2018年10月19日金曜日

1462「防災4」2018,10,19

今年の秋から世界的な大恐慌 ~金融崩壊が起こる可能性が高いそうです!?
<一部引用>
最後に日本のケースを見ています。以下が日本の不等式です。
名目GDPの成長率:0% < 財政赤字の増加率:3.3%
日本政府の債務は1209兆円と、GDPの234%に達してしまいました。
吉田さんによるとこのレベルでは、長期金利が3%台になると政府は債務不履行に陥り、
予算を組めなくなってしまうといいます。債務不履行とは、国家破産のことです。
<引用終わり>
---------------------------------------------
 日本政府の債務は1209兆円ではありませんね。隠された本当の債務は⇒4000兆円超です。もうね、土台・・無理なんです。

日本は既に、破産同然である事が判明! ~預金封鎖=金融統制は時間の問題!
一般会計 70兆円 特別会計 350兆円
 石井紘基議員は、特別会計 350兆円の暗黒の闇に気づいて、それを国会で追究しようとしたその日の朝に暗殺されました。政府・日銀の本当の狙いはハイパー・インフレへの誘導・・・とは、その暗黒の闇を永遠に消し去る狙いもあります。
 ハイパー・インフレに誘導すると、隠された本当の債務⇒4000兆円超・・・が、10分の一 ???・・・以下になるでしょう。例えば、400兆円以下になりますよね。それを国民に支払わせようというのが、預金封鎖、資産課税・・・な訳です。
 日本国民のお金を食いものにしていた真犯人がいる訳です。その証拠を全て消し去り、しかもそのツケを全部~国民に払わせようというのですから本当にタチの悪い連中です。
 そのタチの悪い連中が、真相に気づいた石井紘基議員を暗殺したのです。大変分りやすいでしょ。しかし、その為に・・・国民はたまったもんじゃありません。
早い話・・・日本国民の生活はグチャグチャになりますわね。

 どうグチャグチャになるのか?・・・
※AERA 2017年7月17日号 
インフレで命の危険… 生きるために出国もあるベネズエラ

 この数年で経済状況は急速に悪化。政情不安が重なり、陽子さんの自宅がある首都カラカスは、「戦地以外の殺人率は世界トップクラス」とも言われるように。デモも連日行われ、死者やけが人が多数発生。
 今年のインフレ率は800%とも1千%ともいわれる。陽子さんによると、未曾有の食糧難で、食物を求めて人は野良犬と一緒にゴミ箱を漁り、赤ん坊には米やパスタのとぎ汁を与えるしかない。必要最低限の薬も手に入らないのだという。 
 陽子さんは週1回、強盗に怯えながら、朝から各マーケットを回って食料品を集めた。
自宅には有刺鉄線を張り巡らせ、警報装置をつけた。
「いよいよこのままでは殺されると感じ、精神的に不安定になり、知人の誘いで、まずは私だけが日本に一時避難したのです」
 結局、そのままベネズエラには戻れず、夫はカラカスの自宅に留まり、娘は、陽子さんが出国した数カ月後、別の国へ。海外へ出国したベネズエラ人には、一家離散が少なくないという。
「日本人には、遠い世界の出来事に思えるかもしれない。しかしちょっと間違えれば、同様のことは起こりうる」
<引用終わり>

0 件のコメント:

コメントを投稿