2018年7月18日水曜日

1369「シャーマン12」2018,7,18

 ベンセ湿原を後にして岩木山の方向に車は南下します。次の目的地は石神遺跡の予定だったのですが時間の都合でキャンセルし、弘前市十腰内字猿沢にある巌鬼山神社にむかいます。岩木山神社が津軽一の宮で有名なのですが、元々は巌鬼山神社が始まり、元宮のようです。以下が神社の紹介です。

「巌鬼山神社は正式には「巖鬼山神社」と書き、創建は796年。巌鬼山西方寺観音院として建立、その後807年坂上田村麻呂により再建されたと伝えられており、その昔はまだ岩木山山頂にある岩木山神社奥院に対する下宮として信仰を集めていました(岩木山の3つある峰のうちのひとつは「巌鬼山(岩鬼山)」と呼ばれています)。ちなみに平安時代の1091年に当地から百沢の地に遷座されたのが現在の岩木山神社となります。祭神は岩木山神社の元社にあたる為、岩木山神社と同じ大山祇神。この他津軽地方に伝わる鬼神太夫伝説のスポットでもあり、鬼神太夫が打ったとされる「刀」も祀られています。
 また 巌鬼山神社は津軽地方最大のパワースポットといわれている岩木山神社の元宮であったことや、境内を流れる清流や巨木に心癒される人も多く、「津軽のパワースポット」と呼ばれています。
 拝殿に向かって左側にある大杉。高さは41mを超える巨大なもので樹齢は1000年以上と推測されています。青森県内にはこの大杉に匹敵する大杉は無く、県の天然記念物に指定されています。
鬼伝説
 巌鬼山神社にも用いられている「鬼」という文字。実は岩木山北東部には「鬼」という文字の地名や寺社が多数存在しています(岩木山も元は岩鬼山と書いていました)。鬼といえば人々に悪さするのが一般的ですが津軽地方の鬼は人の為に尽くしてくれる良い鬼として言い伝えられている場合もあり、鬼を信仰する風習が残っています。
鬼神太夫伝説
 昔、鬼神太夫という怪力の刀鍛冶がおりました。この鬼神太夫、刀鍛冶長者の娘に惚れ込み、長者に娘を嫁にくれと申し込みました。
 ところが娘をやりたくない長者は、鬼神太夫に「一晩で十腰(本)の刀を鍛えることができたら娘をやろう」と条件をつけました。もちろん、そんなことは到底できないと踏んでのことですが、鬼神太夫は真に受けて本当に一晩のうちに十本の刀を鍛えてしまいました。長者は驚くと同時に困って、そのうち一本を盗み出し、鳴沢川に捨ててしまうのです。
鬼神太夫は九本しかない刀を何度も数え「十腰ない、十腰ない」と呟きながら、恨めしげに去っていきました。この時鬼神太夫が呟いた「十腰ない」が現在の「十腰内」の地名の由来となったと云われています。」
 
 巌鬼山神社に向かうに従い雲が切れて太陽が輝きだし、岩木山の裾野も見えて光が山に降り注がれて来ました。天地の喜びの供応のように思います。






神社は閑散として幽玄な雰囲気でありました。参道を進み、巨大な杉に皆さん驚きの声を発し、パワーを頂こうと木に手を触れ、抱きついています。この2本のご神木の間で神人ライブが始まりました。



 太鼓が打ち鳴らされ声が林間に響きわたります。意味不明な音の響きですが無形存在にはしっかり伝わる情報交換です。


15分程のライブは終わり、晴れ晴れとした神人さんを囲んで記念撮影です。

 ここでの霊存在との交信内容は以下のようでした。
「巌鬼山神社ではイタコの様な人霊が出てきて、掛け合いのようだった。山神の使いで、言葉を代弁する女性シャーマンが次の様に言いました。
「山神が言う事が絶対で、決めた事に従い生きること。今はそれを伝える人が居ない。好き勝手に山をちょす様(いじる)になり、人間共が皆駄目になった。」と。」
 全てが人間の好き勝手、欲望が引き起こしている現象のようです。謙虚に己が役わりに気付いて、人として天地自然に相応しい生き方、哲学、実践が求められています。
 ここで今日の巡りの予定地は終えて宿にバスは向かいます。

2018年7月17日火曜日

1368「シャーマン11」2018,7,17

 ベンセ湿原は亀ヶ岡遺跡から10分弱で到着です。駐車場は沢山の車で溢れています。かろうじてバスを乗り入れましたが、下車後はかなり離れた路上駐車になりました。湿原のニッコウキスゲが見ごろで沢山の方々が訪れていたのです。ここは何度も来ていますがこれほどの込みようは初めてです。津軽国定公園を代表する湿原の紹介です。

「ベンセ湿原は青森県つがる市の、十三湖にのぞむ岩木川の西の位置にあります。この周辺には大小様々な沼やため池が多く点在しています。昔から人が住んでいたとみられる古い遺跡群も存在し、古代から人々が暮らしていた場所でもあります。
 ベンセ湿原は広大な23haという湿原で、日本自然百選にも選ばれています。湿原はニッコウキスゲ、ノハナショウブの群落地として有名な場所でもあります。また、地性のラン類や希少な食虫植物のモウセンゴケも見られます。
 ニッコウコキスゲはユリ科の植物で、花弁は細く長いのが特徴で、色は濃い山吹色をしています。花が咲くとその日のうちに枯れてしまうのではかない花とも言えるでしょう。万葉の歌にも詠まれており、「ワスレグサ」として登場します。
 ノハナショウブはアヤメ科の植物で、花菖蒲の原種にあたります。紫色の花びらに黄色のすじが特徴と言えるでしょう。また湿地を住処にする昆虫やそれを餌とする両生類に、貴重な鳥類であるオオセッカの繁殖地にもなっています。」

 遊歩道を皆さんと列をなして進みますが多くの観光客とすれ違いますが、丁度見ごろで私もこれほど満開状態は始めてでした。ハナショウブも少し咲いています。皆さんも大喜びです。






 程なく岩木山の展望所の東屋があります。雲で覆われていてお岩木山はお隠れです。沼近くまで進んでここで神人野外ライブを行うことに成りました。



 神人さんは岩木山に向かい合掌して挨拶をしてから太鼓を打ち鳴らし、声を発し歌いますが意味不明です。




 ライブが進むに従い、雲間から太陽が姿を現してきました。明るく光輝き、エネルギーが降り注がれてきています。ひょっとしたら岩木山の姿が現われるかな、と期待したのですが残念ながら見る事はできませんでした。





 15分程のライブですが、他の観光客の方が珍しげに見に近寄ってきましたが、集中して私たちも聞き入り、見守ります。


 終わって、天、地、水、風、光が清められ整ったようです。清清しい空気です。神人さんは「このベンセ湿原では古い霊存在が現われた。」と話されていましたが、アソベの様な古人なのかもしれません。

 遊歩道の帰りも道の花々が微笑みを送ってくれているようで、軽快な足取りでバスに帰りました。


 以前にこのベンセ湿原で見た岩木山の写真を紹介します。


2018年7月16日月曜日

1367「シャーマン10」2018,7,16

 この亀ヶ岡遺跡に付いて興味深い記述がありましたので少し長くなりますが紹介します。

「北方の世界、アソベとツボケ
 津軽の先住は2万年前にシベリア-サハリン-北海道-本州と南下した古モンゴロイドのマンモスハンターとスンダランドの末裔のアイヌで、彼らが5500年前の青森の三内丸山遺跡(5500年前)の主力ではないでしょうか。
 ところで縄文晩期(3000年前)に遮光土偶を生んだ亀ヶ岡文化の渦巻き模様はアムール川流域の少数民族の衣装にあるものと似ていますね。縄文後期に衰退を始めた縄文文化が
晩期に亀ヶ岡文化として新たに花を咲かせた理由は、東日流外三郡誌にあるツボケ族と
先住のアソベ族のコラボによって生まれたものではないでしょうか?
 アイヌ語と思われる地名が北東北3県に集中していますがアイヌ人の遺跡が北東北にはありません。縄文晩期に本州アイヌのほとんどがは北海道に移住したと考えられます。
 東日流外三郡誌にでてくるアソベは阿蘇辺で津軽の岩木山麓ですが、阿蘇はまた九州ですね。青森県の大山元I遺跡からは7500年前の丸太船が見つかっていますが、鹿児島の南海沖の鬼界カルデラの大爆発が7300年前ですので九州や西日本の縄文人が青森まで来ていたという仮説は成り立ちますね。
 津軽はアソベが優勢だったのでツボケは青森の太平洋側に移動し旧南部領の岩手、宮城と南下したと考えられます。青森県の都母(ツボ)の国といわれる地域は十和田湖から下北半島にまたがるエリアですね。またツボケの地名が下北半島東通・岩手県早地峰・雫石町・宮城県丸森町に残っています。東日流外三郡誌などの伝承では、ツボケは「東方から舟で来た」とありますが北海道の道東から船で津軽に渡来したオホーツク文化圏を作ったグループではないでしょうか。
 ツボケが沿海州から来たのなら西方から船で来たと書くでしょう。沿海州~黒竜江付近にいた「マッカツ」や「シュクチン」は直接日本列島には来なかったということですね。
 百済王族と出羽・陸奥 727・神亀4年,記録上最初の渤海使24人が蝦夷地に到達し,16人が蝦夷の手によって殺害され,命からがら逃げのびた8人が出羽国に漂着しますが沿海州から直接、単発的に津軽に漂着した場合は前述のようなことが起きますので可能性は低いですね。
 沿海州よりも北のアムール川流域やシベリヤから樺太、北海道(オホーツク文化)、東北の太平洋側と日本列島の住民に同化しながら南下した人々がツボケであり、陸つづきに沿海州に南下したのが靺鞨や粛慎で、大和朝廷の日本書記は上記の区別がつかず、658年阿倍比羅夫が北海道で蝦夷と粛慎を戦ったと記載したのではないでしょうか。
 樺太やアムール川河口に居住する二ヴフ族がツボケとも仮定できますね。北海道のソーラン節や東北の民謡にはモンゴルの民謡とよく似たメロディーや節周りがありますが、モンゴル族とシベリヤやアムール川域の各族はDNA鑑定ではかなり近い関係です。アムール川の二ブフ族とアイヌや本州人にも共通する遺伝子が存在しますね。
 ツボケの地名が北海道に残っていないのはアイヌがツボケ(≒コロボックル) の領地を奪ったからではないでしょうか。

要約しますと北海道に3系統の人類がいたということではないでしょうか。
①北海道の蝦夷A-アイヌ(スンダランドの末裔)
②北海道の蝦夷B-古モンゴロイド。日本列島に拡散
(石器と共に日本列島に渡ったマンモスハンター)
③北海道の粛慎-アムール・樺太から南下した部族(新モンゴロイド)
 南部地方に侵入したツボケ≒オホーツク文化圏も含む。
④東北のツボケ-③に同じ、⑤東北の蝦夷に同化し列島に拡散。
⑤東北の蝦夷-②に同じ。
⑥津軽のアソベ-南方系〔日本海流とともに北上した民〕。
 7500年前の鹿児島沖の鬼界カルデラの大爆発により東日本、東北に移住。

 北海道産の黒曜石の鏃が沿海州から見つかっていますので縄文時代には北海道・サハリン・アムール川域・沿海州の交易ルートは存在したと考えられます。
 また津軽は本州の北部 日本海に面していながら、日本海流が北上する本州の最終地に当たり、九州や南方の結びつきが以外に強かったと考えられますね。水稲稲作も関東地方より早く弥生中期に始まっていますから。九州の遠賀式土器も津軽で発見されていますね。」
http://www.vill.showa.fukushima.jp/

 この記述を見ると、今の歴史に全く登場しない人々がこの津軽の地で長い時間の歴史を作り上げ、栄えていたように思えます。また、遮光器土偶の姿を見ると地球外存在とも交流が会った様にも思えますが如何でしょうか。

2018年7月15日日曜日

1366「シャーマン9」2018,7,15

 バスは津軽に入りましたが、いつも見える津軽富士は雲のなかで残念ながら見えません。今回の巡りの野外ライブの目的地のメインは午前中の大湯ストーンサークルでしたが、私のイメージとしては岩木山を正面に自然の中で出来そうなベンセ湿原でのライブを楽しみにしていました。今回はその夢は叶いそうも無い感じです。しかし雨ではないのでラッキーです。

 弘前市を抜けてつがる市木造の亀ヶ岡遺跡の公園ではシンボルの遮光器土偶のモニュメントが私たちを出迎えてくれます。初めて見る人は驚きの大きさです。ここは津軽半島の付け根部分にあたり、霊峰岩木山を南に見る聖地で、長く続いた文化の栄えた地であったのでしょう。縄文晩期を飾る遺跡で亀ヶ岡土器文化圏は、北は北海道南部から、南は福島県までの非常に広範囲に広がった文化圏であったといわれます。
 バスを降りると神人さんが指を差してあの辺りに私が住んでいた家があり、未だそのまま残っているといいます。本当に直ぐ近くです。ここから五所川原高校へ自転車で通っていたといいます。

 亀ヶ岡遺跡の説明です。
「右の写真の土偶モニュメントの背後は谷の間の湿地帯となっており、そこから数多くの遺物が出土した。 本遺跡は津軽平野の西南部の丘陵先端部に位置している。

 この遺跡は、津軽藩の2代目藩主である津軽信枚が1622年にこの地に亀ヶ岡城を築こうとした際に、土偶や土器が出土したことにより発見された。この地は丘の部分から甕が出土したことから「亀ヶ岡」と呼ばれるようになったという。また、この地区には湿地帯が多く、築城の際に地面に木を敷いて道路としたことから、「木造村」(きづくりむら)と呼ばれるようになった。亀ヶ岡城は造りかけの状態で一国一城令が出たため、やむなく廃城となった。
 江戸時代にはここから発掘されたものは「亀ヶ岡物」と言われ、好事家に喜ばれていて遠くオランダまで売られたものもある。1万個を越える完形の土器が勝手に発掘されて持ち去られたという。1889年(明治22年)学術調査が行われ、1895年(明治28年)と昭和にも発掘調査が行われ、戦後も支谷の低湿地遺物包含層のみの調査が行われ、1980年(昭和55年)丘陵上や谷の部分の調査が行われた結果、遮光器土偶をはじめ土器、石器、木製品、漆器などとともに土壙跡26基が発掘された。しかし生活跡や遺構の調査は未発掘である。現在無断で発掘することは禁止されている。」

「このつがる市にある亀ヶ岡遺跡は日本の縄文遺跡の中でも特に有名で、トップクラスの出土品を誇ります。まず、初めて出土された時には、この異様ないでたちに古代学者たちは面食らったようです。その姿が、まるで宇宙服を着たような姿で、ゴーグルの様なものを掛けていたからです。当時、ユリゲラーやノストラダムスのオカルトブームであり、古代に宇宙から来た宇宙人の土偶だと大騒ぎになりました。
 今では、この形状の土偶は、イヌイットが使用する遮光器にちなんで「遮光器土偶」と呼ばれており、目の誇大表現と考えるのが通説になっています。」

「土偶の頭の上には“穴”が開いているのです。これは“手足まで体が中空”の土偶です。なんとも不思議ですね。なお、写真の遮光器土偶はレプリカで、本物は国の重要文化財として東京の国立博物館に所蔵されています。
 中空土偶は5,000年前から出現したといわれますが、人の形をしている理由も良く分かっていません。ちなみに重文となった前記の遮光器土偶は全身が真っ赤に彩色されていたといわれます。古代、赤は血の色で、生命や再生に関係した意味をもちます。女性の形をした遮光器土偶は、妊娠・出産を連想させます。中空にしたのは、頭から再生する魂(?)を母胎に宿らせるための役割を担っていたのかもしれません。
 対称性のある形、“水平”方向の文様、で安定感を感じさせる土器がある中、遮光器土偶は中空にする事で天と地の“上下”の動きを表現し、ダイナミックな命の循環を表していたようにも思われます。」
https://www.travel.co.jp/guide/article/24787/

 トイレ休憩を兼ねて暫しのんびり寛ぎタイムです。遮光器土偶のモニュメントは巨大です。皆さん楽しく記念写真撮影です。



2018年7月14日土曜日

1365「シャーマン8」2018,7,14

 昼食の会場は近くにあるホテル鹿角ですが、予定より早い到着で暫くロビーで待ちましたが、結婚式披露宴があるようでお祝いの華やかな雰囲気です。

 私たちは豪華な稲庭うどんランチを頂きました。途中参加の地元のSさんも差し入れを持って丁度合流できました。全員が揃いました。料理は神人さんがビーガン食ですので多くの方はそれにならい、肉、魚無しの精進料理を希望されています。普通食を召し上がるのは6名だけです。いずれにしても美味しい料理に大満足です。




 昼食の後は神人さんのリクエストでホテル前に出来たばかりの道の駅に行きました。オープンしたばかりで、地元のSさんも初めて入るとのことです。建物は真新しいのですが、建材の科学物質が強烈で私には無理な空間です。さっと見て外で時間を過ごしましたが、多くの人々で賑わっていました。


 バスは鹿角市を後にして東北自動車道を北上します。目指すは青森県つがる市木造飯岡の亀ヶ岡遺跡です。ここは昨日の神人ライブで話があった、昔、神人さんが近くに住んでいたという遺跡です。向かうバスの車中で神人さんから先ほどの大湯ストーンサークルでのことに付いて以下のお話がありました。

「大湯ストーンサークルのライブの後、霊人が歌を歌ってくれました。それは10分位の良い時間でした。私が最初に大湯に行った時には凄かったです。いろんな景色を見せられ、声を聞きました。昔、私はそこにいたようです。そしてストーンサークルの中で自分が仕切っていました。
 以前に宮城県大和町の霊人との対話もありました。そこはテンメイの大和農場での時です。それら1つ1つが伏線の様に繋がっていました。それは私が、縄文と弥生の因縁解消に使われ始めた頃のことです。

 自分が何故、青森に生まれ、そして遺跡の近くに引越しを転々とさせられたのか。そこに意味があることだと感じだしました。それらの中で知ったことは、今の歴史で教えられていることは違っていました。青森は歴史を紐解くには面白い所です。
 八戸市の是川遺跡で発掘された合掌土偶は今、ヨーロッパに展示ツアー中です。来年の春までですが、価値ある凄いものが出ているのですが、日本のメディアは取り上げず、騒ぎません。凄いものが眠っているところです。
 東北は蝦夷と言われ、大和王権の中央に敵対する様に逆らい続け、最後に押し込まれたエリアが青森です。そのエリアで発見されたものは時代の価値観を覆すもので、政府からすれば出られては不味いものです。
 しかしこれから本当の歴史が明らかにされて行くことになります。三内丸山遺跡もあるところから掘る事を止められたようです。国の許可なくして発掘は駄目とされているのです。ボランティアの方々からそんな話しを聞けます。それらは今の教育の権威者が無くなったら明らかにされるかと思います。
 
 私はこれから行くベンセ湿原、亀ヶ岡遺跡のある木造町に住んでいました。そこからは岩木山が綺麗に見えます。神住まう山の事、が岩木山です。イワクイのアイヌ語です。全てアイヌ語を漢字に変えられてしまいました。
「アイヌ語と地名」の本を八戸縄文館で見ましたが面白いです。そこから見えるのは東北だけでなく日本全国の姿です。
 北海道のアイヌコタンに行き民芸屋さんに入ったら、そこの主人が私のことをずっと見つめていた。そして主人に私は呼び止められて、貴方に渡したいものがある、と言われました。その時に1冊の本と古めかしい紙を貰いました。それはアイヌの本でした。アイヌの人が作った本と日本の昔の地図で、それはアイヌ語で書かれていたものです。20年前のことでその事に私はあまり意識ありませんでした。
 数年前からこの天命塾の縄文ツアーをしていて、全部が繋がってきました。アイヌの地名なのです。元々アイヌのエリアで、本に通じるもので隠蔽されていたのです。アイヌコタンで会った人は霊能者だったのです。その人が私に渡すこと、そして今、このようになってきていること、全てが作られている様に思います。
 これから行く所はネイティブの人が住んでいた所で、そこには何も無い世界です。だから心の目でアホチェンジャーになって見て欲しいと思います。」

2018年7月13日金曜日

1364「シャーマン7」2018,7,13

 いよいよライブが始まります。万座ストーンサークルの展望台に神人さんが登り、先ずは多くの御魂に座って挨拶をしています。その後、太鼓を持ってサークルに向かい立ちます。皆さんはサークルにそって周囲に点在します。大きなサークルですから30名ほどは少数でしかありません。かつて縄文の頃は果たして何人の人達がこのサークルを囲んだのかと思います。

 

 太鼓を打ち鳴らし、ライブは始まりました。神人さんの発する声は聞こえませんが響きは感じられます。時間は15分程ですが、厳かな儀式が行われた様に思います。全ては神人さんのみが知れる世界、次元のものです。曇り空ですが青空もみれます。光が降り注いでいました。

 ライブを終えて皆さんが展望台に集まりました。T、Sさんがライブ中に摘み取った花で作った王冠を神人さんにプレゼントです。嬉しそうに微笑む神人さん、笑顔が明るく皆さんを照らします。きっと多くの御魂の喜んで頂けたな、と思いました。
 最後にその王冠は、神人さんから今日が誕生日のTさんのお子さんにプレゼントされました。最初は照れていたのですが皆さんに祝福されて記念すべき誕生日になったことでしょう。



 天気にも恵まれ、素晴らしいライブを行えて、幸先の良い巡りを始める事ができました。