2018年12月18日火曜日

1522「最先端10」2018,12,18

 今自分が必要なものは何かと考える。必要があるから追求する。解析し、考え、実践して答えを導き出す。考える視点の的は何処にあるか。的無くしてむやみにしても始まらない。どうすべきか考えると早く出来る。良い所でマイナスを出してはダメで、その自覚が必要。 
 人類宇宙自然から必要とされること。その為には視点想創性でどうしたら良いかの哲学的加学文化が必要で、それがあるのはここだけだ。やがて世界中がそれを使わないとダメと言う時代になったら、そのことを真剣に考えないとならない。

 不可能とはまだ可能を知らない事で、可能を知ったら不可能が消える。どの視点を持つかだ。不可能が可能になったことには、生体エネルギーに準拠位置次元があり、次元準位エネルギーがあり、それをどう設定するかだ。どの電気能力が欲しいのか。それを作れば良い。常に根拠の勉強をしているのが実践勉強会だが伝えられない。
 野菜に何をいれたら本当の能力を得られるか。能力のキーワードとは生体エネルギー準拠位置の次元にある。次元の単位を明確にしないと使えない
 単位肉体だけでは維持できないので、外から来たものが中で組み立てることがある。無いと外から影響されない。何かが動くとは、何かがあることで良い事も悪い事も起きる。生体エネルギーの準拠位置から落ちると劣化が起きる。ある単位から落ちると劣化が起きる。

 環境をどうやるか。準位反応系はなかなか無い。外の反応系の精神性を中の反応の精神性に変えるのに共鳴体の「魂、みみゅ、現、あなはん、芯律」を使うと中の精神性が変わる。それで石でも木でも変えられる。
 目的がスタート。どの目的を持つか。あなたの今日までの歴史が今日の目的を作っている。能力が上がったら更にその先の目的を求める。目的を明確にしないと始まりが無い。目的を、自然をこうしたい、この産業をこうしたい。と論法を作る論題、手段、己の己に遡る。それを明確にするのが実践研究会だ。

 今は全てをケチっている。自分の命を安く、ケチっている。世界中で出来ない事をここでは常識で出来る。生体エネルギーはどんな体にも無いと継続が無い。形は界命から作っている。界命は無形だが、形を想造出来、今まで無い、形が無いものが出来る。
 出来る能力を作るのが産業。あなたの産業が世界1になるには価値が認められる必要がある。人間宇宙から必要とされ、100年後にも必要とされることが重要だ。その為の理論武装は必要だ。どうしたら優位になれるか。お金のやり繰りの経済ではダメで、能力の経済論法でないとダメだ。金銭のやり繰りは能力のやり繰りに負ける。その経済をどう定着するか。その実践を繰り返ししている。

 本当は「えいまかん」の話をするつもりだったが!それは宇宙の全てから認められる原理の学問だ。次元を明確にして自然と対話する。全てが、不利と有利、毒と薬、善と悪に出来、必要、必然と考える。未知をどうしたら具現できるか。計画が手段を交え作ったら叶う。手段が1番必要で、手段を持って出来る。手段を明らかにしてここの5大加学がある。」

 お話を伺い改めて自分の目的は何か?と自問自答です。その必要を具現できる理論と手段、能力を得ることは必須です。それには「うんご」の継続が必要ですが、己の義務の第1は与えられた身体の健康を獲得する努力であり、能力の向上です。その上に相対へのギブが可能になるのではないでしょうか。人類宇宙自然に必要とされる存在には人間性を基本とした社会性を磨く事は必須です。縁ある方と共に豊かな社会を築く為に、引き続き生体エネルギー理論、技術の習得、実践に勤めていきたいと思います。

 お話しの中には、必要で佐藤先生が作られた造語の徳字が多数出てきます。先人の作られた哲学、理論の中で使われてきた文字、表現ではどうしても伝えられない領域、宇宙、次元が厳然と存在していて、その論理学を極めていく為に作られたもので、新しい概念、意味が込められています。この論理学を駆使する事で技術として目的に応じて、数々の産業化が可能となっています。全てはいのちを如何に豊かにするかです。

 私達の生きている様は、全ては己の必要が原点です。常に足りない、未熟な己が可能へ向けての今日のスタートです。面白く未知を開く世界です。先生からは理論だけでなく、己を励起できる大きなギブを沢山いただけます。今年もセミナー参加者全員に宝鑛石を頂けました。今年は「まごく」という特別な情報が入ったものでした。ありがたい能力の加算ですが、各自の更なる示行が必要です。
 一緒に行った仲間たち20名ほどと懇親を深め、楽しき学びの2日間でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿