2018年8月30日木曜日

1412「変化変容8」2018,8,30

 魂的に繋がる縁ある所、もの、人に合うと具合が悪くなります。
 以前、そのことを丹生都比売(にうつひめ)神社で体験しました。そこで初めて体験しました。薬師寺の高田好胤の娘さんと一緒に行きましたが、そこで3人で巫女体験をしました。  
 始まりの2時間後で熱が出てきました。40度の熱で、風邪みたいでした。でんぐり返ししたら治ると言われてやったのですが、益々悪くなってきて、宿で寝ていました。2日目、3日目になっても起きられませんでした。4日目に発表して帰るのですが、3日目の夜にビジョンを見ました。
 沢山の中で色んな私がいました。薄くやっている私を見つけてそれを選んでみました。前日に思いました。AM1時、色んな経とか聞いていたら3次元的にも聞こえてきました。私は出来ない、と疑わないことを決めました。
 そして当日を迎えました。外の神楽殿は土砂降りの雨でした。自分がちゃんと選んだ事を信頼して上げようと思いました。やがてちゃんと天気は晴れました。出来るかと言われたのでやりますと答え、ちゃんとスイッチが入り、完璧にできました。
 学んでいたことを信じたい。信じる事でなく、決める事が大事です。確率論だけでなく集合意識に3次元的にダメと思わずに決めることです。可能性の中で、薄いと思われる事でも選ぶのです。現実は1つでなく沢山あります。その瞬間の想念体で次が選ばれています。経験則でなくその生き方が大事です。

 昨日はエネルギー当たりしました。場所、人、その時に応じて、クリアリングですることです。それが無い時は水で流すことです。情報を運ぶのは水です。そして流すのも水です。 
 昨夜、ホテルに帰り、入浴して元気になれました。これくらい強く受けて、感じたのは、7年前の震災後以来のことでした。
 ここ天命舎で話すのは、魂の深い所でスイッチが入り、シフトする所です。この天命舎は仙台の六芒星の中心なのです。
 
 ボディの7つのチャクラにハートのチャクラがあります。そして脳に2段の、ヘッドの脳とハートの脳があります。心臓は脳が開くと色んなものが開きます。ハートの脳は一番最初に出来、松果体へ、そして全体へ行きます。
 ハートの感じるもので世界が変わります。ハート脳で行動すると上手く行きます。六芒星を立体にするとマカバで、エネルギーが出ていて球体に見えています。
 トーラス。中心に点を打つと湧きあがり、何度も点を打つのです。何度もやると、シャボン玉の様なものが湧いています。それが瞬間、瞬間に見ている現実です。
 ただの形ですが、1点に集約されながら無限大の世界が出来ている、という見方をするのです。そこで選びたいシャボン玉を選べば良いのです。現実はそういう事なのです。

 
 1次元、点。2次元、平面。3次元、立体の数の見方があります。3次元は直線的時間を無視して、同時共振の事を言っています。これからも1個の時間軸だけでなくあるのです。
 シャボン玉が出るとタイムラインが、3次元が人間の思考でピョーンと伸びるのです。瞬間に色んなタイムラインが現れます。
 同時共振の時間軸を越えて何か見えてくるのです。瞬間、瞬間に色んな番組があり、中心のコントローラーが司令塔です。今、ここの瞬間にポンと選ぶとそれが現れるのです。
 いつもハッピーエンドでないのです。その時に来ている路線が分かり、嫌と思ったら違うラインを選んで、違うラインへ行ける様にタイムジャンプするのです。そのタイムジャンパーを自分がするのです。沢山のバージョンを持っています。
 どれを選ぶかです。未来予測を本当に出来る人はちゃんと外すように予言します。そうすると拡散し、嫌と言う思いが数ある現実の中で、集合意識が表れて、違う事を起こしているのです。ですからわざと違うメッセージを出すのです。ゲイリー・ボーネルは分かってしています。そこをリード出来てするのです。しかし多くの預言者は、たいていは当たって凄いと我欲の人が9割です。

0 件のコメント:

コメントを投稿