2018年6月7日木曜日

1328「祈り旅9」2018,6,7

 いろいろアイヌの祈り、アシリ・レラさんの紹介をしてきましたが、もうひとつレラさんのお話を紹介します。これは一昨年行われた第1回目、北海道の祈りの旅でのものです。

「アシリ・レラさん、真言宗の口羽和尚、天外伺朗さんを導師として、「北海道日高地方のアイヌの聖地を巡るツアー」が開催されました(2016年5月) レラさんは炭焼き小屋に雷が落ちたときに生まれたアイヌのシャーマンで、アイヌの伝統と知恵を継承する活動をしています。
 天外さんは1997年にレラさんと出合い、アイヌと北米インディアンとの縁を通して、先住民族文化に親しんできました。 伝統的な日本家屋は北東を「鬼門」と呼んで結界を張りますが、これは主に東北地方で虐殺されたアイヌの怨念を封じるためでした。
 天外さんは四国の剣山でのパイプセレモニー(2014年5月)をきっかけに、日本各地の封印を解くという天啓をうけ、「日本列島 祈りの旅」を始めることにしました。
 その初回にあたるツアーでの、アシリ・レラさんのお話の一部をご紹介します。」

―― 今日、私たちが手を合わせた岩内は、300年以上前に凄惨な殺戮があり、おそらく300人以上亡くなったところです。当時の人口は少なかったので、あたりに住んでいたアイヌはほぼ絶滅したことになります。
 30数年前、ある托鉢僧が供養のためお堂を建てましたが、幽霊が出ると怖がられて、人はあまり近づきません。あそこには地殻変動で1万年前の地層から湧きだした水の流れる滝があり、冷たくておいしいのですが、汲みにくる人もいません。それでも、私たちの仲間は祈りのために通い続けています。
 私は左の目で、向こう側の世界を見ます。祈るとき、私は別人に変わります。虐殺された怨念の封印を解くには、祈りしかないのです。
 今日の祈りのときは、口羽和尚の読経中、川面がきらきら光って草が揺れたことに、皆さん気づかれたでしょうか。祈りの後は、それまで晴れていたのに雨がぱらぱら降りました。成仏した霊の「ありがとう」のサインだと思います。今世紀は神のサインがだれの目にも明らかになるといわれますが、その通りのことが起きました。

―― 明日は、和人に対して蜂起したシャクシャインが殺害された場所を訪れます。(注:シャクシャインは日高アイヌの首長。1669年(寛文9年)、蝦夷全域のアイヌに呼びかけ、松前藩に対して蜂起を起こすが、和睦の宴会で謀殺される(スペチャリの乱)。この戦いの後、松前藩のアイヌ支配はいっそう強化された)
 当時、アイヌに対する不正と抑圧は過酷なものでした。和人の商人は、取引のとき、シャケを「始まり1、2、3、4、5、真ん中、6、7、8、9、10、終わり」と数えて、10匹と言いつつ13匹もっていき、価値のないものを宝物と偽り交換していくようなことをしました。納得できないアイヌは、手打ちになっていたのです。
 アイヌと行動を共にした和人に、越後庄太夫がいます。庄太夫は崖から落ちて身動きできなくなり、クマに食われるのを待つだけだったところ、アイヌに連れ帰られ、手厚く介抱されて命をとりとめました。後に、庄太夫は和人のコタン焼き討ち計画を知り、命の恩人を殺させるわけにはいかないと、早馬を走らせてアイヌを逃がしました。
 シャクシャインが和議の宴に誘いだされたとき、庄太夫は奸計を知らせようとしましたが、間に合いませんでした。シャクシャインは毒入りの酒を飲まされ、後ろから首を落とされました。庄太夫は見せしめのために生きたまま火あぶりにされました。アイヌの人々が助けようとしましたが、庄太夫はアイヌ語で「逃げろ」と叫んで、槍で突かれました。
 「アイヌは命をおしめ、私は生きたまま焼かれるので、死なない。アイヌを守り続ける。アイヌは死んではいけない。生きて栄えろ。大勢の人が集まって祈りが行われ、日輪が出て鷹が舞うときに、私はよみがえるだろう」と叫んだと伝えられています。庄太夫は鷹匠だったので、鷹の姿として「ありがとう」のサインを送ってくれるのでしょう。
 庄太夫を助けようとした30人ほどのアイヌも殺害されました。明日はその場所も訪れますので、お祈りしていただきたく思います。 庄太夫など、アイヌを助けようとした和人は、裏切り者として、見せしめで生きたまま焼き殺されました。
 私が庄太夫の殺害場所で祈ったときは、日輪が出て鷹が空を何度も舞いました。庄太夫は鷹匠だったので、鷹の姿として「ありがとう」のサインを送ってくれたのでしょう。
庄太夫はアイヌの神さまとして祀られています。

0 件のコメント:

コメントを投稿