2019年6月26日水曜日

1716「健康2」2019.6.26

 片山恒夫先生の医療哲学を少し紹介します。私が片山セミナーに通っていたころ同席した小西先生のHPから引用させて頂きました。
https://konishi-dental.tokyo.jp/basic-theory/katayama-dentistry.html

 片山先生の基本は人間がもつ自然治癒力を発揮させる事です。片山先生は重度の歯周病を改善することでは驚異の実績を残し、長期にわたる良好な予後経過の患者さんの記録を沢山お持ちでした。口腔の局所と全身丸ごとへの対応策です。
「片山式歯周病治療法は別名“自然良能賦活療法(しぜんりょうのうぶかつりょうほう)”ともいいます.
 片山式ブラッシングと一口50回噛みにはじまる食生活改善が片山式歯周病治療法の2つの大きな柱です.
 この2つの柱のほかに呼吸法、体操、ストレス解消なども片山式歯周病治療の重要事項です.」

 食生活については以下です。
「当時歯槽膿漏と呼ばれていた進行した歯周病の治療において、プラークコントロールや歯石除去など細菌に対するアプローチだけでは、十分な成果があがらないことに片山先生が気づいたのは1960年代でした.
 欧米の歯周病学者が歯周炎の発症因子として宿主因子に注目し始めるのが1990年代ですから、そのはるか以前ということになります.
 片山先生が歯周病に関連する要因として注目していたのが現代人の食生活です.
片山先生は、歯周病の発症進行には、よく噛んで食べないことに一因があると考え、歯周病の治療として“一口50回噛み”を推奨していました.
 食品の形態あるいは調理法を変え、その歯の実力に合った食品を文字通り一口50回良く噛むことにより、唾液を十分に分泌させ、組織の抵抗力を増強させることで歯周病の改善を図ろうとしました.
 軟らかいもの、口当たりのよいものを好んで食べる近代文明食では歯周組織に対する刺激が足らず、それによって組織が脆弱化して歯周病の発症、進行を招いている可能性があることを、片山先生はプライス先生の「食生活と身体の退化」から読み取りました.
 また砂糖の過剰摂取、加工食品、インスタント食品、高カロリー、添加物まみれの食事など、現代の食生活の乱れが全身の健康状態に影響を与え、それが歯周病の発症進行と関係しているとも指摘しています.
 そのような食生活の乱れによる生体の脆弱化を打破するために“1口50回噛み”で歯周組織を賦活して、全身の抵抗力を増強することで進行した歯周病に打ち勝とうと考えたのでした.」

「歯周病の病因がはっきりせず、全身病因説、局所病因説などが入り乱れていた時代には、「歯周疾患と栄養」というテーマは興味深い研究対象の1つとして注目されていました.
 片山先生も当時、保健所における栄養指導などからこの問題の重要性を感じ、WA.Price(プライス)の著書「Nutrition and physical degeneration」(食生活と身体の退化)と出会い大きな影響を受けました.
 プライスは食生活の変化による齲蝕の多発と顎の変形、歯列不正の増加が顕著であることを3000枚にもおよぶ写真と綿密な調査記録により明らかにしました.その変化は口腔だけにとどまらず、障害児、死産の増加など身体の変化や精神病や少年非行、殺人犯など人間の精神や行動にまで影響を与えていることを指摘しました.
 このフィールドワークから引き出された「食習慣、食餌内容が歯と歯列をはじめとした口腔諸組織を病気に陥れる主因である」という結論が、片山先生が考えていた「食をはじめとした生活習慣が組織抵抗力を減弱させる」という考えと同様であったので、「食生活改善」が「ブラッシング」のほかに自然良能賦活療法のもう1本の柱として新たに付け加えられるようになりました.」

2019年6月25日火曜日

1715「健康1」2019.6.25

 私は1977年に東北大学を卒業しましたので、歯科医療に携わり42年になります。それ以来、研鑽を重ね、如何にして病を癒し、健康を獲得し、継続して行けるのか学び、実践をしてきています。
 歯科の領域は身体の1つの臓器で全身と密接不可分な関係の中にあります。しかし私が大学で歯科医学を学んだ当時は歯痛、歯科修復、補綴が中心で、痛みへの対応、外科処置、欠損を補い咀嚼機能の回復をゴールにしていたと思います。医療とラブルで歯科110番と騒がれていましたが、新たな修復技術としてセラミック材、歯周病、小児・歯科矯正が充実して来たころです。

 私の大学歯学部は1965年に新制されていた、私が6回生で入学しました。ですから学部は創世期で先生方、先輩たちも新しい歯科医学、医療を実現しようと理想に燃えていました。その理念の1つが「1口腔単位」という視点です。それまで多くの歯学教育ではケース制と言われて、大学6年の卒業前の1年間の臨床実習は、ある治療ケースを何件かの実践体験をすることが課せられていました。例えば抜歯を何本、カリエス充填処置を何本、歯冠修復を何本と言う感じです。
 しかし私の大学は全国に先駆けて1口腔単位の導入がなされていました。それは患者さん1人の口腔内全体の治療を担当するというもので、今にすれば当たり前の事ですが、7,8人の患者さんを担当し指導教官と診断し治療方針を立てて治療をして行くものです。実習期間で終了出来る患者さんもいれば、終われずに次年度の学生にお願いする事もありました。
 結果的に卒業時に全く治療経験が出来ないケース、内容も出て来ます。しかし、患者さんの口腔をしっかり担当して行く経験は貴重な物でしたが、不足の部分を如何に補い、実習、経験していくのかが課題としてあります。そこで「未完成教育」、「考える歯科医」という考え、理念が言われ、如何に自分で研鑽を積んでいくかが課題として与えられる歯学教育でした。

 卒業後、大学医局に残り、3年間研究や治療に携わっていました。しかし尊敬していた教室の教授が入局して直ぐに他大学に移動し、暫く教授不在の中、この先生に臨床を学びたいと師事していた私の指導教官の助教授の退任などがありました。
 血気盛んな頃で、急速に大学への魅力が失せ、辞める事を決意しました。大学で研究職でと思っていたのでこの先どうしようか、行き場がない中、開業していた先輩の医院に転がり込むことになりました。
 半年ほどお世話になり、自分で開業してやった方が良いと思い立ち、1981年に開業してしまいました。若いが故に出来た行動ですが、今思えば必然、必要な事だったようです。

 開業医になり臨床、経営等分からない中で大学での理念「1口腔単位」「未完成教育」「考える歯科医」の実践が始まりました。病気の原因、要因、背景を考えて行くと、1人の患者丸ごとの視点が必要になりますが、開業して1年後にお逢いした開業歯科医片山恒夫先生には多大な教えを頂ける幸運に恵まれました。

 片山先生は1910年生まれ、大阪府豊中市で開業されていました。私は友人の紹介で1982年に片山セミナーに参加してお逢いしましたが、当時既に72歳です。片山セミナーで先生から学ぶ事は、大学教育に欠けている大きな視点を頂き、衝撃の連続でした。私の眠って居たやる気に火がついて以来10年ほど年数回は片山セミナーに通い、やがて豊中の先生の医院に伺いご指導をけることになりました。
 開業医としての基本はその時に会得させていただきましたが、先生の医療哲学、姿勢、技術には足元にも及ばないものですが、自分なりに多くを学ばせて頂き、実践する中に未知が開けてきました。
 仙台で共に片山理念を実践研究するスタディーグループ「恒歯会」を作り、皆さんと切磋琢磨、研鑽を10数年続けました。しかし私が歯科医師会の役員などをする様になってからは恒歯会と縁が薄れて来ていました。
 片山先生は2006年に96歳でお亡くなりになりましたが先生は自ら多くの健康法を実践されていましたが、その故に健康長寿で天寿を全うされたのではないかと思います。これまでの数々の御教授に感謝申し上げます。

2019年6月24日月曜日

1714「田植え」2019.6.24

 2019年6月2日は仙台テンメイの恒例の田植えでした。仲間の石巻市の「田伝むし」の木村農園さんの田んぼで今年も行いました。良い天気に恵まれて清々しい青空の中に出来ました。
 今回は総勢16名の参加です。仲間のSさんが小学生のお孫さん3人に是非とも田植えを体験させたいとお連れ下さいました。また入会ほやほやのTさんは20代前半の息子さんを同行下さり、やはり田植え体験を希望して参加下さいました。
 当日は木村農園のKさんのお子さんたちの石巻ジュニアオーケストラの演奏会が午後からあり、奥さんたちもそちらに出かけるのであらかじめ段取りをして早めに終われる様に大方は田植え機で植えていて下さっていて、残りを私達が手植えで出来る様にしてくださっていました。





 10時から皆さん田植え開始です。でも私はお昼のお弁当を受け取り持参するので何時も到着が遅れますが、11時半前に着いたら何と皆さん田植えを終えて、もう上がる所でした。驚きの早じまいです。ベテランには物足りなかったようですが、子供たち、初めての方は素足で田んぼに入って色々な生き物を見つけ、楽しい初体験だったようです。




 今年はKさんがしっかりと生体エネルギー資材、底力5袋、真和X5袋、AEC5袋を投入して生体エネルギーチャージをしっかりしていますので田んぼが違います。隣の他の方の田んぼとは明らかにその差が確認できます。

 名取農場で採れたて野菜、自家製味噌を使って味噌汁を手際よく作り、皆さんで円を成してお昼のお弁当を頂きました。今日は石巻で自然農法を実践していて、現在は和歌山県に拠点を移したSさんが久しぶりにこちらに帰ってきていて再会できました。お元気そうです。最近、インドの聖地のアシュラムで1か月程菜食で生活していたとのことで少しやせていますが、相変わらず話題が豊富で話が盛り上がります。暫し面白いお話を伺い、皆さんとの交流を楽しみました。


 食後はKさんが今取り組んでいる事業拡張の拠点になるお米の倉庫の建築現場を皆さんで見学しました。今の倉庫、自宅などの北側隣地で1反歩の広さの敷地に生体エネルギーの建築理論、技術を活用したものです。丁度捨てコンをして基礎の途中でした。力丸コンクリートが打たれていますので明らかに生体エネルギーが高く、オーリングテストで確認できました。
 9月末には完成予定で、中には特別仕様の生体エネルギー活用商品の「蘇鮮蔵」という冷凍庫を設置します。寿司米としてササニシキの評価が高く、自社栽培の13丁歩だけでは足りなく、他の生産者のものも買い付けてこの工場で栽培し直しをする予定です。この栽培し直しが生体エネルギー技術の優れた所です。環境でそのお米の能力を変える事が出来るのです。
 仲間が飛躍していくお手伝いが出来ることは嬉しい事です。食の安全、安心は当たり前です、その上にその食べ物がどの様な能力を発揮できるのかが大きな目的です。いのちを育み、健康に豊かに出来る食がこれからはますます必要です。Kさんも10数年にわたり生体エネルギーの勉強を続けて来ていた集大成が今回の倉庫建設です。これからは農業の担い手を増やし人材育成もやっていくとのことで地域のリーダーとして活躍が期待されます。

 今度の秋の稲刈りに皆さんで訪れた時には倉庫は完成している事でしょう。電気も特別な生体エネルギーの電気誘導翻訳装置「さとり」にIH分電盤も加算しての電気プログラムが起動していますので楽しみです。是非皆さんも秋の稲刈り参加下さい。詳細は確定していませんが10月20日日曜日を予定しています。

 15時半には解散となりました。私達は近くの道の駅上品の郷に寄り温泉でリラックスして帰路に付きました。

2019年6月23日日曜日

1713「運命法則5」2019.6.23

 このUFOの方向転換の方法は、私が前の文章(「運命の三つの法則」)で説明した「運命の転換法」と同じですね。
 まず、坐禅したり、お経を称えたりして、波動レベルを上げて、「慣性」を小さくしておいてから『こうありたい』と意志するのです。そうして地上の波動レベルに戻って来ると、もうすでに「いのちの運び」の軌道は変更されています。

 この「アップ&ダウン法」という運命転換の方法は、使いこなせるようになるまで、坐禅や読経をしっかり自分のものにする必要があります。
 すっかりマスターできると、UFOの場合と同様、瞬時に「アップ&ダウン」して、一気に運命の軌道を修正できるようになります。

 お名前は忘れましたが、ある高徳な禅僧(A老師としておきます)がいらっしゃいました。A老師の檀家の人があわててやって来ました。
「老師大変です。私の隣の家から出火して、私の家にも今にも火が移ろうとしていると電話がありました。何とかなりませんか」
 A老師は弟子に命じました。「コップに水を入れて持ってきなさい」弟子が持って来ると、A老師は、檀家の人の家の方を向いて、コップの水に指をつけて、家に向ってパッパと水をふりかけるジェスチャーをして「これでよし」とおっしゃったそうです。
 すると、その瞬間からなぜか火は一気に下火になって、檀家の人の家は類焼せずにすんだということです。

 檀家の人の家と老師がいらっしゃる処は遠く離れています。また指で散布した水なんてほんのわずかなもので、とても消火できるような分量ではありませんね。それでも火が消えてしまったのはなぜなんでしょう。
 それは、A老師が瞬時に無心になられて(つまり慣性がない世界に入られて)、その世界で消火の動作をされたからです。その世界には質量がないので、したがって距離も時間も大小の分量もありません。
 そういう慣性が生み出すものたちをまったく念頭に置かないで無心に消火の動作をされて、「火が消える」という向きに運命のハンドルを切っておいてから、再び地上世界に戻ってこられたので、その「消火」という意志が瞬時に実現したのです。

 禅に「十里向こうのロウソクの火を消してみよ」という公案があります。
 十里向こうと言われると、距離が意識に上りますね。それが「慣性」になるのです。ですから火が消せません。そんな時は、先ほどのA老師と同じで、距離がない世界に上昇して、その世界で、フッと火を消すという動作をすればいいのです。
 それがこの公案の正解なのです。この「アップ&ダウン法」が使えるようになると、人生での「炎上」も上手に消火できるようになります。

・マンスリー・メッセージ
 自分や人をジャッジしないこと
 いのちの能力への信頼をしっかり保持すること
 ヒーラーは3年たつとヒーリング能力が消えてしまうことがある
 なぜなら経験をつむと病気や患者をジャッジするようになるから

2019年6月22日土曜日

1712「運命法則4」2019.6.22

「UFO飛行術」
 飛行機がとんでいます。その進路を90度変えようとハンドルを切ります。そうすると、この飛行機はしばらく円弧状の曲線軌道を描いてとび、やがて90度角度が違う向きになったところで直進を始める、そういう運動軌道となります。
 進路を変えようと試みても、直ちにその方向に進めるわけではなく、どうしてもしばらく時間がかかってしまいます。これは、飛行機には「質量」つまり「慣性」があり、その分方向転換が難しくなるからでしたね。

 さて、ではUFOの場合はどうでしょうか。 記録映像などで見ると、UFOは瞬時に90度方向転換出来るようです。なぜそんなことが出来るのでしょうか。
 「ニュートンの運動方程式」は、(力)=(質量)×(加速度)でした。急激に方向転換する、つまり(加速度)をはなはだ大きくするためには、(質量)がはなはだ小さくなければなりませんね。90度一気に方向転換するのなら、(質量)はほぼゼロでなければならないはずです。

 しかし、UFOが私たちに観察されているのですから、その機体の波動は、やはり私たちと同じ振動数レベルになっているはずです。ですから、観察できるUFOにも質量(慣性)が発生しているはずで、そうなるとUFOもやはり飛行機と同じように円弧を描いて方向転換するはずなのです。しかし、そうならないで、鋭く直角に一気に方向転換出来るのはいったいなぜなんでしょうか。

 私たちが住む世界では到底不可能なこのような運動軌道を、UFOは次に説明するような方法で実現させているのです。
 まず、方向を90度変えようと「意志」します。この「意志」が実は(力)なのでしたね。
 私たちが住む世界で、この(意志の力)を加えただけだったら、やはりUFOは円弧状に運動してしまいます。
 そこで、こんな風にするのです。
(1)まず、90度進路を曲げようと「意志」します。
(2)次に、UFOが存在する世界の次元を上昇させます。つまり、坐禅すれば体験できるような、波動が高レベルな世界にUFOを上昇移動させるのです(同じ位置のまま波動レベルだけを変えます)。

 その世界はUFOを操縦している宇宙人たちが本来住んでいる世界です。宇宙人たちは本来生活している世界から地球次元の世界を観察するために波動のレベルをわざと下げてやってきているわけです。

 この高次元の世界では質量はゼロに近くなっていて、「慣性」もほぼ存在しません。ですからこの世界ではUFOの進路を直ちに90度変えることができます。
 このようにUFOの進路をまず変更しておいてから、再び地球次元の世界に下降し出現しますと、そのUFOはすでに90度進路を変更した軌道に乗って飛んでいます。
 この二つの世界間の「上昇→下降」が瞬時に行われるものですから、私たちには一気に方向転換したかのように見えるわけです。


2019年6月21日金曜日

1711「運命法則3」2019.6.21

「でも、いつまでも坐禅しておられるわけではなく、また地上世界に戻ってきてしまうのだから、そうなると心の重荷も再び積み戻されて「いのちの車」が進む向きも、坐禅前と同じに引きもどされてしまうんじゃないですか」と質問する人がいるかも知れませんね。

 ご心配なく、もとに戻ってしまわないのです。坐禅の世界で、ハンドルを回すことが出来、「いのちの車」の進む向きを変更出来ました。「いのちの車」が地上世界に舞い降りてきて、回転している車輪が地面に着くと、この「いのちの車」は、坐禅の世界でハンドルを切った向きに走り始めます。離陸前に地上世界で進んでいた向きに再び引き戻されるということはありません。着地した瞬間に車が向いていた方向にそのまま真っ直ぐ進んでゆきます。地上世界では「慣性」が復活するので、進路をもとの方向に引き戻そうとしても、「慣性」がその邪魔をするのです。

 この場合は、地上世界での大きな「慣性」が、逆にあなたが新しい運命の方向に真っ直ぐ進み続けるための味方になってくれます。
 このように、坐禅したり、お経を称えたりして、少しの時間でもいいから、地上世界から離陸して慣性が小さな世界を体験して、その世界で新しい運命の方向にハンドルを切るという訓練をしておくと、地上世界だけにへばりついて生活している場合よりも運命の改善がはるかに容易になるのです。

 では、坐禅の世界の中でどのように運命のハンドルを切り替えればいいのでしょう。どういう意念のパワーで運命のハンドルを回せばいいのでしょうか。
 ニュートンさんの「物体の運動の物理法則」には三つの法則がありましたね。そのうち「慣性の法則」、「運動の法則」は、「いのちの運びの法則」としても応用できるということが分かりました。まだ取り上げていなかった「作用・反作用の法則」も同様に「いのちの運びの法則」として応用できるのです。
 「作用・反作用の法則」とは、物体Aが物体Bに力を加えると、それと同じ大きさで逆向きの力を物体Aも受けることになるという法則です。
 AさんがB君を10の力でパンチすると、Aさんの手にもやはり10の力の衝撃が与えた力とは逆向きにはたらくということです。「いのちの運びの法則」では、(力)は(意念)でしたから、AさんがB君に対して憎しみの意念を放つと、その憎しみの強さと同じ大きさ の憎しみの念を必ず受けとることになるのです。つまり、「差し出す手が、受け取る手」となるのです。

 この法則から、坐禅の世界で私たちが持つべき「意念」が分かります ね。あなたに何か目指す目標があれば、その目標をしっかり祈り(意宣 いのり)、それを心の中に定着させて、それを波源とする波を世界に発信します。そうすると、あなたの周りにその目標が叶った世界が、Uターンして 帰ってくるのです。 
 あるいは、「しあわせで生きがいのある人生」をおくりたいなら、私が坐禅中に祈っているように、『私にご縁のある皆さんが全員しあわせで生きがいのある人生をおくることが出来ますように』などと祈るといいと思います。

 「作用・反作用の法則」がはたらくので、人のしあわせを祈れば自分にしあわせが帰ってきますし、人が元気で生きがいのある人生が送れるようにと祈ると、自分にも元気と生きがい、やりがいがある人生が頂けるのです。 

2019年6月20日木曜日

1710「運命法則2」2019.6.20

 坐禅は本当に不思議で有難いものだと思います。イヤイヤ始めた坐禅でも、坐禅という形(印)を体で組み上げさえしたら、ちゃんと「坐禅の世界」が開けます。『ああ有難いなあ。安楽だなあ。これが本来の自分で、世界の本当の姿なんだなあ』としみじみ実感出来ます。
 「坐禅して開ける世界」はそういう安らぎと自己受容の世界です。軽やかで、温かくて、心と体が微妙に細やかに振動していて、その波動の振動数がとても高いのです。

 坐禅の心境のレベルが一段と高くなった際の振動レベルはついに「光」の周波数帯域にまで突入して、自身の身心から四方八方に光を放っているのが分かるようになることさえあります。いつもそうだというのではなく、坐禅はそんな状態を目指して坐るのでもありませんが…。
 坐禅で開けてくる世界に比べると、地上世界での心の波動は荒っぽくて重く、振動数が低いのです。なぜ地上世界での心の振動数が低いのかというと、心が重いからです。
 物理学の方から説明してみましょう。質量が大きな物体と質量が小さな物体があるとします。この二つの物体を叩くと、質量が小さな物体の方が振動数が大きい、つまり高い音が響きますね。それに反して質量が大きな物体を打った際に出る音は振動数が小さな、鈍い、低い音となります。

 実は心は絶えず振動していて、自らが波源となって世界に波を送り出しています。その心が放つ波動が結晶化して次の世界を形成するのです。
 このような「想い→心の振動→世界形成」のメカニズムを研究し、解明したのが、弥勒菩薩(マイトレーヤ)を始祖とする仏教の唯識学派です。
 坐禅中に心が放つ波の振動数が高いというのは、坐禅中は心の重荷がいったん心の荷台から降ろされて、心の質量が小さく、軽くなっているからです。心の質量が小さくなっているので、坐禅中に心が放つ波は高い振動数となっているのです。つまり、坐禅中は、日常の地上世界と比べて「心の質量」が小さくなっているのです。

 実は、ニュートンさんは、物体の運動の物理法則を三つにまとめました。それは、先ほど検討した「慣性の法則」、それから「運動の法則」、「作用・反作用の法則」です。
 「運動の法則」は、「ニュートンの運動方程式」とも呼ばれ、式で書くと、
(力)=(質量)×(加速度)となります。
 (加速度)とは、物体の運動の速さの変化の度合い、あるいは方向転換の度合いの大小を表わします。「いのちの運び(運命)の法則」としては、運命の方向転換が出来る度合いを表わしていますね。
  この運動方程式によると、同じ(力)を加えても、物体の(質量)が 大きいと、(加速度)は小さくなってしまいます。「いのちの運び(運命)の法則」としては、「心の積荷=質量」が大きいほど、運命転換が難しい(加速度が小さくなる)という事を示しています。逆に、「心の積荷」が降ろされて、心が軽やかになると、運命の方向転換が容易になるということも分かりますね。

 「いのちの運び(運命)の法則」における(力)に相当するのは、「意念」です。こうしたいという意志が強いほど、その想いが繰り返されるほど、運命の方向転換に必要な(力)は強くなります。
  坐禅すれば、取りあえずその間だけは、過去から積み重ねてきた心の重荷が荷台から降ろされて、心がサッパリ軽くなるのです。この状態を「無心」といいましたね。
 そうすると、地上世界では(慣性=心の重さ)が(力=運命を変えようとする意志)より大きくて、必死で力を加えても「いのちの車」のハンドルをちっとも回すことが出来ず、運命の方向を変えることが出来なくても、坐禅中は(慣性)が小さくなっているので、同じ(力)でも、軽々とハンドルを切ることができ、「いのちの車」が進む向きを変えることが出来るのです。

2019年6月19日水曜日

1709「運命法則1」2019.6.19

 立花大敬さんの「しあわせ通信219号 」が届きました。先の坐禅会に関連する部分もあります。皆さんにお伝えしたい内容ですので紹介します。

「運命の三つの法則」 
 歳をとると眠りが浅くなって、真夜中に眼が覚めてなかなか眠れなくなってしまうということが増えてきます。心配事を抱えていれば、ますます眠れなくなってしまいますね。
 そんな時は、『どうせ眠れないのだから…』と思い切って坐禅を始めることにしています。 
 取りあえず30分のつもりで坐ります。それが何時間にもなるという時もたまにはあります。納得出来るまで坐禅して再び寝床に入ると、たいていの場合、すぐコトンと寝入ってしまいます。有難いものです、坐禅を習慣にしておいて本当によかったなあと思います。

 坐禅を始めようと決心する前は、『坐るのはイヤだなぁ』と寝床の中でしばらくグズグズしています。特に冬は寒いのでなかなか決断出来ません。 
 なぜ坐禅がなかなか始められないのかというと、地上世界は「慣性」が強くはたらく世界なので、しばらくある状態が続くと、それが習慣性を帯びてしまって、そこから切り換えて別のことを始めるのが困難になってしまうのです。 
 これは物理学の方では「慣性の法則」と呼ばれています。たとえば、ボールが一直線上を転がっているとします。そのボールに力がはたらかなければ、このボールはこれまでの真っ直ぐな軌道を同じ速さのまま、さらに進んでしまいます。進路を右か左に曲げる、あるいは速さを変えるためには、力を加える必要があります。
  質量が小さなボールだと、少しの力でボールの進路を大きく変えることが出来ますが、質量の大きなボールだと、少々力を加えたくらいでは進路を変えることは出来ません。それで、状態が変化するのを妨げる性質、つまり「慣性」は、「質量」に比例するとされています。 

 物体の運動だけではなくて、大きく地上世界における「いのちの運び(運命)」においても、物理法則に相応する「慣性の法則」がはたらいていることが分かります。私の坐禅する前のグズグズなんかは、心理的な「慣性」の一例ですね。
 「物理の法則」の場合は、「慣性」は「質量」に比例しましたが、じゃあ「いのちの運び(運命)の法則」においての「慣性」は何が相応するのでしょうか。実はそれは「心の重さ」なのです。
 「心が重い人」は、質量が大きい物体の場合と同じように、運命の軌道をなかなか変えることが出来ないで、過去の運命の軌道の延長上をそのまま進んでしまいがちになります。「運命は生まれた時から決まっているんだ」などと断言する人は、このような「心の重い人」だけを観察してそのように思い込み、信じ込んでしまっているのです。 

 では、「心が重くなる」のは、どうしてなのでしょうか。それは「つみ」に拠るのです。  「つみ」とは「積み」です。人生で積み上げてきた重苦しいものの多さが、運命の方向の改善にブレーキを掛ける「重荷」となります。これが物理法則の場合の「質量」に相当します。過去に蒙った負の体験が心に残したトラウマやコンプレックス、過去にやってしまった、人や組織に危害を加えてしまった体験などが、心に残存する「重い固まり」になります。この過去というのが、現世のもののみではなく「過去世」という場合もあるのでやっかいです。

 それに加えて、親の過度の期待や先祖から託された遺産などが重荷になってしまうということもあります。過去の成功体験(過去の栄光)が心の重荷になってしまうという場合もあるのです。心にそういう「重荷」がたくさんあればあるほど、運命の方向を変えることが困難になってしまいます。

2019年6月18日火曜日

1708「坐禅会4」2019.6.18

 人類の魂が進化して1つ生命、ユニティーが出来ることが使命です。それは直ぐに出来る事でなくコツコツやることです。それは35世紀に完成するのです。今から1500年後です。私はそう覚悟を決めています。人類も1度滅んでも良いのではないかと思います。全ては意味があって起きているのです。
 グローバリズムは1度否定され、次の国家エゴの後で又変わって行くと思います。私も今は弟子を作る過程に入りました。ですから若い人に期待しています。
 死んでも地上で動けるシステムを作ろうと思います。それをお釈迦様がやっていました。先日、熱海市の船井幸雄会館に行って来ましたが、船井さんは生きて活動していると感じました。ですから自分もそうしようと思っています。
 自分の本能、インスピレーションでやって行きます。私には戦いの使命は無いです。私はユニティーの方向です。

(2)お釈迦様の坐禅
 お釈迦様の坐禅は、最初は戦いの坐禅でした。しかし悟れなかったのです。断念し沐浴し、絶望した時に助けてくれたのです。そこでいのちがほとばしり出て、宇宙と自分が1つになりました。ですから養いの坐禅が本当のものです。以下の流れです。

 アタマの努力の坐禅→尼連禅河(ナイランジャナー)で沐浴→スジャータからヨーグルトを恵まれる→菩提樹のもとで坐る→悟り(内側からありがとうございます。あふれ出す生命力が自他の囲いを突き破り宇宙全体にいのちの奔流が届く)を開く。
 お釈迦様の坐禅のお姿(ガンダーラの仏像)→「微笑」と「なで方」と「許し」の坐禅

(3)坐禅の標準形
 脚→結跏趺坐  手→法界定印  眼→半眼  呼吸→ゆったり
 インドと中国で手印が違います。インドでは左手が下です。左手は不浄なものとされます。
 中国の陰陽の卦があります。陽が下で陰が上でエネルギーは陽から上に陰から下に流れるので良いですが、逆だと交わらない。だから右手を下にして左手を上に組みます。
 密教はインドから来ているので逆の組み方です。
 呼吸はゆったり。
 何かあるから嬉しい。ただ存在するだけで嬉しい。
坐禅で何かを達成しようと思わないのですが、坐禅をすると叶うのです。波動が細やかになり、こうしたいと思う。そして地上に戻ってくると叶う。ドラマが勝手に展開するのです。
以下が功徳です。

(4)坐禅の功徳
<身心の有り難さ>
坐禅をすれば、無上の身心の悦楽を体験する。何かの対象があって嬉しいというのではなく、対象無しにただ嬉しい。ここに存在しているだけで嬉しいという最高レベルの悦楽が体験出来る。
坐禅すれば、身心が柔軟になり、呼吸や動作がなめらかに、スムーズに出来るようになる。円相を描くような感じで行動出来る。日常生活でも、このスムージング効果が持続出来る様になる。
坐禅をすれば、身心の固まりがほどけ柔軟になり、いのちの充電が出来て、健康を維持できるようになる。
坐禅をすれば、身心の結ぼれがほどけるので、よく眠れるようになる。

<処世上の有り難さ>
坐禅をすれば、問題なんて本来なかったのだと気づく。すると、「問題なし」をゴールとするドラマが現実世界に展開して、その問題が消滅するか、解決してしまう。
坐禅を習慣にすると、アタマを押しのけて「本能」が表に現れてきて、自分にあると 思わなかった能力が発揮出来て驚くことが多くなる。自分に自信が持てるようになる。自分の能力に限界を設けなくなる。
坐禅してカラッポになった心と体に「こうしたい」という希望を伝えると、直ちに現実化することが多くなる。
坐禅すれば、自分が自分であることに自信を持てるようになる。そうすると、自分が最高に輝く事が出来る「役割」が果たせる環境に、おのずと運ばれていく。

 あっという間のありがたい坐禅会でした。毎月開催されますが貴重な学びの機会です。

2019年6月17日月曜日

1707「坐禅会3」2019.6.17

・自分をそのまま認め、受け入れ、許し、愛するように仕向けてくれる。
 他者(世界)をそのまま認め、受け入れ、許し、愛するように仕向けてくれます。そうすると自己否定をしなくなります。
 許すとは緩くすることです。そうするとほどけて来ます。液が頭から流れてくるのです。実際にエンドルフィンが出る事で身体がほどけて来ます。でもそれには薬物の様な副作用はありません。
 老いると眠りが浅くなります。目が覚めたら、夜中に起きて坐禅を30分します。坐っていると時間が短く感じます。その後、納得してまた寝床に入るとすっと寝られます。

・私達はどこから来て、どこを目指しているか教えてくれます。
 金平糖大作戦があります。私達は進化過程を経ている1つ生命なのです。金平糖の角のそれぞれが伸びて行く事、そして共通部分が増えて行くのです。ですから焦る必要はありません。

・あなたがあなたを生きていることの貴重さ、尊さを教えてくれます。
 それで生きている意味が分かります。そこで成長していくことが、存在していることが、貴いありがたいことと分かるのです。
 禅の公案で「犬に仏性ありや無しや」があります。大乗の教えでは、仏性があるというが、無いのです。ありのままで犬である事が仏だ、と小乗では言います。皆それぞれが仏で貴い事が分かります。なぜそうか説明出来ないのですが、金平糖では説明が出来ます。
 自分が自分であること、精一杯生きるのです。生命が尽きるまで生きれば良いのです。そして金平糖の角が少し大きくなれば良いのです。それが仏なのです。

・あなたの身心をホドキます。
 人間の不健康は心と体に固まりがあるからです。心に固まりがあると体に変調を来たして、固まりが出来ます。そこに何か意味があるのです。その意味を解いていくのですが、しかし1つ1つしていてはキリが無いです。ですから坐禅で暖まり、固まりが溶けて行く方が良いのです。
 心に刻まれた事が現実化します。自分が信じ込んで現実化しているのです。

・疲れ切ったあなたの「いのちの充電」をしてくれます。
 いのちの充電になります。疲れていても坐禅をすると変わります。波動が細やかな世界へ行きます。

・あなたのいのちが一層輝くのにふさわしい位置にあなたを運んでくれます。
 自分を許せて、1番良い所が出てきて、自分にふさわしい場へ移れる様になります。
 劣等感を刺激する言葉が心に刻まれる傾向が強いです。生徒はちょっとしたことでも褒めるようにしています。良い所だけ見て、言葉で表現して上げるのです。声掛けし、あらゆるチャンスを活かして褒めるのです。喜びの可能、自信を付ける方向にするのです。
 何もしない時間が大事です。坐禅の時間を増やすことです。

 人間は自分が強すぎるとお任せが出来ないです。神様にお任せしていきます。自力はダメです。ピンポイントに変えたいことは延命十句観音経が良いです。
 全体として幸せな、成功人生には坐禅が良いです。何かをしたり、変えるには大きなものに頼ることが必要で、それにはお経を唱えることが良いです。

 温の言霊は眠って良いです。意識の壁が高い人は眠らせると心の底まで言葉が入ります。本を音読すると心の内側に入ります。

2019年6月16日日曜日

1706「坐禅会2」2019.6.16


(1) 大敬の坐禅にはどんな特徴があるのでしょうか?
まず大敬の坐禅のお話しをします。
・アタマを手放して坐ります。
 アタマには集中・イメージ・念ずる・目標追求の努力の働きがありますがそれを捨てるのです。日常生活では頭を働かせすぎです。頭を信じずに手放して坐るのです。これから先の事、離れた所の事は私達には分からないのです。本能で生きられるようにするのです。

・カラダで坐ります。
 カラダ主導になれば、自然に「今・ココ」に戻れます。悩みは過去や未来にアタマがフラフラ漂い出して発生します。
 過去、今、未来の今の時軸と1つになる。そうすると時軸が出来るとここから過去、未来へアクセス出来る。今ここにいると最善の行動がとれるのです。
 鎮魂です。「あめのうずめのみこと」が天照の命が鬱になり岩戸に引き籠った時に「みすまる」の珠を振る儀式をしました。
「み」は1つにまとめる事。「す」は身体の事です。身体の断片が過去、未来に飛び出して分散するとエネルギーが弱くなるので、身体に集めて来るのです。
 桶に乗って棒でポンポンと突く。刺激を与えるのです。箱に天皇の服を入れて揺することで、暗闇でゆさぶるとしょんぼりした生命を復活させられるのです。肉体に刺激を与えると魂の断片が戻って来ます。これが鬱を直す方法なのです。
 大地、芝に寝かせて転がすと身体に意識が戻り治せる。

 野口体操があります。野口三千三さんによって始められた体操ですが、これで戦争で負けて精神が損なわれた時に身体を叩いて魂を復活させたのです。
 鏡を見ること。天照に見せたように自霊拝をするのです。鏡に写った自分を神として崇める。写る自分が鬱のへなへなの自分を見て、その奥にある素晴らしい自分を崇める。嫌でしょうがない自分を肯定するのです。否定すると魂の断片が出て行くので、これで良しと肯定するとここに居ても良いという事で戻って来るのです。それが自霊拝です。
 そのことが古事記に書いてある。心理学の智慧の凄さがあります。
 坐禅をしたら魂の断片が戻って来るのです。辛かった過去等が全部生きて来るのでありがたいです。

・全身で組む印契(ムードラ)です。
 契:割符、契り・誓い・約束
 法界定印:宇宙全体とぴったり一つになる全身印(ひとついのち)、宇宙全体を愛し、法要する全身印
 全身で組むム-ドラです。それで何かと1つになるのです。法界(ほっかい)とは宇宙全体のことを言います。そことぴたっと1つになれるのでありがたいのです。全身が印です。手の組むのも、身体全体も法界定印と言うのです。手を組むと生命線が強く、深くなり寿命が延びるのです。ですから手相が変わる工夫をして線を伸ばせば良いです。

・良し悪し、合格不合格はありません
 他の坐禅は悟る為にしているのですが、悟りは出来ていないです。皆不合格です。その劣等感でお坊さんはしているのです。雑念は世の中に無いですし、頭で判断しなくて良いのです。いろんな時があるのは頭です。ただ身体で坐ることです。

2019年6月15日土曜日

1705「坐禅会1」2019.6.15

 2019年5月18日に立花大敬さんの東京坐禅会がありました。大敬さんは天命塾の名付け親で20数年来のご縁です。これまでは福岡の禅の会を中心に坐禅を指導してきています。昨年から京都でも坐禅の会を始められ、今年はいよいよ東京での開催となりました。
 是非とも参加したいと思い駆け参じてきました。直ぐに定員に達するほどで待ち焦がれた方々が参加していました。でも、大敬さんに初めてお会いする初参加の方も半数は居られたようですが会場は満席です。
 大敬さんの「しあわせ通信」は素晴らしいものです。創刊当時からの愛読者で、心豊かなゆったりした自然な生き方を気づかせて下さるもので、大敬さんは物書きの御用を頂く達人です。
 坐禅会の様子を紹介します。前半はお話し、坐禅、質疑応答で3時間の会でした。

「大敬の坐禅入門」
 坐禅を覚えてもらう事がとても大事です。坐禅をやっていたら人生が変わります。
 私は色々な占いの方などに42歳でいのちが終わると言われていました。でもこの様に生き続けて来ました。坐禅をして諸々のバランスを取って生きて来れました。不思議な事ですが、坐禅を続けていると運命が変わります。

 お経の「延命十句観音経」で病が治った人がいます。人の為にお経をあげると良いです。それがやがて自分に戻ってきます。それは徳を積んだ事になります。私達には自分の中から変わる為の実践が必要です。それは自分がすることが大事で、他の方からやってもらっても続かないものです。
 私は19歳から坐禅を始めました。最初の師は内山興正先生で、曹洞宗の道元さんの流れの方です。その後にお坊さんではありませんが角倉羅窓先生で、臨在禅を教えて頂きました。角倉先生は国家公務員で天皇陛下の侍従をされた方です。その後に渡辺玄道先生で、黄檗宗の方です。禅宗の3つの宗派、曹洞宗、臨済宗、黄檗宗の先生方に学ばせて頂きました。

 皆ありがたい先生でしたが自分にぴったりしていなかったのです。何かが違うのです。それらの禅は戦の坐禅なのです。しかしこの禅をすると身体を壊します。何々をしなければならない、と言う目的追求で意志が強く、身体が頑強な人に向いています。しかし私には無理です。それで胃潰瘍になり肝臓を悪くしました。

 私の坐禅は「養いの坐禅」です。自分の生命をほどいて健康にして行く。そして元気になると自然に良い動きが出来ます。先ずは自分の固まりをほどいて行くのです。そして自分を温めて行くと自然にふさわしい仕事が出来る様になります。
 ですから大敬の「養いの坐禅」をお勧めします。これは許せて、受け入れて行くものです。

 私は今年の3月まで高校の先生をしていました。65歳で退職しましたが、その後は常勤講師、非常勤講師で5年間教えました。昨年は非常勤講師ですが、高校3年を教えましたが、きつかったです。もう教えきれないと思いました。私の高校は昨年東大に50人合格しましたが全国8位の進学校です。卒業生にホリエモンや孫正義さんなどがいます。
 今年の4月にフリーになりました。しかし家内が膝の手術をすることで2か月入院という事になり、私が家事をすることになりました。初めてのことです。
 生きているという事は自分が出来ない事を出来る事にして拡げて行く事、それが喜びです。人間には偉そうな話しをしていますが、生命の領域が広がって嬉しいです。
 お陰様で2か月の予定が2週間で退院出来ました。実は早く退院できる様にと、お経を一生懸命に上げていたのです。でも病んでいる時は謙虚だった家内がうるさ型に戻ってしまいました。
 東京は色んな所から集まって来られるのでこれから東京の坐禅会を定着して行こうと思っています。是迄の福岡と京都の3か所を中心にしようと思っています。



2019年6月14日金曜日

1704「転ばぬ先の杖5」2019.6.14

 病気などは自分で治す事を考える。病気は意識で直すことができます。空間は宇宙で、その本質は意識体だ。その意識で歪みを起こし、変化して渦が出来るのが3次元です。縦・横・高さ、回転する時間。そこで出来る元素から出来るものが生き物です。

 病気に成ったらどうしたら正常になれるか。病気が正常化したことを想像すると病気が改善される。それも私だ。身体を使って行く事でやがて終わり、ストップがかかるのが臨終で、何も慌てる事は無い。その原理を追求し、正常に戻る事を想像すると良い。それを作った張本人が自分なのです。

 しかしそれをする時に他力本願では駄目です。他者や医者に頼ると自分を放棄することになるのです。癌の末期の人に自分のX線写真と健全な写真の両方の絵を見せる。そして自分が健全な絵になる、正常化することを考えると、その意識が身体に通じていくのです。そして癌が消えて行く。そのような変化が出るのです。しかし、その時に少しでも他力本願になると駄目です。身内が気を使い過ぎて、その人を駄目にすることが起きます。

 若い時の事や食べ物の好きなものを話すことです。私にはお袋の味が頭にこびりついています。あれが食べたい、今は死んでいる場合でない、ということを思い、生命が戻ってきたのです。
 意識は5次元です。空間を作る素材、それが元で変化したのが身体や社会になるのです。あちらの世界は全て満たされているので、詰まらない。だから意識で変化をさせて歪みを求めるのです。その為に作ったのが3次元です。それはスーパーマリオの世界と同じです。そのゲームを自分で作っているのです。だから面白いのです。

 次に又、身体を選べるのですが、私は5次元空間になってしまうと無くなってしまいます。そこで歴史をたどって行くことが出来ます。自分のため今を引きずりたいなら強くそう思う事です。その時に時間をずらす事です。昔の事を考えるのです。死ぬ間に自分が居ないのでずらす事が出来るのです。私はそれを3回やりました。時間をずらすことは、過去だけでなく未来でも良いです。死ぬ間際にするのです。3日後を見るとそれが出来るのです。

 生まれ変わる時、生前のキーワードを作っておくことです。何年後に生まれると計画し、未来に望んで来るのです。記憶が無いので名前を聞くと思い出してきます。それはやり方で楽しい人生です。この次の人生はどうなるか?又還ってきたらどうするか?
死ぬ間際にうっかりしていると吸収されてしまいます。そうなると海の水の1滴と同じで、吸収されてしまうと全く分からなくなります。ほとんどの人はそうなって戻れなくなるのです。ですからしっかり行く前に考えておくと良いです。

 未来は決定していないのです。ですから自分で選択が出来ます。しかし皆、個人的な事でないと難しい。勉強会をして分かっていても自分だけ楽しければ良い、というレベルでは動かない。未来が良くなって欲しい事を伝えることです。社会実験的にして掴んでくることで選択肢が出来ます。
 大変な状態を乗り越える力を使いますが、それをやるにはどれだけの人の力が要るのか、果たして話をしただけでそれが通じるのか、と思う。そこを皆に考えて欲しいと思う。
 異常気象にたいしてどうしていくのか。それを分解していく方法を提案していく。戦わずして勝つことを。争う必要はない。方法があり未来が上手く行くのです。先ず人が喜ぶ事をして行くこと。その研究をして行くことです。」

 木内さんは「私も年を取って最近は不徳を感じている。今年は65歳になる。未来へのこの考えを、あの世の世界の学びをしながら研究し、ボケを言って行くつもりだ。」と話しています。しかしボケを言っていくと言いながら、これから生じる近未来の現実をしっかり見据えて確信を持ってお話しをしています。皆さんに伝えて来たが理解されずもうしょうがない、でもやれるところまでやり伝えて後はお任せするしかない。もう時間が無いという感じです。今年は正念場です、転ばぬ先の杖、必ず意味あるものにしたいものです。

2019年6月13日木曜日

1703「転ばぬ先の杖4」2019.6.13

 πウオーターは2価酸化鉄塩だ。あちらの世界に行くと、世の中のあんちょこが見える。私はそこで学んできた。電気作用が滞りで帯電しては駄目だ。アースすることが必要だ。珪素、マコモをはじめ,電気を流し易い。大地を裸足で歩くのも良い。マコモをお風呂に入れてアースさせる。放電が止むと身体が馴染んで来る。

 業捨という治療がある。皮膚を擦る治療法だ。1か月3回位やると良い。治療は痛いが、体内に帯電した電気が放電するので治療の後、とても気持ちが良い。皮膚が真っ赤になり、やがて消えて行く。私は前橋でその業捨の治療を受けて来た。
 滞りが起きるところに金属イオンが溜まる。そうして細胞不全が起きてくる。それが腫瘍だ。クリームも効果がある。

 未来の医療を考える。食べ物でも、身体に良い物を研究する。山菜、無消毒野菜などだ。今は外来種が多いが、大事な事は身土不二の考え方だ。昔は身体が具合悪くなったら田舎に帰って来た。田舎の味、食べ物に身体を癒すものがある。昔は味噌、醤油も自家製だった。
 未来型の食事はワントレーで食べている。内容は身体に応じて摂り、良く咀嚼して食べることだ。

 面白い事がいっぱいある。そして科学的に解けないことがある。Iさんのツアーで金山媛(ひめ)神社に行ったが、そこには直径1mの鏡がある。その鏡は酸化しない合金で出来ている。
 江戸時代の金属望遠鏡で錆びないものが長野県の上田市にあるがどうやって作ったのか分からない。重力があると固まってしまう。それは鉄砲鍛冶の国元長兵衛が作ったという。
 真空で無重力状態でないと出来ない。宇宙なら自由落下で出来る。それは宇宙でしか作れないものだ。実に見事なものだ。その技術が日本にある事は驚きだ。九州にあったという事実がある。

 ブラックホールをこの前、撮影出来たが、どうして予測出来たのか。銀河系の中にもブラックホールがあるはずだ。白鳥座の嘴の所、X星だ。そこが太陽のブラックホールと言われている。
 回転して動いている。もしも太陽がブラックホールになると3mの大きさになる。そこに吸収されていく。ブラックホールはX線を放出するが。それは吸収されていくので真っ暗に電波望遠鏡で捉えられた。そしてその周りに得体のしれないものが動き回っている。

 隣の星が爆発したら出る、幽霊電子がニュートリノだ。それを小柴さんが見つけた。カミオカンデで重水を入れてニュートリノが通過する時に水とぶつかると光る。形骸星雲の爆発した時にニュートリノが発生しているのが見つかった。それは地球も通過してしまうものだ。
 かつて小柴さんの所で講演会があり呼ばれたことがある。宇宙開発事業団でも浜松町で講演をした。1994年、私が40歳の時に京阪奈学園都市で講演会があり笑福亭鶴瓶さんがコーディネーターをしてくれた。
 私も年を取って最近は不徳を感じている。今年は65歳になる。未来へのこの考えを、あの世の世界の学びをしながら研究し、ボケを言って行くつもりだ。私もあと何年生きられるのか。死は確実に保証されているので、何も慌てる事はない。


2019年6月12日水曜日

1702「転ばぬ先の杖3」2019.6.12

 これから先、大変な時代が来る。北海道で地震があったが、近くに断層帯があるが二酸化炭素を減らす為に地中に埋めている。その二酸化炭素の埋入は日本各地で行われている。東京湾にも埋めてある。その埋入が原因で地震が起きている。この前、高崎駅で震度7の地震訓練に出くわした。
 先にP波が来て次に本震が来る。東京で震度7の地震が起きたらどうなるか、心臓に悪い。自己管理をして、地震予知をしていく事が必要だ。地震ではノイズ、電気が走る。土中を走るメートル波で力をマグニチュードという。岩盤の硬さで、震度を測定する。地中に10m位のパラボラアンテナで地図に繋げて測定出来る。

 どういう対策が考えられるか。たいしたことが無いと思って対応しないのが一番怖い。100%助かる事は難しいが、逃げる先を知っておくことが必要だ。これから大変な事が来るが、事が起きてからでは遅い。
 地球で特に日本列島で生きる上で、ここでは地震が起きやすい。台湾でも震度7が起きたが、何が安全なのか。人の言う事を信じないこと。安全なもの無いので、自分に必要な事を学んでおくことだ。参考になる昔の人の言い伝えがある。

 盤座(イワクラ)には地震を納めるラインがあり、そこから見えて来る。東北の方は津波到達地の石を残している。今作っている防波堤はそのことなど考慮されていない。チリ地震津波は24時間で日本に到達した。しっかり理解しておくこと。今後、何も起きないという事は無い事を。

 会社で働いている人の食事はどうか。本人も子供たちも病気になる心配があるが、その因果関係が見えていない。そして食糧難にどうするか考えていない。いざとなったらスーパーで買える事では済まされない。食べ物を入手できなくなったらどうするか。
 米作りを農家で生涯何回作るか。1年に1回、1反歩で8俵取り、作り方を変えて行く。それを室内で栽培する。水耕でなく土を使う。液肥の選択が1番難しい。会津のKさんが液肥を作っている。今年はいちごを栽培すると言っている。これから液肥を皆で利用していく。

 仙台の一貫堂さんで漢方を作っているが、そこで新しいものを開発している。体内の生体物理学を話したが、体内は電気が流れ、栄養化学反応が起きている。浸透圧で濃度の薄い方から濃い方に入って行く。細胞に入り、熱エネルギーが出る。そして放熱するが、そこで不純物が出る。体外には尿として出る。最後に残るのがエネルギーで、発電する為の作用だ。
 それが滞ると発電しなくなる。又汚れが細胞内に満ちて、代謝しなくなると病気になる。それを取り除く事を考える。細胞内の物が外にどうやったら出たのか。濃度が濃い方から薄い方へどうして出るのか。
 金属イオン化したものを吸着すると、金属と同じ振る舞いをする。濃度に関係なく動く。癌細胞には金属イオンが溜まっている。それをどうして出すかがテーマだ。太古の水でそれを出すことが出来る。

 太古の水は活性化している。この水は1気圧高いもので、地球で生物が誕生した時と同じ地球の気圧のものだ。金属を吸着して細胞の外へ出す水がある。その当時、新しい生命が誕生している。その後に月が地球の近くに来て、地球が大洪水になり大きく変化した。地球の引力で月の氷が吸い寄せられ、その水が地球に降り注いだのだ。それで地球の海の水が海抜で2000m位増えた。
 その当時と同じ1気圧高い水を私が作った。その水が変化しない方法が出来た。その水を体内に入れると金属を吸着しやすい。太古の水を1000倍希釈する。てんぷら粉を太古の水に入れかき混ぜると金属に吸着する。
 ハワイの新谷先生がブロッコリーの硬い芯に活性水あると言っていた。原始的植物でジューサーで飲ませる青汁で癌が良くなった。その細胞水だけ活性化している。太古の水も同じに活性化していた。海洋深層水も活性化しているが安定しない。

2019年6月11日火曜日

1701「転ばぬ先の杖2」2019.6.11

 総会後の木内鶴彦さんの講演会の内容を簡単に紹介します。
 
「今年の1月28日に転んで脚の骨を骨折してしまった。医者に悪運が強いと言われましたが、ギブスをして大変だった。トイレは和式トイレは坐れないので駄目です。
 
 そんな中、色んな事が分かってきました。世の中は平和だなと思う。都内のホテルが予約が取れないのです。作晩もカプセルホテルしか取れませんでした。2泊で1万円位です。しかしこの平和は本当なのか?このままで大丈夫なのか?と思います。

 ある方にお逢いしました。名前を言えない方で、元総理で原発反対で新エネルギーの必要を考えていて、食べ物の事など未来に対して危惧しています。我々のグリーンガイヤの理念に感銘してくれました。過去に合った人達もここの理念の素晴らしい事に気づいてくれると良いと思います。
 今の異常気象は何が原因でなっているのか?自然界が異常なのか?いやそれは違います。海の汚染が進み、太陽光でそれが熱変換して、上昇気流が発生し、湿った空気が増えています。この様にして熱が増えると地球の他の所の熱を奪ってしまう。
 地球の平均気温は16℃で、赤道の温度上がると他の熱を奪うことになる。北極圏の方にその気流が流れ、寒気と湿った高気圧が日本の近海でぶつかる。赤道上での温度差が原因で台風の強烈なのが出来ることになる。しかしこの事をよそ事と思っている人が多い。

 これが頻繁に起きている。その結果、海苔が死滅している。海水温が上がり酸欠死になっている。昆布、ワカメも被害が起きている。自然を人為的に汚染した事が原因で発生していることだ。
 中国はお金に飛びついて産業をしている。そして公害を垂れ流している。その結果、地球環境が汚染されているのです。そこで酸欠で死滅すると困るものが出て来る。食物連鎖で海の恵みが山に運ばれている。それによって植物が栄養を受けられる循環が起きている。
 産業構造を作るのに、そこに着目していない企業が多い。食べ物は安全なのか?二酸化炭素が多くなると酸欠になる。酸素は軽いので上に昇り、重い二酸化炭素が下にたまり、それで酸欠で人間が死ぬ事が起きる。兎に角、海を汚さない事が大事だ。

 今の食生活は大丈夫なのか?化学調味料は安全か?自分たちが地球を壊し、地球に住めない環境にしている。これを何とかしないと駄目だ。他の星へ行く事では何も解決しない。 
これから起きて来る事が見えて来る。先ずエネルギー問題、放射能問題だ。原子炉を廃棄できない。電力会社には100年契約で国からお金が入ってくる仕組みだ。全て出来レースだ。
 学者にも理解出来る人がいて、森本雅樹野辺山天文台長はエネルギーはパラボラアンテナで太陽光を使う事で大丈夫と応援してくれた。今回、ブラックホールを探し出したのは、各地のパラボラアンテナに繋がっている事で出来た。
 地球でも汚染物を片付けられる。放射能汚染水、汚染土だが、土は水に溶かすと取り出せる。α線、β線の放射線だ。ソーラーパネルでα線、β線のものが紫外線を使って発電出来る。珪素を使って出来る。囲いをしてやると中で発電作用が起きる。汚染水で発電が出来る。
 問題は蓄電が出来るか。ホワイトカーボン、クリアーカーボンで長時間使える電池が出来る。それらを家電に使いコードレス化社会を目指す。電気を使わないと反対せず、コードレス化へ進めて行く。P社のNさんは反対してポストを外されたが、未来型村では使って行きたい。そのような構図を考えて村作りをしていく。

2019年6月10日月曜日

1700「転ばぬ先の杖1」2019.6.10

 2019年4月20日はNGOグリーンガイヤの新年度定時総会でした。木内鶴彦さんが代表で2007年4月にスタートした組織ですが、今年度で13年目を迎えます。
 定款にある会の目的は、特徴、事業は以下です。
 
(目的)
第3条 このNGOは、「人」という種が、自然環境のバランス及び生命体を存続させる役割を担っているという視点から、地球生態系が維持される環境共生型の産業構造と経済システムを研究・実験することを目的とする。
(組織の特徴)
第4条 この組織は、これまでの既成概念に囚われず、事業を通して検討し合い、組織の理解度に応じた事業を行いながら、前条の目的達成可能な組織に育つ、新しい考え方の組織とする。
第5条 この組織は、第3条の目的達成のため、次の事業を行う。
(1)①~③の研修会の開催
  ①『「人」という種が、自然環境のバランス及び生命体を存続させる役割を担っている』についての研修会
  ②地球生態系が維持される環境共生型産業についての研究会
  ③その他研修会
(2)傘下NGOの情報収集・管理・情報発信を行いネットワーク化を図る。
(3)傘下NGOの自立支援
(4)その他必要な活動

 総会での木内代表の挨拶がありましたので紹介します。
「先立つものをどう作るかを考えて、知的所有権で太陽光の特許を取ったが、グループですると怪しい団体と思われるので、今後は会社として進めて行く考えだ。今、話し合いの中で研究部門、発電部門などチャンスが出て来ている。
 元々の発想に戻り、グリーンガイヤで村で活用していくのが良いのではないか。家電での活用アイディアも知的所有権としてやったら良いのではと考えている。
 これまで色々と事業の邪魔をされてきている。ゴミ処理で炭素化をしようとして産廃業者の人にやられた。野辺山の天文台長に太陽光発電を勧められたが、しかし太陽光発電も潰された。行き着くところに問題が出て来ていた。
 今考えている事は、ペットボトルの処理で密閉した炉の中で熱分解させる。それをカーボンに変化させること。そして石油製品は気化し冷却させて石油に戻せる。そのシステムの研究をすることを会社の中に作りジョイントしていくやり方だ。
 2000年に宇宙船地球号でスタートしやがてグリーンガイヤになった。某元首相が私の考えに賛同してくれていて、可能性が出て来ている。段々と準備が出来て来た。これから本格的にやって行く必要がある。某元首相も背中を押してくれている。
 私も今、一生懸命動いてやっている。皆さんも未来へのアイディアを出してくれると予算の付け方が考えられる。今年も宜しくお願いします。」

 これまで木内さんの基本的な考え方、生態系を守り、循環型社会の社会実験の村作り構想を中心に活動していくという会の目的に共感し、仙台でも設立時から手をあげて会員の皆さんと共に連携してこれまで活動してきています。願わくはより具体的な実績、成果が出来ればと思うのですが、木内さんの挨拶の様にこれまで中々に進展していないのが実情です。
 総会は議案は原案通り可決承認頂きました。私は今年度も理事長で木内さんのサポートをしお世話をするお役を頂きました。
 グリーンガイヤの12年は色々な変遷がありました。木内さんを中心にした会ですので木内さんの事業の進展が大きく関係します。今年は少し明るい兆しもありそうです。
 私達、仙台テンメイも13年目を迎えますが着実に成果を上げていて答えが出てきています。グリーンガイヤの委託事業の水耕栽培を行い、今年度はバケツ苗でのお米の栽培実験も始めます。これから来るであろう異常気象、食糧難に備えて準備をしておくことは必要です。何時でも木内さんの村作り構想に連動できる活動準備も出来て来ています。
 生態系の回復、食の重要性は語られるのですが実践が伴わない現実があります。転ばぬ先の杖は大事なことです。技術を会得し、仲間と共同で活動できる事も不可欠です。これからも仙台テンメイは横の繋がりを大事にして積極的に提案をして行きたいと思っています。

2019年6月9日日曜日

1695「新生3」2019.6.9


 雑用で買い物に出かけて、私がしっかりあわ歌の響きを受けさせていただいたのは3人目以降です。1人に約30分、2人を行い30分の休憩という時程で進みます。休憩の時の中山さんとの雑談が良い感じです。懐かしく穏やかなエネルギーが心地良いです。

 今回の拝受では以前の様に各自へのお言葉はありません。しかし、臨機応変に必要な方にお言葉、絵を書いて下さります。
 直接拝受されるあわ歌を脇で聞かせて頂きました。中山さんのあわ歌の声量は以前の様な力強さは無いのですが、響きはしっかり芯に届き、中心軸を振動させるものでした。素のエネルギーが拡がりますが、対面している方に必要な情報は発せられている様で、その方の今の状態に感応したあわ歌の響きです。何人か同席していると皆それぞれの響きが違う事が分かります。







 初めて中山さんにお逢いし、あわ歌を拝受した方も感動していました。想像以上の感応があった様で、頭でなく身体が魂が揺り動かされ、身体全体の共鳴共振があったようです。
 わざわざ東京からお越し頂き初めて中山さんのあわ歌を頂いたSさんから以下の様なメールを後日頂きました。Fさんは同行してSさんの脇で拝受いただいた方です。
「私もFさんも「圧倒的なエネルギー波動体験は今までになく感動しました」。
 予想以上の波動でパワーと質は、あわの歌の見えない存在様と中山博様のアンテナとして、人としての大きさも大いに関係していると思いました。
 あわの歌聞きに仙台までお伺いしたかいがありました。
 歌って頂いた中山様とセッティングして頂きました大久保様感謝申しあげます。」

 あわ歌の振動で身体の調整がなされ軽やかな身心になってきます。休憩中に中山さんと皆さんと話していると、「大久保先生のオーラが凄いのが見えます。」と中山さんが言います。えっ、と言う感じですが。あわ歌の響きに私はかなり活性化されていたのでしょう。「大久保先生の傍で触ってもらったらよいですよ。」とも言います。
 中山さんにこちらに来てみてくださいと呼ばれました。「あわ歌は歌わないですが前に座って下さい」と言われ音霊を発して下さいました。その時に以下のお言葉を書いて下さいました。
「立ちてのぼ(上)りて、大きなる広き身を、遥かなると繋ぎて、
 これよりの新しき生みいだされませ。全き新たの時なり。」2019.5.30


 予期しないお言葉でした。ありがとうございました。その後、歌会も順調に進みましたが、途中、Tさんはあわ歌の振動に身体が反応して暫し中座して横になりお休みしていました。かつて中山さんに初めてお逢いした頃の様な身体のバイブレーションがあったようです。全てが新たに成られた中山さんの新生の響きです。最後は皆さんと集合写真を撮りました。

 今回は今まで中山さんと縁して、その響きを受けた御霊に新生あわ歌の響きを送る事で、各自が持つ役割を稼働させ、各地で如何な働きを成すか、その様な自覚を促す意図があったのかとも思いました。用意が出来た所が令和の時に呼応していくスタートなのでしょうか。
 今回の5月12日の儀式の内容は分かりませんが、78日ご縁の全国各地で皆様に「白き」をお伝えに成ったあと如何なのか、お役目ご苦労様です。
 いずれにしても平成から令和への変化の時に、強制的にリセットされ、諸々の想い依存を放ち、リニューアルされたのかと思いました。これから中山さん身体の回復によって果たして如何なるお役目を果たされるのでしょうか。全てはお任せ、任天の様です。

 皆さんとお蕎麦屋さんで談笑しながら楽しい夕食を美味しく頂きました。
 中山さん、「これからも皆さんと共に参ります。」との事です。益々の健康、本願成就を念願いたしております。

2019年6月8日土曜日

1694「新生2」2019.6.8

 その後、私は中山さんにお会いする事は無く、Oさんから以下の中山さんのお言葉をお知らせ頂きました。

2018年8月8日
「いいんだ いいんだ それでよい 
 本当のその身となりて 次へまいる 
 全ては出した よくやった
 ひとつとなって あたらしきへ 
 ただただの まこと 一心にまいろう」

8月30日
「さあ さあ さあ いざ いざ いざや まいりましょう  
 この時なり これよりぞ皆々様
 それぞれ立ちて ただ ただ 立ちて うたいて 響く 
 ただ ただ をこの時に それぞれの身のものとなし 
 一心に 進めてまいりて 新しきを 皆ともども ひとつに」

9月6日
「みなさま じっと じっと しずまりましょう 
 ただ ただ あなた様の 思いの中で 一心に」

9月7日
「何ごとも なしの 一晩ですか 
 ただ ただの すっかり なし 
 朝の目覚め 嬉しきなり」

 電話で何度かお話し出来ましたが、なんとも言い難い状況で呻吟、忸怩たる想いを感じられ、早い回復をお祈りするしかありませんでした。このお言葉の後に手術等をされた様です。しかし、令和の新しき御代を迎え、この様に回復され、新たな生命の力、息吹を頂ける機会を与えて下さった事は驚きです。

 5月30日のあわ歌会が決まったのは5月19日でした。ご縁の皆さんの周知したところ
長年あわ歌を続けて来た方々、昨年以降に天命塾とご縁を頂き中山さんのあわ歌に興味を持っておられた方々で直ぐに直接拝受の方は定員に達しました。その中でどうしても拝受を希望される方もいて急遽中山さんにお願いして8名での開催になりました。
 私と同様に、同時期に中山さんと縁して、諸々の世話をしてくれているTさんも直接拝受は無く他の方にお譲りしての同行拝受となりました。

 30日当日、13時開始でその時間に間に合うつもりでいたのですが、仕事が終わらずかれこれ30分遅れてしまいました。最初の1人が終わった所で会場に入りましたが、中山さんは思いのほか元気そうに見えました。昨年6月3日以来ですから1年振りの再会です。嬉しさがこみあげてきます。
 Tさんが言うには会場に来たときは真っ白い顔だったと言います。あわ歌を響かせている内にどんどん顔色が赤みを帯びてきて活性して元気になって来た様です。正直な所、もう中山さんが仙台にお越しになる事は無いのではないかとも思っていましたので、殊の外元気で驚きでした。すこし痩せていますが体力は順調に回復してきている様です。

2019年6月7日金曜日

1693「新生1」2019.6.7

 2019年5月30日に中山博さんのあわ歌会が仙台でありました。
昨年7月に病に伏されて、入院加療をされていましたが退院後リハビリに務められて復活をされたのです。素晴らしいことです。
 原因不明の痛みで腰の炎症があり精密検査をしても病因を突き止められず、炎症が進み骨の化膿した個所の切除、骨移植をされた様で大がかりな手術を2度行われました。
 未だに原因不明の様ですが症状は緩解して先ずは体力の回復に務められてきていました。声も発することも出来ない中からあわ歌を歌える様に訓練され新生されたのです。

 私の所に5月17日に中山さんの歌会のお世話をしてくださっているOさんから以下のメールがありました。
「全国の皆様へお知らせいたします。
 皆さま大変ご無沙汰いたしております。あわうたさんは少し遠出ができるくらいにお元気になられています。
 様々なメッセージがある中で、5月12日に大切な儀式を終えました。
 その時のメッセージ 「~~~めぐりて みなされ これより七十八日 皆々に白きを伝えませ~~~」
 をもとに、七十八日の間に巡りを計画いたしましたので、現在の予定をお知らせいたします。(以下途中略)
 歌会の方法は、以前のようにお一人づつ対面で(できれば横になっていただいて)響きをいただきます。
 メッセージはありませんが、 5月12日に新たな音の伝えもあり、お一人様へのお歌の時間は以前より長くなりました。
 また、1日の歌会で、対面で響かせる人数は7名までとさせていただきます。人数に制限がありますので、その他の皆様は周りで響きを感じてくださいませ。
 参加できる歌会がありましたら、Oまで連絡いただければご案内させていただきます。
 七十八日が過ぎてからのあわうた会については未定ですので、是非この機会にあらたなあわうたの響きをご体感くださいませ。」

 早速、Oさんに連絡して今回の仙台での開催の運びになりました。
 最後に中山さんに仙台にお越し頂いたのは2018年6月1日の第56回あわ歌会で、翌日6月2、3日の毘沙門・妙見の巡り3で、秋田県から岩手県中央部の東西の横のラインを旅しました。そして次会、8月3日のあわ歌会を予定していたのですが中止に成ったのでした。その時の経緯は以下のOさんからの連絡にあります。

「全国の皆様       2018年7月6日
既にご存知の方が多いと思いますが、改めましてお知らせいたします。
7月6日 札幌の歌会で 新しい歌い方のあわ歌を録音した時に以下のお伝えがありました。
「お伝え申す 
このあわ歌のひびきは これよりも一層強きとなりて このうたう者にふりきたる
大きなるを受けとる身は ただただなるが 
この地にありて そのままにすごすは大きなる困難なり
故に かく申すこの身 かわりてうけて伝えゆくが
これよりはこの身のままにて受けられず 従ってこの身をはずしてまいる
あわ歌のひびきはみなみな様へと いづこにありても それぞれにとどけゆく
これより まことなれば 皆々に伝えて うれしきへ」
あわうたさんは その直後からガタガタと激しい震えがおき、なかなかおさまらず、その後高熱が出ました。また、以前から浮腫んでいた左足の痛みも伴って「初めて歌会を休もうと思った」と話され、9日までの札幌の歌会を休ませていただきました。
そして、相談の結果、ロシアのウラルの旅に備えさせていただきたく、8月5日までの歌会とツアーを お休みさせていただこうと思います。
突然ですが、どうかご理解くださいますよう お願いいたします。
その後の予定につきましては、ウラルの旅の後にご連絡させていただきます。
皆様にご心配と、お手数をおかけいたします事お許しくださいませ。」

 残念ながらこれ以降の中山さんの活動は全て中止になったのでした。

2019年6月6日木曜日

1692「大祓い5」2019.6.6

 その天津罪、国津罪をもう少し調べると以下の様な表記がありました。

天津罪とは、天に対して向けられた罪です。分かりやすくいうと天対人の罪です。噛み砕いていうと、つまり、天との契約においての債務不履行のことです。もっと簡単に言うと、怠け者の罪と言ってもいいです。
 国津罪というのは、人対人の罪です。刑法犯と大体イコールだと考えて下さい。身体・財産を犯す罪です。これは分かりやすいと思います。殺人とか盗みとか強姦です。

 一方、天津罪というのは、私たちは、予定されたスケジュールで生まれているわけです。
 生まれる前に、カルマの解消であるとか、魂の練磨のために、どこどこの誰を親にして、生まれてこういう困難に直面して課題をこなしていくということを、周りと相談して決めているわけです。だから、どうしようもない親のもとに生まれてきているのは、その親のカルマ解消を助けるためであったり、前世でできなかった遣り残しのスケジュールをこなすために効率が良いからであって、親はちゃんと自ら選んできて生まれてきているわけで、そのスケジュールを守らない怠け者というのは、実は、国津罪の3倍重いとされています。

 人を殺したり、強姦したり、財産権を侵害したりといった国津罪よりも、ひきこもりの怠け者のほうが3倍重いというと、ちょっと違和感を感じられると思われるかもしれないのですが、天の考え方としてはこうなのです。
 何か働いて努力すれば、才能が残ります。才能というのは、信仰心・芸術・学問の3つですが、この3つだけは来世に転生するときに継承できます。動いていれば、それは蓄積して残るのでプラスになるのですが、怠けていると何も残らないのです。これこそが重い罪であるということなのです。生まれてきているのに何の意味もない。こういうことをしていると、召還がかかります。」
https://ameblo.jp/shinsenroshi/entry-11847943025.html

「この「神」との契約違反を「天津罪」といいます。
 通常人は学校や、職場において、辛い事、嫌な事、誤解、差別など、色々な悩みを抱えます。職場、学校、家庭というシュチュエーションは、考え、悩みあぐね、その中から「学び」を得るための媒体です。自殺、ひきこもり、不労などは「怠りの罪」といわれ「契約の不履行」であり、最も重い罪に問われます。
 一方、国津罪とは、盗み、詐欺、殺人など、人間社会で一般に刑法で罰せられるような罪をいいます。強盗、殺人、戦争責任など、もちろん重い罪に問われますが、その過程において、学び、知恵をしぼり、体を鍛えたりもするでしょう。少なくとも怠りの罪よりは多少は救われます。
 以外と思われるかもしれませんが、宇宙的法則では、殺人者よりも、怠け者のほうが、罪は重いのです。それほど「神との契約」は絶対なのです。
 その昔、「神との契約」を破ったユダヤ民族は1900年もの間、流浪の民としてその罰を受けたようにです。
 つい先日、私は古くからの友人に会いました。彼女のあまりの無知、無気力に呆れてしまい「おんめぇよ、いまどきの頭の悪い女子高生でもGHQくらい知ってっゾ、少しは勉強せ。」と言ってしまいました。彼女は10年くらい前までは仕事をしていましたが、リストラの憂き目にあい(当然と言えば当然)、それ以来、全く仕事もせず、学びもせず、結婚も出来ないで、毎日家でボーっとして一日を終えているようです。生活は年老いた親に頼り、70を超えた母は働き、父は入院し、本人は「考える」という事さえせず、ぶらぶらしています。この罪深き彼女を私は「ぼうふら」と呼んでいます。そう、雨水の中で頭を水面につけ、体はいつもゆらゆらと揺れている、あのボウフラです。」
http://cosmo-world.seesaa.net/article/157859774.html

 これらの視点は如何でしょうか。これから起きるであろう変化の時に、果たして天変地異が起きて、その中で天にお任せして自分の使命、天命を生きて行く覚悟が出来るのでしょうか。日々の必要な己が行の中で身心を整え健全な営みに務めて行く、淡々と目の前の義務を果たしギブが出来たら素晴らしいなと思います。
 それが「じうしみの」概念の世界で、それは生体エネルギー理論の根幹の考えです。先ず「人のいのち、財産、想造を奪ってはならない。そして人類宇宙自然から求められること。己の能力を高め貢献すること。」を目指す。この前提の上で産業、技術が活用されています。いよいよその活用が必須な時代を迎えて来ています。

2019年6月5日水曜日

1691「大祓い4」2019.6.5

 イギリスがEUから出るかでもつれていますが、もう出るしかありません。戦い、議論する時期はもう終わったのです。出た後はどうなるか分からないので、成り行きに任せるしかありません。今は大分、静かになりました。
 トランプが米国を変えつつあります。金融、貿易、経済、安全保障ももうトランプがやった後、出て来た現実を受け入れるしかないのです。中国も受け入れるしかない。その中で何をするか。そこには良い、悪いはないです。今まで無理に無理を重ねてきた結果です。それが歴史の展開で、これから建て直すしかないのです。
 日本の企業は軒並み赤字決算で、お手上げの所が多いです。もうリストラは出来ないです。会社は何の為にあるのか。会社は株主の為にあり、株価を上げる為にあります。それがもう上がらなくなったら何の為に会社をするのかです。世の為、人の為の会社だったら良いのですが、その様な会社は今は珍しい。

 もうやり様が無いし、何をしても暴落し、経営が成り立たない。もう成り行きに任せる事しかないのです。それを別名、「漂流する」ということです。それは天に任せる事です。それは怖いと言えば怖いのですが、連れて行ってくれます。操縦かんから手を放せ、マイコントロールだ。国も企業も天が持っていく。あっと言う間に行くところまで行くことになります。成り行きに任せて、行った所が正しい所なのです。
 NSP(日本再生戦略フォーラム)ではこれまで日本再生の提言をしてきています。漂流の後にこんな国になるぞということで、当て嵌まる新しい世界を5,6年前から言っています。
 人生はダイナミックで、歴史もダイナミックです。法律や屁理屈では収まらないものです。1+1が5になり10になりマイナス10になったり、幾つに成るかはその時次第なのです。兎に角、生きている事が大事です。

 全てはその後から始まるので適宜して行くことです。物理学も何でも適当に自分の実力次第で使っていくことで、そういう逞しさが大事です。
 これからその時代のリーダーの交代が起きます。新しいリーダーにはプーチン、トランプ、キムジョンウンはそうです。どんどんと行き、建て直す。ヒラリークリントンや銀行の頭取、日本の政治家のトップは今、自分が立っている所から離れるのが怖いらしい。もう阿鼻叫喚です。最初は声が出るがだんだんで無くなり、やがて流されて行くのです。

 リーダーが変わって行きます。今から700年前に40年から50年続いた乱世の事を書いたのが太平記です。そこに良い事が書いてあります。「天と地は誰に取っても公平だ。」と。
 それが分かって上手くやって行くことです。そこには歴史を紐解いて書いています。何をすると成功し、失敗するかです。今まさに太平記の時代に入っているのです。」


 この後、時事になりましたので省略します。
 講演の中で天津罪、国津罪の事がありましたが、今回、藤原さんのお話を伺い新鮮な驚きを受けました。これまでの私の認識はウィキペディアにある以下のものでした。
「大祓では、『古事記』や『日本書紀』に記すスサノオが高天原で犯した行為であるゆえに、天津罪をわけるとされている。しかし、全て農耕を妨害する人為的な行為であることから、クニ成立以前の共同体社会以来の犯罪との説もある。
・天つ罪とは:畦放 溝埋 樋放 頻蒔 串刺 生剥 逆剥 屎戸 許多の罪を天つ罪

 国津罪は病気・災害を含み、現在の観念では「罪」に当たらないものもある点に特徴があるが、一説に天変地異を人が罪を犯したことによって起こる現象と把え、人間が疵を負ったり疾患を被る(またこれによって死に至る)事や不適切な性的関係を結ぶ事によって、その人物の体から穢れが発生し、ひいては天変地異を引き起こす事になるためであると説明する。
・国つ罪とは;生膚断 死膚断 白人 胡久美 おのが母犯せる罪 おのが子犯せる罪 母と子と犯せる罪 子と母と犯せる罪 畜犯せる罪 昆ふ虫の災 高つ神の災 高つ鳥の災 畜仆し蟲物する罪 許多の罪出でむ」

 そして現在の神社本庁で用いられている大祓詞は、完全な文体ではなく、消されている詞があるそうです。それは、天津罪、国津罪についての箇所なのです。なぜ消されているのかというと、1つに、時代に合っていないということ、2つに国津罪に差別的表現があるということから、カットされているとのことです。
 しかし私にはこの天津罪、国津罪の藤原さんの言う様な正しい理解無くしては、これからの激変を生きるのは片手落ちで無理があるのではないかと思います。

2019年6月4日火曜日

1690「大祓い3」2019.6.4

 日本で転変地異が起きるのは、新しい変化が始まり、形がなってからで、それは古いものを整理する為に起きるのです。
 令和は平成と大違いです。本当に天井が開いた感じです。天と通じている感じで、これからいよいよ大祓いです。
 天変地異には要注意です。土石流、津波等が流れ、土地の利用など全てがリセットされ、エネルギーが無くなり、食料が入らなくなったら、後は土地を開発するしかありません。それは大変なことかもしれませんが、長い目で見ると、人が家の中に籠りパソコンで坐り呆けていないで、本来、作物を作り、外に出て身体も頭も使い文武両道でやることが大事です。外へ出ないと生きていけないし、その時は大変でもこうしないと生きていけない。でないと罪、穢れが無くならないのです。

 金融も大暴落、大暴騰が起きます。それも祓戸(はらえど)の大神の働きです。株価を大きく値を上げてドーンと落として無くしていく。会社も流し、金融資産、投資した事も消えて行くのです。
 日本は歴史が古いので、これまで何回もこの様な事がありました。だから大祓いが年2回やられてきているのです。何も難しい事はありません。
 令和は厳しいものがきます。大祓いの強烈なもの来た時にどうするかを考えて行くことです。その時にもしも死んだとしたらご苦労さんでした、です。
 果たして自分が生き残るか分からない。しかし問題は生き残った時が大変なのです。生き残った人が後始末をしなくてはならない。次の再生の為に建て直しをしないとならない。ですから生き残った方が大変だ。天津罪、国津罪が無いような姿に建て直すことです。
 歴史的な大事件の中で建て直すのは、生き残った方が大変です。そのように令和は大変な時代です。その為には原理、原則をしっかりしておかないと出来ません。そこでは迷い、間違いをやってはいけません。
 天津罪、国津罪は全世界で起きますが、世界の中では日本は未だ良い方です。世界では宗教に名を借りて人を殺しています。他国に爆弾を落として難民として、彼らを不法移民にして自国に入れて自給1ドルで働かせている。あまりにも不浄なひどい事をしています。汚染だらけでひどい事をして罪だらけです。

 それは一気に来ます。全世界がほぼ同時に来ます。そこで何を悟るかです。東日本大震災でもそうでしたが、天の力の凄さを改めて知ることになります。
 天が一度、大道具を変えたら、私達はその天が持って来た大道具でしか、仕事も何も出来ないのです。そこを悟って行き、行動していく事が再生です。日本再生は罪の大祓いをし、その後に色んなものが出来て来るのです。
 あまり小さく考える事でなく、自分の小さな幸せに捕らわれず、大きく捉え大きな幸せを考えて行くことです。世界も同じです。その為にも原理、原則に戻らざるをえません。今、世界で行われている全てが茶番になり、悪党達のやり方もバレバレで、戦争も金融も進退窮まってきています。

 政治、経済の大峠は2016年位に越えたと思います。そこを境に古い時代と新しい時代が立て分けられています。その影響が足元に来るまで時間がかかっているのですが、今は政治経済の中枢に拡がっています。その先は原理、原則に戻るしかありません。
 しかし未だ彷徨っている様です。しかし敵、味方にこだわると、勝ち負けがはっきりした後に建て直す事ができなくなってしまいます。どうするか分からなくなります。お金にこだわっていると、お金が無くなった後どうしようもなくなるのです。
 二元論でしていると勝ち、負け共どうしようもなくなり、溶けて行くだけです。最後の雄たけびがこの3年位聞こえていましたが、もう聞こえなくなってきています。


2019年6月3日月曜日

1689「大祓い2」2019.6.3

 令和は激しい。おも苦しい天井が消えるのではないか。これまで何かがあれば最後はアメリカの言うままに、法律や日米同盟など、何かあればそれらの天井があり抑えがありました。
 これから解散総選挙で、恐慌です。平成が終わってそれらの天井が消え、すでに瓶の蓋が開いている状態です。これからは何かすると全部が変わってしまっている。たじろがず、どんどん前へ行くと、気が付いたら抵抗するものが居なくなっている状態です。世界情勢も金融も戦争の方も皆そうです。この時にルール云々の狭い世界から見ると間違うことになります。日本はこれからどうするかが問題です。

 日本には古い祝詞(のりと)があります。その話をすると、旧石器時代から日本には人が住んでいましたが、5000年位前に大陸から農業の人達がやってきた。そのころから日本に不思議な祝詞があるのです。
 神社で1年に2回、大祓い(おおはらい)が行われます。6月末の夏越しの大祓い、12月末の年越しの大祓いで、その大祓い祝詞があります。そこの中に興味深いことがいくつもあります。
 その中で日本での罪とは何かが書かれていますが、人を殺すな、人の物を奪うな、等の戒律とは違う事で、天津罪(あまつつみ)、国津罪(くにつつみ)と書いてあるのです。その意味、由来とは何か。

 天津罪とは、本来、開発すべき能力を開発していない罪です。例えば、そこに鉱物資源があるのに使っていない。技術開発していない。機械を作れるのにしない。天然資源が眠って居るのに有効活用していない。人の中にある能力があるのに開発を怠っていること。国として世界で活躍する能力、チャンスがあるのにしなかったことです。
 国津罪とは、人の能力を発揮するのを邪魔することです。例えば、田んぼで稲を作れて食べられるのに、栽培せずゴミ捨て場にすること。人がやろうとすることの足を引っ張り邪魔すること。循環型社会にすると世界の多様性を活かせるのに、これを潰してしまいしないこと、など。
 本来ある能力を発揮しないで、邪魔することが天津罪で国津罪なのです。これらの役割をしないでこの罪を犯すと、その為に起きて来る事が書いてあります。この罪のお祓いをする祝詞ですがそこに四人の神様が書かれてあります。

 最初の神様は瀬織津比売(せおりつひめ)です。この神は土石流、津波を起こして山の上から流れ落ちてきて海まで押し流してしまいます。次の神様は速開津比売(はやあきつひめ)で塩の力、塩分の塩の力で罪を消し、次の気吹戸主(いぶきのぬし)の神は地獄に落とすのです。そして速佐須良比売(はやさすらひめ)が地獄で待っていて罪を消滅させるのです。
 この4人の神様で天津罪、国津罪の穢れが無くなり、いつも宇宙もこの世も綺麗ですよ、ということなのです。

 何故、世の中が乱れ、滞り天変地異が起きるのか。世の中で本領発揮すべき事をしないで、その邪魔をすることで、人も、土地も会社、国も自然もおかしくなってくるのです。それらは天津罪、国津罪の結果の現れで、平成の時代はまさにその罪だったのではないでしょうか。

 これまでは新しい事をしようとすると邪魔をして一切させていない。会社の株価を上げる為に従業員の首を切る。能力の発揮も無く、皆、灰燼に帰して、ロストジェネレーションと言われています。まったくの足の引っ張り合いです。農地も農地らしく使わずに太陽光パネルを作り、放射能をまき散らしてきていました。まさに天津罪、国津罪です。これから本当に大祓いが起きると思います。

2019年6月2日日曜日

1688「大祓い1」2019.6.2


 先の当ブログ「1687日本再生5」まで2019年4月19日第41回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会での藤原直哉さんの講演を紹介しました。引き続き2019年5月18日第42回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会で前半/藤原直哉理事長の時事解説・時局分析の講演を紹介します。
 次の内容でお話し頂きました。今回ここで紹介するのは(1)令和が始まった、の部分だけです。
(1)令和が始まった
・世を覆う重苦しい天井が消えた
・今までの天津罪・国津罪のお祓いが厳しいだろう
・日本の世界も原理原則に戻るとき
(2)世界の戦争危機
・最大の焦点は6月上旬のトランプ政権によるパレスチナ和平案の提示
・イランに一番敵対的なのがイスラエル。その代弁者の米戦争屋
・偽装作戦のために戦争が始まる可能性はある
・勝負は既にロシア・イランの勝ち
・次は世界からいかに米戦争屋が撤退するか
・日本を含めた世界全体の地政学的大変動
(3)米中共倒れと日本の溶解
・米中関税戦争で米中共倒れ
・どこまでも利下げしないFRBと世界の金融危機
・日米通商協議の行方
・日銀のほふく前進しかない日本と円高株安
・夏の国政選挙が内政の山場
・冷戦崩壊後の日本のシステムの溶解
・政治も経済も膨張主義の破綻と足元からの立て直し
(4)できることは何でもやるべき時代
・学者の壁が突破されて青天井、間仕切りなしの時代
・存在することに価値がある時代
・改めて教育から始まる国づくり

 藤原直哉さん講演
「今日は令和の最初の勉強会です。令和はどんな時代かについて思う事も話したいと思います。
 今の天皇はとても真面目な方で、愚直に真面目で一切を疎かにせずにきちっとやって行き、揺るがない方です。もう憲法改正も無いので、要の天皇が動かないので後は国民が如何に頑張るかです。
 令和は平成に比べると全然に違い、よっぽど激しい時代になります。令和の令の字は,人が跪いて神の声を聴く、という事で、元号に令の字が出たのは初めてです。それは人間の決り事では収まらない事です。

 面白い事に今年は藤原不比等の没後1300年忌です。藤原不比等は日本に律令制度を入れた人です。律用や法律の様なものが独り歩きすると、この国は上手く行かないのです。その国によって姿は違いますが、日本は治めずして治まる国で、国も地方も余計なルール、法律を入れない時の方が活発です。
 平成の日本は、その日本の良さが消えた30年でした。明治時代も西洋のルールの中に入れて合わせたのですが全然合わなかった。江戸時代も中国式にして身体に合わない服だった。これまで300年、400年近く身体に合わない服を着て来ている。いよいよその服を脱ぐ時です。

2019年6月1日土曜日

1687「日本再生5」2019.6.1

 71年のニクソンショック、85年のプラザ合意と同じように突然円高が始まります。そのことを知ってインサイダーをするか。竹下はそれで3兆円儲けました。トランプはドル安で金融を壊すつもりだ。1ドル50円の固定で10年する。保護貿易で国内産業の大再編成をする。自分で決めてやるつもりです。
 目標50円です。皆は100円を切るとソワソワし、80円で顔色変わる。その影響でリストラが起きて不景気が拡がる。しかしリストラでなく構造転換が必要だ。先を見通しての戦略が必要だ。周章狼狽するだけだが、大混乱の中から次のリーダーが出て来る。日本は円高はチャンスだ。

 バブル崩壊し、安倍のスタートは株価8000円で、2018年24000円になり3倍だ。バブルが3倍になり、それがはじけてもう元に戻らない。株式、債券、不動産、経済。2008年のリーマンショック後は中央銀行のお金を入れて起こしたバブルで、こうなったらもう打つ手はない。
 日銀は140兆が600兆の資産規模になり、それだけお金を出したが暴落する。安倍が辞め、黒田も辞め、雨宮が総裁になるが、対応は無く匍匐前進しかない。それは自滅戦争だ。日銀は債務超過まで売られて実質破綻の自滅戦法になる。金融機関は債務超過になる。そして国有化するしかない。右から左へ動く事になる。預金封鎖は無いが、ハイパーインフレだ。弱者救済の為の巨額財政出動が起きる。

 自分の懐にお金が入れば皆OKだ。竹中もベーシックインカムを言っている。「れいわ新選組」を山本太郎が立ち上げ政策発表したが消費税廃止だ。今まで右に振られて、貧しい人を切り捨てたが、中道政党が無いので今度は左へ行く力学が働くことになる。
 デフレで1ドル50円時代はこうして潜り抜けることになる。全部が見直しになり、ダイナミックに動き、政治に新しい潮流が起きる。
 地域ファースト、世代ファーストで新しい力が生まれている。小池、松井等、別な人も出て来る。学門、序列と違うことで出て来る。一大粛清で政治が変わる。そこでは今までの利権は通じない。それが世界規模で来ることになる。
 中東でハルマゲドン戦争するが米国の負けでロシアの勝ち。そして米軍が負けて沖縄から帰って行く。NATOも壊れた。仕分けが出来てドーンと行くことになる。そして自国ファーストに各国がなっていく。中国ファーストは地域ファーストになり、EUと同じで分裂することになる。

 米国は国に帰える。そして壁で本土防衛する。そしてベトナム戦争、911のこと等本当のことを明らかにすることになる。日本でも明治の事、戦後の事も明らかにして決着をつける。日本は北朝鮮との国交回復が鍵になる。北朝鮮と友好関係を結べないと日本の外交は定まらない。その上で環日本海をしっかりすること。
 米国は州がしっかりしている。そうなると戦争屋からすれば悪夢の状況だ。これからは粗削り型の戦国大名型のリーダーが台頭する。世代ファーストで、ミレミアム世代で、90年代以降の人が一番悲惨で、覚醒してきている。色々とオープンに話せる環境が必要だ。

 変わるし、変えて行く必要がある。円高で日本に観光客が来なくなる。今、京都は観光で公害が大変だ。トイレ等のインフラが整っていない。それらを整え立て直す必要がある。
 バブル崩壊30年で日本はこれからだ。国が1000兆円の借金が出来た事は凄い。大混乱の後は、「令和」では日本は外へ出て行く。企業は分かれて行き、小さくしていく。戦後の財閥解体と同様に皆の動きがスムーズに出来る様にする。
 型にはまるリーダーシップでなく一元論で、クオリティーが高くなる必要がある。危機感の風を当てる事だ。「令和」は激しいが凄い年号だ。これから2年間が勝負。そして5年、10年で変わる。そこを駆け抜けないとならない。

2019年5月31日金曜日

1686「日本再生4」2019.5.31

 天皇は沖縄によく行くが沖縄にはものすごい秘密がある。それは潮満と潮干の珠で、龍が口の中に入れて持っている最高の武器です。その珠は悪魔を一瞬で亡ぼす潮満と潮干の珠です。潮満の珠は潮かさが増し、潮干の珠は減るものです。
 これは神功皇后に関係あります。応神天皇が神功皇后の息子です。太平記に朝鮮出兵の事が書いてあります。神功皇后が船団を引き連れて朝鮮に向かい、その時、国の真ん中まで海水が押し寄せ、襲い進んだとあります。最後の神が使う武器は津波なのです。
 「あとべのいそら」と言う神様で海底に住んでいる神様です。龍宮城は沖縄にあると言われ、そこから潮満、潮干の珠を借りて神功皇后が持って行ったというのです。
 津波が来たら大変だ。あまり変なことしているとそれで決着つくことになります。
「令和」の最初の2年でどうなるか分かります。大正から昭和に変わった時は3か月後に金融大恐慌が起き、それから2年で満州事変が起きています。
 2020年になると分かります。森ラクビー協会名誉会長が辞めました。未だにワールドカップの準備が出来ていないのです。もう既に「令和」の時代が始まっています。

 現実の話。米英日独仏加オーストラリアでは経済は不景気です。長期金利が下がっています。上がると経済良いのですが、唯一イタリアだけ上がっていますが、それはイタリアは左翼政権で中央銀行を国有化しようとして投資家が逃げているので金利が上がっているのです。
 米国の短期金利は1か月満期高止まりです。未だ金融引き締めが続いています。トランプは金利下げよと言っているのです。中国も駄目です。アメリカはドル安にして輸出を増やすことを狙っている。米国ファーストだ。
 FRBも簡単に利下げしたくない。リーマンショック並みの事が来るのを待っている。クラッシュ待ちで、金融高止まりで、やがて弱って来るのでもうすぐ来ます。

 増税を延期し金利を下げる事になるのは、時間の問題です。次のクラッシュから何かが始まります。
 外交交渉は結果が出る為にするもので、問題解決の為のものです。
 過疎化、高齢化対策でお金を出しますが、それが自分の利益に成るのでやるのです。政治家等は自分の金儲けでそういう政策をしています。それを作文が上手い人がやります。屁理屈でお金を出させるのです。ですから日銀、財務省の金庫は人脈と屁理屈でお金が出るのです。最終的に誰に出すか、それは人脈です。
 外交も同じです。軍備、貿易、温暖化も同じで、出す方も、貰う方も両方で金儲けをしているのです。その結果、今本当の交渉が分からなくなっています。

 米国は赤字を減らしゼロにしたい。他国とトントンにしたいというのがトランプの考えです。ですから日米間では米国が日本車の輸入を辞めるか、農産物を日本が輸入するかです。日本はトヨタ利権を守る為にやっているのですが米国はそれを許さないのです。ですから大制裁が来ます。トヨタが米国に工場を作ることにしましたが、それにトランプは、「おめでとうと」コメントしました。普通は、「ありがとう」というところです。

 後は為替で調整することになります。米中では中国への赤字は減り、トランプ効果がありました。良い悪いは別に、輸入を止める為に関税を掛けるのです。しかしゼロに成らないので最終的に為替条鋼を提案することになります。
 米国の戦争屋が日本についているのでトランプに強気ですが、しかしぶっ飛ばされてしまいます。物品協定だけでなく為替、サービスも入ることになります。参議院選挙前に交渉が始まりました。来週、財務大臣が出ますが、米国のライトハイザーは80年のプラザ合意をした人です。日本の後ろの戦争屋をトランプが叩き出したら、日本には何もない。何も出来ないです。満州の終わりの時と同じで時間の問題で何も出来ない。

2019年5月30日木曜日

1685「日本再生3」2019.5.30

 一元論と二元論があります。自分が正しく、成功しよう、良い悪いの二元論は物事を進める運動をする原理になるのですが、宇宙は元はひとつです。これから経営、政治は一元論が分からないと出来ないです。二元論は動かす為の方便でしかなく、全部はひとつ、右も左も老若も皆同じです。同じ船の上に乗っているので、そのことが分からないとリーダーが出来ないのです。
 二元論ゲームで行けるのは時代の大枠が決まっている時だけです。それをしていると、中で喧嘩をしているうちに全部なくなり、イギリスの様になり、国が無くなってしまいます。
 皆で未来へ行く道を作るのがリーダーです。一元論は天に通じる道が分からないと駄目です。天とイメージが通じていないと駄目なのです。ゲームに勝ち、良い事をし、学問が正しい、しかしそれでは成功しないのです。

 神はあるのか?と言っているがそれは間違いです。成功も失敗も1つでしかなく、所詮この世での神劇で、勝ち組、負け組のどちらもやる事なのです。自分の損得でするから駄目です。世の中の道、崩壊した大化けの日本を建て直すことです。その道にしないと太平和楽、持続可能にならないのです。
 その道を進むためには、この事が分かるリーダーでないと務まらないです。平成は二元論の分かるリーダーでゲームが上手く行った人を選んだのです。しかしその時代は衰退するしかありません。それでは天に向かって突き抜けないのです。次はそういうリーダーは一切いらないのです。
 トランプや、松井は人が選んだリーダーではなく、何処からか出て来た人達です。秀吉は乞食だった。北条も良く分からない出自だった。一元論の凄い時に、神仏がその人の後ろに見えるかどうかだ。だから学歴ではない。何が後ろに付いているかです。
 これから全世界が「令和」になります。

 ノートルダム寺院が火災に成りました。旧約聖書、新約聖書、イスラム経典は共通経典で、その中味はおどろおどろしい世界です。
 ノアの預言は神と契約をした事です。経済の事を書いていますが、7年で借金はチャラにしろとあります。50年に1度、お土産を付けて天に土地を返せと。貧しい人をほっておくと安住出来ないとも書いています。しかしモーゼの預言に反した事をしていたのです。
 気が付いたらずれている。神との契約を土台にやって来たのに嘘をやっているのです。もう有り得ない事をしていて、これでは終わりです。寺院の十字架が残ったので、最後は神が助けてくれるだろうが原点に戻る必要があると実感します。彼らは肚が座っていないので恐れがあるのです。

 ノストラダムスの大予言にノートルダム寺院の火災が書いてありました。今回その星の位置がぴったりです。これから第2幕のスタートだ。
 ノストラダムスは1555年に正夢を見た事を書いています。正しいか分からないが、どう西洋世界が終わるかが書いてあるのです。第1幕は911で終わり、次に出ているのは恐怖の大魔王で、テロが出て来た。そして第2幕がおそらくこれだ。あっという間に、あれよあれよでないのかと思う。
 ヨーロッパにとんでもない大津波が来る。米軍が中東で戦争して負ける。そして最後のハルマゲドンで負ける。米国の東海岸とヨーロッパが水没して無くなる。モーゼの預言に反して無くなったソドムとゴモラの時と同じだ。最終は隕石が焼け落ちた。


2019年5月29日水曜日

1684「日本再生2」2019.5.29

 今日は平成最後の勉強会です。平成の30年間で印象的な事は、自民党と東大が地に落ちた事です。天地が引っ繰り返って、ゆっくり落ちて来ました。世界的なエリート層が暴落してきました。米国もIBリーグの大学の不正入試で揉めています。英国もそうです。その中でトランプも大阪維新の会の松井もこれまでと違うタイプの人が今、世界を動かしています。
 このことは天地が引っ繰り返ったことで、これから面白い展開になります。常識に捕らわれず、学問が通じない時代です。戦国大名もそうだったのですが、彼らは仏僧を避けたから良かった。仏教などの既得権益を避けたのです。
 竹中平蔵はどっちに転んでも自分にお金が入れば良いというレベルだ。魑魅魍魎だ。日本は歴史が古いのでそんなことでたまげない。だから面白い。

 「令和」の年号は凄い。平成と違う時代です。「令」は初めて年号に使われました。この文字は、膝まづいて神の声を聴くという表意文字です。ここでいきなり神が出て来るのです。ですから物凄いものになるのです。
 パリのノートルダム寺院が焼け、皆が祈っていますが、それは将に「令和」の姿で良い事です。元号の出典は万葉集ですが漢字で書いてあります。そこには中国の影響があります。
 万葉集の巻きの1の1は雄略天皇から始まります。万葉集は既得権益でない人達が読んだ歌です。雄略天皇は既得権益者を粛清し、民を思う気持ちがあった方です。呉服を持って誘致した天皇です。これから全部大掃除です。民の事を思いイノベーションをする。そして悪は追放するのです。
 百人一首は天智天皇だ。元号が始まったのは大化で645年です。大化とは「おおばけ」です。中国の制度を入れたので化け物になったのです。今でも化け物で、その中に立派な人が出て建て直ししようとしたが駄目だった。争いばかりで明治以降は特にひどい。太平和楽にならない。縄文時代は戦争がなかった。

 梅の花が出て来ました。桜は春で、梅は政治の革新の事を言います。天皇が何をしたいかが分かります。大宰府と梅は菅原道真です。菅官坊長官はひどい。甘利や、外務大臣も神奈川だが皆ひどい。転じて梅です。大宰府の延寿王院に石碑があります。
 900年経って最後に明治維新が始まり、ここ延寿王院から大室虎次郎も京都へ向かったのです。これは南朝革命で元に戻したのです。しかし西郷が居る内だけでした。やがて道真の想いが実現する。世を覚醒させます。
 孝明天皇は岩倉と伊藤に殺されました。孝明天皇が令の字を使いたいと言っていたのです。その提案は高辻家で道真の直系だったのです。
 これで全部揃った。全部ひっくり返そうという事です。明治は全部嘘ばっかりで、大正は大きく正す意味だが短く終わり小さく正す位だった。

 もう一つは大本の出口なおのお筆先に梅があります。明治25年正月にある、「三千世界一度に開く梅の花」です。なお、王仁三郎は予言を書いています。こうして作り直すと。丑寅金神が、東北に埋められている鬼が出てきて立て替え建て直しをすると。立て替えは神の仕事で、建て直しは人の仕事です。
 準備をしておかないと間に合わない。神と学の力比べで神には叶わない。これから物理学が変わる。凄い事になります。

 米国の軍隊が撤退し、金融が終わり、建て直しが必要です。これからいろいろ出て来ます。「令和」はびっくりが多いが、良く見ると不思議な事ではない。視点が狭いと怖い。


2019年5月28日火曜日

1683「日本再生1」2019.5.28

 藤原直哉さんは稀有な能力をお持ちの新時代のリーダーです。私も2002年からワールドレポートを定期購読し、藤原学校に通って学ばせて頂きました。仙台にも講演に何度もお越し頂き、天命塾で濃厚なスペシャルなお話をご縁の皆様にいて頂いていました。
 藤原さんの活動は多岐にわたりますがNPO法人日本再生プログラム推進フォーラム(NSP)を組織され理事長として活躍されています。NSPは以下の様な内容で活動していますが、設立時に私も入会させて頂いています。

設立趣意
私たちは、日本の経済を真に活性化させるために、内需中心に十分に雇用があり、地方の繁栄、高齢化への対処、国際競争力の向上、温暖化問題への対処が同時に達成できるまったく新しい経済の枠組みを創造し、提言することを通じて、日本全体のあらゆる活力を高めるための活動を実践しています。私たちは、日本の経済が真に活性化するためには、新しい思想と技術のもとに日本の都市計画を抜本的に作り直し、まったく新しい日本の都市と田舎を作り直すことが必要だと考えています。そしてその地域固有の産業とライフスタイルを大いに振興させて、あらゆる地域の活力がみなぎらなければならないと考えています。

活動内容
私たちは目的を達成するために、次の種類の特定非営利活動を行います。
1、社会教育の推進を図る活動
2、まちづくりの推進を図る活動
3、学術、文化、芸術又はスポ−ツの振興を図る活動
4、環境の保全を図る活動
5、災害救助活動
6、地域安全活動
7、国際協力の活動
8、情報化社会の発展を図る活動
9、科学技術の振興を図る活動
10、経済活動の活性化を図る活動
前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言または援助の活動
https://nipponsaisei.jp/

 平成の最後2019年4月20日 第41回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会に参加してきました。午前の藤原直哉さんの時事解説・時局分析だけの参加でしたがその様子を紹介します。
 演題と配布されたレジメは以下です。
人間性尊重による偉大なる共生社会の実現ー原点回帰の日本再生/ 藤原直哉
(1)令和の日本 
・すごい元号
・令和の日本と世界に予感されること
・ノートルダム寺院の大火災
・潮満、潮干の珠

(2)始まった日米通商協議 
・利権分配のための協議ではなく結果を出すための協議
・米中協議では米国の対中輸入が著しく減少
・農産物、クルマ、為替
・第二次プラザ合意は不可避

(3)バブル崩壊と金融財政 
・バブルが崩壊して世界中で投資資金枯渇
・日銀の緩和に出口なし。実質破綻待ち
・政治は右から左へ大きくシフト
・弱者救済のための巨額財政出動へ

(4)政治の新しい潮流 
・地域ファースト、世代ファーストの潮流
・平成で天から地に堕ちた自民党と東大卒業生
・荒削りの戦国大名型リーダーが台頭中
・日本と世界の歴史の継承

2019年5月27日月曜日

1682「南三陸22」2019.5.27

 涌谷町の箟峯寺から仙台駅に向かいますが、最後のミーテイングを涌谷町の天平の湯の休憩所で行いました。ソフトクリームを食べながら皆さんの旅の感想を述べて頂きました。その内容を紹介します。

・S、Hさん:「予想以上に楽しかったです。6月の次回ツアーは既に申し込みしていますので宜しくお願いします。」

・F,Mさん:「昨日は海、今日は山。雪景色も見れて最高に楽しかったです。ありがとうございました。」

・I,Fさん:「皆さんがエネルギーが高くて、お陰様でリラックス出来た旅でした。ありがとうございました。」

・O、Mさん:「今回のツアーには木内さんが居て良かったです。以前参加した時は木内さんのいないツアーだったのです。色んな方と出逢い、話せて良かったです。多くの事が必然と感じました。又参加したいと思います。」

・G、Mさん:「木内さんは嵐を呼ぶ男です。一番印象に残ったのは震災復興した佐藤造船所さんを見学出来た事です。田束山の雪景色良かったです。」

・O、Hさん:「今回は体調が良くて、皆さんと巡れるのは楽しかったです。今回の海は私の地元で色々説明が出来て良かったです。」

・K、Hさん:「桜満開の所から参加してこちらはとても寒かったです。雪景色も良く、旅を満喫出来ました。」

・S、Uさん:「大久保先生の旅の企画と木内さんとのマッチングが良かったです。佐藤造船所さんが印象に残りました。佐藤さんの自然への想い、愛を感じました。これから生態系が回復していく事を願っています。それと田束山の雪景色がとても良かったです。すべてがありがたい旅で、お陰様で自己を見つめる貴重な旅になりました。」

・S、Aさん:「春なのに冬を味わい、海、山と満喫できました。大久保さんの話しを聞きたかったのですがあまり話せなく残念でした。でも平成最後の良い旅でした。」

・O、Yさん:「佐藤造船所の復活みれて良かったです。天候も変化あり、景色、食べ物も良く、皆さんの話しを聞けて良かったです。」

・T、Oさん:「ありがとうございました。運転手をして2日間、皆さんと話が出来て良かったです。その人しか持っていない内容を教えて頂けました。木内さんとも話せて、村での疑問も聞けて良かったです。これから実践して行こうと思います。」

・T、Sさん:「木内さんが俺も64歳だと言いますが何歳の時に出会ったのか。ずいぶん時間が経ち皆が年を取りましたが、今回は終わりの始まりで、平成と共に終える旅でした。 
 自然、宇宙、地球で起こる事々は相似形で、何かが現れる時は木内さんと一緒で、歪みあり混乱があります。前回は福島の昭和村でしたが木内さんの見た未来と現実との間をもっと真剣に考えないと駄目だと思います。しっかり自覚して、ただ楽しいだけのツアーで無く、もっと本気になる必要があるのではないか。これから皆で何をするかだと思います。今回はとても面白い集いだったし、意味のある事だったと思います。」

・木内鶴彦:「今年は変化の年です。平成の終わりで、これから不安もあるかもしれないが国民で頑張って行くことが大事です。どのようにして食べて行くのか、食の事も考え、産業構造もこれから大きく変わる。そうすると老後も自力で仲間内でやって行く事も必要な時代が来る。なんたってこの星は宇宙船地球号だし、ここの環境を良くしていく事が大事だ。 
 その為のモデル事業をして行きたい。そこでは今まで無い事、常識に無い事を楽しくやって行く。そして自然の中で学び応用力の効く学び屋にして行く。皆で学ぶ努力を自分でし、新しい村づくりをして行く。それは未来に見て来たからでなく、皆と意見を交わしてながらやっていく。
 それがいよいよ今年から始まる。それは間違いないのではないかと思う。これからも一緒にやっていきましょう。」



 仙台駅には20時頃に到着して解散です。実り多い旅を無事に終える事が出来ました。皆さまありがとうございました。次回は2019年6月7日木内講演会「待った無し!始めよう循環型社会作りをno2」、8~9日は「木内さんと巡る南東北巨石の旅1」です。ご縁の方の参加をよろしくお願いいたします。
6月7日木内講演会 http://genkiup.net/seminar/seminar333.pdf
6月8~9日は木内さんと巡る旅 http://genkiup.net/seminar/seminar334.pdf

2019年5月26日日曜日

1681「南三陸21」2019.5.26

 南三陸の巡りも最後の目的地になりました。遠田郡涌谷町にある箟岳(ののだけ)観音 箟峯寺(こんぽうじ)です。先の大嶽山興福寺で示した、遠流志別石神社、大嶽山と直線上に結ぶ箟岳山(ののだけ)にある観音堂です。ここは以下の様に紹介されています。

・箟岳観音 箟峯寺 遠田郡涌谷町箟岳字神楽岡1
「奥州三十三霊場第九番札所として有名な箟峯寺の所在地は、古来殺生禁断、女人禁制の聖地で、大門から一歩ふみこめば、罪人も捕らえられなかったと言われ、ただ一つの村外地でした。
 箟岳観音は奥州三観音の一つで、大同2年(807年)坂上田村麻呂建立と伝えられ、本尊は十一面観音像(秘仏)で、三十三年に一度ご開帳されます。前回は平成20年(2008年)にご開帳されたので、次回は平成53年(2041年)です。
また、1月には県重要無形文化財・白山祭が行われ、その行事の一つ御弓神事(おゆみしんじ)は稚児が矢を射てその年の天候を占います。
4月上旬から中旬にかけては『かたくり』の花が境内において見頃を迎えます。7月は石仏広場において炎の祭典・採燈大護摩供が執り行われ、箟峯寺一山総出仕のもとに「除災・招福・諸願成就」を祈願します。11月から12月にかけて山全体の紅葉が始まり、紅葉の名所としても有名です。観音堂手前の仁王門に安置されている仁王像は、その表情から別名「微笑み仁王」とも言われ広く愛さています。」


更にここはこの巡りの1日目に紹介した松島町の富山、石巻市の牧山と共に奥州三観音の一つで、この3点を結ぶと正三角形を形成しています。以下の「縄文時代早期の海岸線」の図にこの3観音を配置するとそれぞれ岬の先に位置しています。1200年前に坂上田村麻呂により建立された奥州七観音の内の三観音を決める地形的見立てが出来ていた事は驚くべき知識があったと推測できます。多くは蝦夷たちの聖地であり、そこを死守する為にそこで亡ぼされたのではないか。そしてそこを封印し鎮魂の為に観音堂を祀ったのでしょう。

 以下が奥州三観音、奥州七観音です。
 坂上田村麻呂ゆかりの観音像をもつとされる。以下が、「奥州三観音」だ。
・大仰寺(だいぎょうじ):富春山大仰寺、臨済宗 松島町、奥州三十三観音第7番
富山観音と呼ばれる。松島四大観の一つ(麗観)本尊は千手観世音菩薩、坂上田村麻呂開基、延暦年間の建立
・梅渓寺(ばいけいじ):両峰山梅渓寺、曹洞宗石巻市牧山の中腹、奥州三十三観音第8番
本尊は聖観世音菩薩(牧山観音)、無尽天全和尚開山、貞治2年(1363)創建
大嶽丸の妾魔鬼を征誅し供養したとある。牧山は魔鬼に通ずる
・箟峯寺(こんぽうじ):無夷山箟峯寺、天台宗 涌谷町箟岳山頂、奥州三十三観音第9番
本尊は十一面観世音菩薩(箟岳観音)、坂上田村麻呂開基、大同2年(807)建立
古来、殺生禁断、女人禁制。大門より一歩入れば仙台藩で科人を捕らえられなかった
 
奥州七観音と呼ばれるものがある。やはり坂上田村麻呂祈願のものと伝えられるようだ。
 大嶽観音(登米市南方町、興福寺、奥州三十三観音第10番)
 箟岳観音(上記)
 長谷観音(登米市中田町浅水、長谷寺、奥州三十三観音第24番)
 富山観音(上記)
 牧山観音(上記)
 小迫観音(栗原市金成小迫、勝大寺、奥州三十三観音第22番)
 鱒渕観音(登米市東和町米川、華足寺、奥州三十三観音第15番、馬頭観

 箟峯寺に着いた時が丁度17時でした。観音堂を参拝し奥の見晴らし台に向かいました。三郎杉、四郎杉、夫婦杉と巨大な杉が鎮座しています。「おくのほそ道展望台」からの眺望は格別で実り豊かな田畑が見渡せます。










 盛沢山な南三陸の巡りの旅を無事に全て終える事が出来ました。お陰様です。

2019年5月25日土曜日

1680南三陸202019.5.25


 次の目的地は登米市南方町の大嶽山(おおだけさん)興福寺(こうふくじ)です。以下の様に紹介されています。

「奥州三十三観音大嶽山興福寺 南方町の大嶽山には「大嶽の観音さん」と呼ばれ親しまれている 度重なる焼失で古い記録もなく由緒は不明ですが、一説では平安時代に一帯を支配していた豪族・大武丸(おおだけまる)を807年に征夷大将軍・坂上田村麻呂が討伐。その亡きがらを葬った塚の上に観音堂を建てたのが始まりと伝えられています。
 観音堂の内陣には、伊達家の紋章である「竹に雀」が施され、奥には33年に一度だけ開帳される「本尊・秘仏十一面観音菩薩」がまつられています。また、観音堂外側の板壁には、中国の「二十四孝物語」の彫り物が色鮮やかに刻まれ、休日には多くの観光客が訪れます。
 そのほか、観音堂の周囲には、薬師堂、白山堂、鐘楼、六角堂などがあり、それぞれ歴史を感じさせています。毎年4月には大嶽山春まつりが開催され、「稚児(ちご)行列」などが行われます。」

「奥州三十三観音 第10番札所 天台宗大嶽山興福寺は大嶽山観音堂が本堂です。
 寺伝によると観音堂は大同2年(807)坂上田村麻呂の創建です。坂上田村麻呂が奥州平定の戦いでの戦死者の遺骸を7か所に分散埋葬し、その場所に観音堂を建立したと伝えられている。その一つが大嶽観音堂であり、箟岳観音、長谷観音、富山観音、牧山観音、小迫観音、鱒渕観音と合わせて、奥州七観音と呼ばれています。
 開山以来、修験の道場として栄えてきたが、戦国時代兵火により焼かれ、一時中絶しましたが、元和2年(1616)現在の亘理郡山元町坂本より来山した修験僧永盈(えいよう)和尚が別当となって荒廃した寺塔の復興にあたり中興の祖となりました。
 当地方が伊達政宗の所領になってからは佐沼は要害の地として、家老津田豊前景康の領地となりました。津田氏は大嶽観音の名跡を重んじ、深く尊崇に勤めました。四代晴康の時、伊達綱宗の祈祷所になった。
 宝永5年(1709)落雷により再び焼失したが、伊達綱村により再建された。
 もとは羽黒山に属したが、明治維新となって神仏分離令により興福寺と観音堂は一時分離されたが、昭和15年観音堂は再び興福寺に帰属し、以降は興福寺の本堂となりました。
御本尊十一面観世音菩薩は五尺四寸五分(167cm)台座と後光合わせて十尺(300cm)の木造です。宝永7年(1710)仙台北山覚範寺門前の仏師次郎左右衛門の作です。
脇侍には不動明王と毘沙門天が祀られています。
 秘仏で、次の御開帳は平成29年(2017)7月15日~17日です。
 観音堂外側の板面には、中国から伝わった古今の二十四孝物語が六枚、彫り込まれ、その欄干には、十二支が彫られて、堂の方位が示されている。 中国の二十四孝物語は江戸時代寺子屋で日常生活のしつけの教科書として使われておりました。 建築年代は宝永年間と推定される。
 六角堂は明治21年観音堂再建に先だって明治17年に建設されました。 屋根が六角形であることから六角堂と呼ばれています。 寺院には珍しい洋式建築様式を取り入れた二階建土蔵造り。 興福寺には観音堂、六角堂のほか薬師堂、白山堂、鏡楼、庫裏、があります。
このお堂の外壁にも絵が描かれています。興福寺には正門、赤門、黒門の三つの門があるようです。」

 田んぼの中に小高い山があります。それが大嶽山でここに興福寺があります。広大な敷地です。寺門を入ると直ぐ左手に六角堂が目に入ります。洋風な造りで二階の欄干の青色が目を惹きます。
 坂上田村麻呂に討たれた豪族・大武丸の亡骸が埋葬された地の上に観音堂が建立されていると言います。観音堂の壁画は見事です。一周してその絵の物語を回覧して学べます。
観音堂にもしっかりした階段の参道と山門があります。








 何ゆえに大和王権が俄かに奥州に触手を伸ばし支配しようとしたのかは多分に「金」に関係がありそうです。以下面白い記述がありますので紹介します。

「そういえば、一関でも大武丸の話がありました。それで、やっぱりこれは「金」もからんでいそうな話で。金くさい…わけです。
 そして、直線上に結ぶと、箟岳山(ののだけ)、大嶽山、遠流志別石神社(おるしわけいしじんじゃ)があった。遠流志別?これまたアイヌ語のような名前。ハイシワケと似ている。
遠流志別石神社境内に、黄金山神社も祀られているのです。やっぱり金なんですね。
 この先を北上すると一関、平泉です。
 大嶽山へ行く途中の道は、のの岳、黄金山神社を通ります。そうすると、大嶽山の森の感じや雰囲気が、のの岳に良く似ていると思いました。大嶽山という山名からして何かありそうです。しかも、この寺社のそばに「石神社」というのもあります。」

https://blog.goo.ne.jp/inehapo/e/e0ca1f8372a1ff7ed11b74cc4fec0824

2019年5月24日金曜日

1679「南三陸19」2019.5.24

 次の目的地は登米市石越町にある遠流志別石(おるしわけいし)神社です。以下の様に紹介されています。
 
・遠流志別石神社(おるしわけいし)      登米市石越町北郷中沢81
「宮城県登米市にある。石越駅の西3Kmほどの北郷字中沢に鎮座。4号線から北へ入った場所。小学校の西。緩やかに下る道路の脇に参道入口がある。
 参道を歩くと、鳥居があり、鳥居の右手に、「金華山 黄金山神社」と扁額に書かれたもう一つの鳥居が建っている。奥には、黄金山神社と刻まれた石碑。
 参道をさらに進むと境内。境内の奥に社殿があり、拝殿の後方に、流造の本殿。本殿の後方に、三個の岩が転がっており、注連縄が掛けられていた。当社は、通称「石神様」と呼ばれており、この岩が御神体なのだそうだ。
 和銅二年(709)、巨瀬麻呂蝦夷征伐のおり、従者であった近江国栗田郡の建部氏が本社を再興し、代々奉仕してきたが文治五年(1189)藤原泰衡滅亡に伴い社殿退廃。
 安永年間(18世紀後半)田辺希元の調査により式内社・遠流志別石神社であることが明らかとなり天明六年(1786)、小野寺新右衛門によって再興された。
 祭神は、倭健命(日本武尊)。異説として、邑良志別君の祖神を祀るという説もある。」 

「遠流志別石神社縁起
 遠流志別石神社は登米郡石越町北郷字中澤に鎮座し、縁起式内社栗原七座の一つと言われ、古くから石神様と呼ばれ広範囲に亘って篤く崇拝されて来た神社である
 古書によると景行天皇の皇子日本武尊東征に際し、伊勢の御姨倭姫命が天照皇大神より伝わる明玉を尊に「之を頭上に戴き赴くべし」と授けた。やがて東国を平定するに及び明玉は霊石と化したのでこれを祀った。この霊石が子石を産み五十の数に別れた故にこの地を石子石の里と名付け、後に石越となったこれが石神社の起りとされ石越の名の由来となっている。
 これとは別に神社東方の丘から産出する礫石が風雨に晒される事により、小石塊を周囲に散らしあたかも石が子を産んだ様相を呈するのを見て自然崇拝であった当時の住民はこれを神として祀ったものと推察されるという説もある。

 遠流志別=オルシベツ=とはアイヌ語で「大きな川の流れの側」を意味している。
 古代石越丘陵の北面一帯は大河の如く中田方面に向けて蛇行していたものと思われ、その流れの側にある富崎周辺の地名になったと想定される。
 その根拠として続日本紀巻七に霊亀元年十月陸奥蝦夷のオルシベツの君宇蘇弥奈(遠見
邑=富崎=に住む住民の長で爵位第三等)が香河村(岩手県胆沢町か)に移り住むことを
願い出て許された。という記載がある宇蘇弥奈が移住した後も遠流志別石神社として信仰されて来たものであろう。
 文治年中社殿荒廃し伝承の文書も失い、ただ石神明神と称して来たが、安永年中仙台藩儒者田辺希元の調査に依り遠流志別石神社と判明した。天明六年中澤の住人小野寺新右衛門社殿を再興し、寛政七年社地を献納文化元年拝殿を造営した。天保十一年正一位に明治六年郷社に列せられたが昭和二十一年社格は廃止され今日に至っている。
 ここに改めて縁起のあらましを記して後の世に伝えんとするものである。」

 この神社の社殿の奥に不思議な石が祀られています。三方を石の塀の様に囲い、中には左程の大きさで無い、1m弱程の長さの石が鎮座しています。果たしてこれが上記にある御神体の石神様かも知れません。
 かつては蝦夷の地で大和王権に支配されてこの様な形で神社として祀られてきているものです。石神様が神籬として如何様に働かれているのが、取次の霊能者がおられるのか・・。









2019年5月23日木曜日

1678「南三陸18」2019.5.23

 午後の最初の目的地は登米市東和町米川にある竹峯山華足寺です。以下の様に紹介されています。

竹峯山大悲院 華足寺          登米市東和町米川字小山下2
「竹峯山大悲院 華足寺は真言宗智山派智積院の末寺であり、本尊は馬頭観世音菩薩である。坂上田村麻呂祈願の奥州七観音のひとつと伝えられる。
 華足寺の山門は、寛政11年(1799)伊達家9代周宗公の祈願により建てられ、210年以上の歳月が立っている。平成4年10月、県有形文化財に指定された。
 屋根は前に数回修理され、更に昭和51年に全部ふき替えした。その他は全部元のままの姿で、棟の魔除けの龍は対になっている。今日の日本では出来ないといわれる逸品である。

 寺伝によると807年(大同2年)、坂上田村麻呂が蝦夷征討で当地を訪れた際、戦没者の霊と戦死した愛馬を慰める為に馬頭観音(馬頭明王)を勧請し、愛馬を埋めた塚の上に堂を造営したのが始まりとされる。以来、牛馬の守護神としてそれらに従事する者や関係者から信仰の対象となり奥州七観音の1つにも数えられた。
 平安時代には奥州藤原氏の庇護を受けたが、1570年(元亀元年)に焼失した。江戸時代には仙台藩主・伊達氏によって再興され、1661年(寛文元年)に4代・綱村から寺領を、1787年(天明6年)に8代・斉村から馬頭観音堂を、1799年(寛政11年)に9代・周宗から山門をそれぞれ寄進されている

・山門
 山門(楼門)の屋根は正面3間・側面4間、重層、入母屋造本瓦葺。過去数回修理され更に1976年(昭和51年)に吹き替えられたがその他は創建時(1799年)のままの姿であり、棟の魔除けの龍は対になっている。又、右には増長天、左には多聞天の四天王2神を配し、二階には十二支の守り本尊八神像を安置している。1992年(平成4年)に宮城県から有形文化財に指定された。

・客殿
 木造平屋建桁行8間、梁行5間、屋根は入母屋造、色瓦葺(もと茅葺)、石場建、玄関の間口は2間、奥行は5尺ほどある。建築年代は不明。特徴は玄関の位置が正面ではなく端に設けてあること、床面の向きが通常のものとは逆向きとなっていること、天井が竿天井であること、近隣では見られない欄間の造りとなっていることなどがあげられる。山門と同日に宮城県から有形文化財に指定された。

・馬頭観音堂
 馬頭観音は動物燐憫の守護仏であり、馬の霊場としては日本最古と伝えられる。古には三十数ヶ寺の末寺を有した名刹であったが戦国時代の戦禍により焼失した。現在の本堂は伊達斉村に再建された。1989年(平成元年)に東和町(当時)から文化財に指定された。」

 華足寺は坂上田村麻呂所縁の奥州七観音の一つで、奥州三十三観音の15番札所です。七つの観音堂の棟上げに坂上田村麻呂が立ち会ったと言い、この馬頭観音堂での棟上げの後に愛馬「郷黒」がここで亡くなったとあります。
 馬頭観音堂を建立された華足寺は24ヘクタールの広大な敷地を有するお寺です。境内には池があり弁財天が祀られてあります。何といっても山門は見事です。





 巨大な牛の鋳物があり、牛馬の守護としての馬頭観音の御利益を願っているのでしょう。
 馬頭観音堂には古い絵馬が張り付けられてあります。