2018年9月2日日曜日

1415「変化変容11」2018,9,2

3、次元構造
 成長は曲線で上昇していくので成長は分かりにくいです。人間が知覚できるのは9次元までです。12次元までが1つのパートになっています。遠心的要素、求心的要素で物質が出来ています。
 身体の腰回しで丹田を鍛えられて、中心の軸が正されます。

1次元:重力
地球はケイ素、水晶で出来ていて表面は水です。力の作用は地球のコア、中心核が強いです。重力が働きます。磁力は慈力、愛に繋がります。

2次元:土と元素の領域(振動、周波数帯)
 儀式、祭り、動植物を愛でると喜びます。

3次元:直線的な時間と空間領域
 私たちがいる。中心核の力、ハートの力を大事にすることは1次元が喜ぶこと。元素で出来ているので喜ぶ事をすることです。

4次元:元型の領域
 高次は下、低次を見れますが、3次元からは高次は見れません。物事を起こす元型です。見えないものでも、見えるものがある元型です。心は非物質のレベルにありますが、人間界の95%は低い所で生きています。嫉妬、妬み、競争のレベルで、アストラルレベルです。

5次元:愛と創造性の領域
 人間の生命体を作っても生命が宿らないとダメです。大いなるクリエイターがOKしないと出来ません。生命を宿した、創造主の想いを忘れてはダメです。アヌンナキ、プレアディスがいる周波数です。

6次元:形体形成場の領域
 元の元、種みたいなもの。シリウス、私にはこことコヒーレントして共鳴させて、情報が塊りとして降りています。キリストのハート、魂は9次元ですが、6次元を経由して5次元を通り、整えて地球、3次元に転生したのです。

7次元:光の軌道の領域
 銀河光の波の軌道を保っている。

8次元:光の質の領域
 質のエネルギーを保っている。オリオン、アルクトールスは7次元。肉体が無くクラゲみたいなもの。暇だ。

9次元:銀河の中心の領域
 ここから出る振動数と1年の呼吸は同じです。ここの種を宿してここにいる私たちは既に共鳴しています。
 
 感じ、思い、行動することは拡散していることです。
 クリエイターの想いは何か?人間、生命体を作り創造主の想いは何か?それは情報収集とアップデートすることです。あらゆる経験、体験が想造主、クリエイターへの贈り物なのです。
 見えないものが見えるのが仮名、神名です。あおうえい。名前をゆっくり長く言うと、バイブレーションとして立ち上がらせられます。名前はパワフルです。
 生命を作る時に青写真として生命体をどう楽しむかがあります。より得意なもの、果たしたいもの、その周波数を持って生まれてくるのです。それを仕組んで、音、名前を貰う様になっています。
 自分専用の名前を思うことで、授かっているので自信を持つことです。音に意味が含まれています。そこに応援が来る様に仕組まれています。

0 件のコメント:

コメントを投稿