2018年12月5日水曜日

1509「卒業1」2018.12.5

 11月3日は文化の日です。1948年に文化の日は制定されました。あまり知られていませんが1852年のこの日に明治天皇が誕生されています。明治期に天長節、昭和初期に明治節として1947年まで祝日となっていた日です。そして1946年に日本国憲法が公布された日です。つまり、明治天皇の誕生日は名を変えながら現在に至るまで祝日とされているのです。

 ここ最近はこの11月3日はチャレンジPPK(ピンピン倶楽部)で代表の杉浦清始宇宙僧が執行される生前葬が行われていました。今年もその予定で内容も決まり、皆さんに告知されていたのですが、杉浦清始御導師の足腰が弱り、栃木県小山市のお住まいから京都まで遠路はお越し頂けない状態になってしまいました。御導師が不在では生前葬そのものが出来ませんので、残念ながら中止になりました。
 もう一人の代表のトータルヘルスデザイン(THD)の創業者のジミーさんこと近藤洋一さんも高齢を理由に、最近は東京等遠方に出張は控えていて、京都近辺の行動範囲になっていました。そしてこの状況でPPK両代表の意向を受けてこの際、PPKを解散してはということになったのです。
 PPKの代表世話人を私が発足時以来、長年させて頂いていましたので最終的に単に解散という事でなく、可能ならばお越しに成れる方々と終了の会が出来たら良いですねと提案していました。そして当初、生前葬の予定の11月3日が急遽、PPK卒業式の開催となった次第です。
 
 当日、仙台を始発はやぶさで6時半過ぎに出発しTHD京都本社に向かいました。11時半前に会場に着きましたが高の原の本社は久しぶりです。ジミーさんと挨拶しましたが、お元気そうです。相変わらず痩せていて飄々として流れるままの風貌は顕在です。しかし80歳を過ぎて身体的に色々相応な変化があるようです。今年4月からTHD社長に成られたご子息の太郎さんははつらつとして手腕を発揮できている様です。THDも良き後継者を得てこれからが楽しみです。
 会場にNさんも家族でわざわざ来てくださっています。Nさんは2011年3月の東日本大震災のTHDの支援イベントで仙台テンメイにご縁を頂き、それから私たちの考え、活動に共感して頻繁に千葉県から毎月仙台に来て数々の支援をしてくださいました。やがて仙台に移住しはまり込む寸前に、THDにハンティングされ5年ほど前から京都本社に勤務しているのです。2人のお子様も健やかに成長し、奥様も明るく良き家庭を築いておられます。元気に活躍されていて嬉しい事です。

 卒業式は12時から開始されました。代表世話人の私からPPKの発足からの経緯を述べさせていただきました。
 そもそもは近藤代表と杉浦御導師の両代表の発案でピンピンと輝いて生き、ピンピンコロリとあの世に還る、その生き方の秘訣を皆さんで学び会得する、面白い事をやろうと、2007年春ごろに私に声掛けを頂き、私も良いですねとお二人のお神輿担ぎをすることになったのです。私は両代表とは20年以上のご縁があり、何かにとお世話になりご指導を頂いていたので二つ返事でお引き受けした次第です。
 PPK設立準備会は第1回2007年9月に東京、第2回、同年11月に京都、第3回は同年11月東京で開催されています。そして設立会は2008年4月5日に東京で33名の参加で開催されました。
 以来、年に6回位、東京と京都で例会を開催し、旅行会も行い活発な活動を展開でき、会員も140名程になっていました。両代表の人間性、能力、特に杉浦御導師の特殊能力に寄る活動もやがて10年を迎え、寄る年波に勝てず身体的都合で停滞し現在に至っていました。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿