2017年6月27日火曜日

983「癒しと医療5」2017,6,27

 カウンセリングもお互いが共感出来た時に、「病気が才能に変わる」のです。
 私達が持つ階層を見てみます。
 第1層は、感情、涙、笑い、性欲、食欲、欲求等です。
 第2層は、ホメオスタシスに歪みが起きて、便秘、排便、血液循環、呼吸、冷えが起きます。
 第3層は、体の反撃が起きます。鼻炎、結膜炎、歯痛等です。
 それは思考の邪魔をします。五感を使って出すことです。生活習慣の問題です。
 第4層は、内臓、代謝系、慢性疾患、動脈硬化、免疫・自己アレルギー、等で病名が付く状態です。
 自律神経のアンバランス、生活習慣のアンバランス、ここをしっかりしないと治療しても共鳴が起きません。マッチングが上手く行っていない時に副作用が起こります。しかしマッチングが上手く行っていても副作用がありますので要注意です。
 第5層は、リンパ液、血液を介在して全身にわたる状態です。
 身体はエネルギーを1ヶ所に留めようとします。その為にゴミ箱を作り貯めるのです
が、それが大きくなると腫瘍、癌となります。それを手術をしてまで外に出したいという事になります。
 自己表現して外へエネルギーを出すと良いのですが出せないので、うちに貯めて病気になるのです。ですからどう表現して行くか、どんなアプローチをするかです。

 それらへの対処法として以下のことがあります。

第1層へは、動く事です。運動することが自己エネルギー療法となるのです。ですから笑い、感情を外へ出すことです。アレクサンダーテクニック等が有効です。ドルフィング、野口整体、身体均整方、中村天風の心身統一法等も良いです。

第2層へは、自分で出来る呼吸法、調和丹田法、岡田式正座法どで、ホメオスターシスを整えることです。解放の鍵として、五臓のストレスを解放するのに肺は唯一、呼吸法で自律神経を自分で調整出来るところです。
 感動は感じて動くことです。そうすると心にも内側から起こる振動が起こるのです。その為に感度を磨いておく事です。

第3層へは、五感や痛みで思考を邪魔するレベルですので、波動療法機器を使ったものが良いです。ラジオニクス、EAV等です。電気抵抗で、身体が増幅します。
 セルフケア判断機器は医療機器ではありません。メタトロンは宇宙飛行士の健康管理の為に作られたものです。時系列で見ないと本当のことをフィードバック出来ません。解放のエネルギーは五感の力に気づいて自分でするのです。
 光は物理的に存在しますが、しかし色彩は存在しないのです。その色彩は脳が作っているものです。世界を多彩に生み出したいが故に作ったもので、そのことは脳科学で分っています。
 今日は過去の習慣に影響を受けています。今の所に集中すると他が見えないのです。同じ映像を見ても見え方が違います。
 健康食品をとっても吸収の仕方が違います。ですからマッチングが重要で、誰にでも効くというのは疑問です。

第4層へは、他からの助けが必要です。誰かと繋がることです。パワーヒーリングです。ヒーラーと出会うことです。
 セラピューティックタッチ。これは分子構造から変わって行くのでマッチングが重要です。ホ・オポノポノ。シーターヒーリング。クリスティンペイジ。ハリーエドワード。レイキ、霊術等です。
 解放の鍵は言葉を変えることです。人の良いところをどんどん褒めること。そして個と場のヒーリングをするのです。言葉で貴方の周囲、場が変わり始めます。そして、その場の磁力によって、あなた自身の最も良いところが引き出されるようになります。

第5層へは、エネルギー療法、陽子線療法、重粒子療法、癌粒子線療法です。

 再発させないようにすることです。そして選択に後悔はしないことです。その為には、新しい価値観に飛び込む勇気と、それをもたらす人との出逢いが大事です。それで得られた価値観のシフトで、エネルギー療法の体験自体によって、自分がエネルギーを変換して行くようになるのです。」

0 件のコメント:

コメントを投稿