月            行動
11月 4日 満月  18日 新月               変容  
12月 4日 満月  18日 新月  22日 冬至          進化  

0 件のコメント:

コメントを投稿