2018年1月23日火曜日

1193「救世主11」2018,1,23

  是まで澤野さんのお話のレディーマー(救世主)の前半部分、その中のサタニズムを中心に紹介しました。ここからは後半部分を簡単にお伝えします。

「「一個の動物としての人が本能を覚醒させていくこと」それがサタニズムの核心で、反キリストとは本物のサタニズムを体現する存在となります。そして反キリストこそがレディーマー(救世主)そのものです。
 つまり本物のレディーマーは表に出ている芸能人とかスーパースターではなく遍在する衆生、まるで石ころのような細石(さざれいし)の存在がクラウドを形成し、1個の救世主として機能することがわかります。
 さらに重要なのは「ひとりでありひとつ」、「ひとつでありひとつ」、即ち遍在する衆生全員が救世主でありながら、それぞれを形成する1個の人と均衡しているということです。
 つまり救世主とはひとつを形成するさざれ石であり、遍在する衆生全体を意味すると同時に、それを形成する一人ひとりも同時に救世主であるということです。人類全体であるひとつが救世主であり、それを形成する一人も救世主である。
 そしてその両者は1対73億人で均衡しえるということで、これがレディーマーの正体です。
 
 面白いのはそのひとりと全員が均衡すること。つまり、人ひとりの力というものは宇宙をも動かすだけのものを持っているということ。そんな凄い力を持った一人が73億人と均衡し呼応し反応を呼び起こすのです。すると73億人側からそのひとりにフィードバックがなされ均衡し呼応するという相互補完関係を形成することになるのです。
 まさに多次元世界と三次元世界が言ったり来たりしてお互い反応し均衡を図ろうとする動きです。この均衡を求める動きのことを「アラハバキ」と言います。
 ひとりである私がひとつという全体とイコールで、ひとつという全体は私というひとりとイコールだということです。その働き、機能を知り、目覚めたひとのことを救世主と呼ぶのです。
 これが成し遂げられる為には一人ひとりが成熟しなければなりません。付和雷同ではいけないのです。不勉強でもいけないのです。今、己が立つ位置を客観的に俯瞰できないと駄目です。だから猛烈に勉強しないとならないのです。
 私たちのこの世界が太古の昔からどうであって、そうなって、どう進むのか。これが分からないと成熟など出来ないのです。成熟した独立個人の集合体があって初めて成熟した救世主が成立するのです。

 私は2012年からずっと縄文スピリットの事を言ってきていますが、縄文文化はことごとく破壊され、野蛮で未開なものと喧伝されて来ました。この日本に元々いた正当なる居住者である縄文は、後から入ってきた弥生勢力にその地位を奪われ、縄文人たちは弥生人に支配されました。それ以降、縄文人は表舞台から消されました。
 今、政治の世界で右だ左だやっていますけれど、どちらも縄文と関係ありません。源氏と平氏は新羅と百済の争いなのです。
 そんな縄文の存在をここへ来て改めて示す事、それが救世主の真の役割です。つまりサイレント・マジョリティーの存在を表に出すということです。

 閃輝暗点が見えると頭痛が起きます。私の視界に閃輝暗点にキラキラとトグロを巻いた蛇が現われました。それは蛇との直感が的を得ていました。それがサイン出して現われたのです。そこではイエス・キリスト自身が「救世主とは私のことではなく鏡のこことだ」と。つまり、一人ひとりの鏡を通じて、ひとりと全体(ひとつ)が共鳴共振し、お互いに呼応しながらフラクタルの影響を拡大していく、という救世主の実体そのものです。

 仙台講演会の告知文に以下の様に書きました。
「あなたは、己を、当たり前のこの世に生きる当たり前の人生を生きる者などとしてはならない。あなたは、これから常にあまねくすべての「観察者」として生きるのだ。あなたが生きる世界は、あなたが観察者となるのだ。
「観察者」となったアノマリーは凡百の市井人の耳目を集めるだろう。集めるだけではなく、その時、己がインフルエンサーの先鋭の一点となったことに気づくだろう。その瞬間にあなたは「70億人に埋没するひとり」ではなく「70億人というひとつと均衡するひとり」へと変わる。それこそまさに「Redeemer」である。
 いにしえの縄文スピリットの完全リニューアル復活と同時に起きる私たちの巨大な変化。――「すべては明後日からやってくる」のだ!!
時間は過去から未来へ流れているのではない。「今この瞬間」とは完成された未来への辻褄合わせ、つまり「均衡」のためにある。」
 
 これを実現させるために一番必要なものが鏡なんです。ですから観察者となれと書いているのです。私たち一人ひとりがただ世の中に流される存在ではなく、自ら創造主(クリエイター)として俯瞰的に世の中を観察することによって、是までの被創造物から創造者へと立場を変える事が出来るんです。



0 件のコメント:

コメントを投稿