2018年10月24日水曜日

1467「地球再生4」2018,10,24

・「太陽光集光炭素化炉」は、原発に匹敵する発電量がまかなえ、一切地球を汚すことなくゴミや廃棄物を燃やして元の元素に戻せ、しかも石油が取り出せて、熱エネルギーを電力として蓄えて安価で配給出来る。

・「太古の水」は、金属イオンを溶かし込む溶解度の高い活性水で、医師による臨床データのほか、さまざまなデトックス効果が報告されている。

・地球環境が悪くなったからといって火星に以上するよりも、今の地球環境を整え、生態系を守るのが人間の責任であり、役割。

・今の科学のままでは脳の範疇を超えられず、5次元という発想がなければ本当の答えは出てこない。

・将来的には、体の波長の乱れを音叉を使って同調、共鳴させる波動療法が行われる。

・意識体から発せられた思いや祈りによって細胞の再生を設定すると、自然治癒力が起きる。

・相対性理論の[光の速度は絶対不変]は真実ではない。

・現代人は、唯物論の洗脳によって機械と同じになり、意識の働きを封じてしまっている。

・自分自身が無になって、周囲の気配と同化したときに第六感が覚醒する。

・自分の本質が肉体や自我ではなく、意識だということに気づくことが重要。

・まずは食べ物から変えていく必要があり、化学物質によらない安全な循環型の農業を始めよう。

・同じ建物の中で自分たちで生活できる量の食物を作り、余った分を他の人達に販売し、お金のいらない社会システムを目指そう。

・それぞれが持っている得意なものを持ち寄る「一品持ち寄りの村づくり」。それができれば地球の生態系を壊す事も無く、テロや戦争もなくなるだろう。

 意識の働きに関しては、次のような推測が可能になる。
個の意識体が脳や肉体の枠を超えて5次元に開放されると、個人の量子情報が非局在化
し、「大いなる我」と一体化して「すべてが自分」となる。
② 内なる5次元意識が解放されると、テレパシーなどの潜在脳力が開花し、個や種の差を越えてあらゆるレベルのコミュニケーションが可能になる。
臨死・死後体験は、人類の意識の覚醒を促す5次元からのモーニング・コールなのでは
ないか。

 地球再生に向けて、地球環境、生態系を回復させ安心、安全な場を作り上げていく為に何が必要か、しっかり学び、考え、1つ1つ実践していく事です。
 私達が今求められることは、先ずは己の健康を獲得し健全な心身を得る事です。そして当たり前に自分の事を自分で出来る事が基本であり、縁者と共に必要な協力、支援を行えることです。
 そして目指す事は、衣食住含めて自立でき自給自足が可能な村作りです。木内さんが言うように「人間も歪みによって生じた変化の中に入って、苦労を楽しむために生きている。」  
 価値感を共有できる体験を通して、人間としての幸せ、喜びを分かち合える仲間と共に、学び育つ場を作る、その為に1歩1歩進むことです。そして結果的に健康で楽しく、豊かな人々が周りに増えていく事です。

0 件のコメント:

コメントを投稿