2018年10月8日月曜日

1451「神示27」2018,10,8

 いよいよツアーの最後の目的地になります。大崎市古川宮沢愛宕山にある宮沢遺跡です。
ここは昨年の神人ツアーでも最後のシャーマニックライブが行われ、感動的なエンディングでした。その時の様子は以下の当ブログをご覧ください。
「1078「シャーマン16」2017,9,30」
  
 宮沢遺跡は以下の様に紹介されています。
「昭和49~51年に行われた東北自動車道に伴う発掘調査で発見された奈良時代~平安時代の城柵・官衙遺跡である。
 大崎平野の北端部に位置し、標高50m前後の長岡丘陵上に立地しており、内部にはいくつかの谷がある。全形はやや歪んだ長方形で、東西1,400m、南北850mと、東北地方のこの種の遺跡の中では最大規模である。外郭区画施設は、築地や土塁で、位置をわずかに変えながら造り替えられており、櫓も所々に設けられている。
 なお、平成4年の調査で、ほぼ中央部に築地でかこまれた一郭が発見されているが、政庁か否かは判明していない。さらに文献上のどの城柵に該当するかなども確定しておらず、今後に残された課題は多い。」

 丘に登り頂上にある宮沢遺跡の石碑でシャーマニックライブが行われました。先に神人さんから前回のライブの時の様子をお話頂きました。




 「前回は手前から物凄い数の御霊が集まって来て歓迎ムードでした。しかしその前までのツアーではあまり歓迎されなかったのです。その時は東の右手に満月、左に太陽が沈み、快晴の夕暮れ時です。そしてツアーの最後にやっと受け入れられたと感激しました。 今回はどうなるか分かりません。
 前回、主の御霊が変わって行こう、という事を見ました。そして見送りがずっと続き、帰りのバスの中でも入れ替わり立ち替わり、私の中で祝い唄を歌い続けてくれていました。」

 快晴を期待したのですが、空は雲に覆われています。東を向いて太鼓を打ち鳴らしシャーマニックライブが始まりました。





肌寒いくらいの中じっと耳をそば立てて聞き入ります。めでたくライブが終わりました。
 終わって神人さんからお話がありました。

「ここではお迎えからとても気持ちが良かったです。このエリアには住民が住んでいました。沢山集まって来ました。地に対する感謝をし、霊人からのおもてなしを頂きました。
又、ここに来てくれたことを喜んで頂けました。
 昨日、今日と、無事に仲良く来れたことが嬉しく、感謝の想いと、来れた事の喜びが広がり、異次元との交流、因縁解消、健康祈願から歌っていました。」
  
 ありがたく全てを終える事が出来ました。お陰様で初期の目的を無事に達成できました。3次元的に予定外の特別な事が何も無いとしても、神人さんを通じて異次元との交流の中で、この次元の前提となる事々が変化をし、新たな流れへと、霊団、人間界も共々に変わりゆく良き機縁となったことでしょう。


  バスは仙台駅に向かいます。皆さんにビール等をお配りし打ち上げならぬ、最後の交流会です。2日間の感想などを皆さんにお話しいただきました。何か非日常の世界を歩み、垣間見た時空は面白く、楽しく、新たな発見、気づきの機会になったようです。皆さん喜んでこの旅を終える事ができたようです。ありがたく、うれしき計らいです。
 最後に神人さんからお言葉を頂きました。

 「初めての参加の方、遠方からの参加の方、ありがたかったです。事故が無く、トラブルもなく帰れるのも運転手さんのお陰です。トラブルがあったのは一生忘れないことになりますが、無事で良かったです。最後は雨でしっとりとして、お湿りも良い具合でした。
 家に帰って入浴し、1杯飲みながら旅の思い出を浮かべ、明日から笑顔で生きて行けたら良いと思います。又、次にお会い出来て、良き思い出を共有出来る事を願っています。この2日間ありがとうございました。」

 バスは予定の19時半に仙台駅前に到着出来ました。終わり良ければ全て良し。大いなる霊団、神計らいの神人さんとの陸奥ツアーでした。来年も2回、7月と11月に陸奥シャーマニックライブツアーを開催予定です。その前に3月8~10日は講演会、ライブです。ご縁の方々と又神人ワールドを楽しみたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿