2019年1月3日木曜日

1538「新築3」2019,1,3

 11月23日は晩秋の快晴の日和で仙台を朝出発して茅ケ崎駅に11時過ぎ到着です。乗り換えの東京駅は驚くほどの人で大混雑でした。駅に工務店の社長さんに出迎えて頂きTさんの新居に向かいました。取り壊し前の家とは天と地程の違いで、素晴らしい!の一言です。


 今日はTさんの近しいご縁の方々と工務店の社員さんをお招きしての完成見学会です。
20名ほどの方がお集まりくださり、見学と共に私から1時間ほど生体エネルギーの建築についてお話しをしてほしいとの事でしたので、「じんち」作りの建築の極々基本視点と建築資材の用途、目的などを簡単にお話ししました。

 お庭と外構は未完成ですが室内は申し分ない仕上がりです。室内の漆喰へのトワX効果は明らかです。家の外壁も漆喰でここにもトワXを使用しています。体験として屋外で飲み物で味覚の違いを感じて頂きました。
 先ず、敷地内と道路での違い、オーリングテストでも明らかに違いがあります。ジュースをコップに入れて敷地内と道路での違いは驚くほどの差があり皆さん驚きです。外壁の漆喰へのトワXの効果も体験して頂きました。トワXは直線10mの範囲へ放射エネルギーの効果を発揮します。壁からメジャーで10m測りその内と外での被害を調べてみると、これまた驚きの違いなのです。



 お話しの後は用意して下さったケータリングのランチを皆さんで頂きながら交流会です。
 美味しいサンドイッチを頂きながら雑談ですがTさんと、以前から顔見知りのHさん、Iさんなどと色々お話をしました。Tさんのお弟子さんの湯河原でご縁の杜をされているFさんも参加していてご紹介して頂きました。



 生体エネルギーの理論、技術は各自の必要度です。自分の目的達成の為に何が必要なのかです。単なる知的興味であっても良いのですが、深く学び活用するには具体的なテーマ、その達成の為というアンテナを出している方に響くもののようです。各自の翻訳度もありますが、縁があれば活用のチャンスは出来ると思います。

 12月に無事引っ越しを済ませられてTさんの奥様からお礼のメールを頂きました。ご縁が活かせていなければ、じんちとしての最悪の住宅に成っていたかもしれません。満足して喜んで下さり、お役立ち出来て私も嬉しき事です。この様なご縁の広がりが出来ていければこの世の中のれて劣化現象、公害の中でも各自の健康、運気も少しずつ改善されていくのですは思います。

 当日参加していたF、Rさんのフェイスブックの記事と写真の1部を紹介します・
「大久保直政先生の「生体エネルギー」の話を聞いてきました! それぞれが本来もっている遺伝子の力をONしやすい場や状態に活力を上げたり 身をおいたりすることが大切。だから毎日住まう家の生体エネルギーが高かったら そこから励起するエネルギーで心身ともに活力の高い状態で自分の力を発揮できる!確かに(^-^)/
 今日は天外司朗先生の新築の家の披露会🏡 生体エネルギー地場に基づいて陣地造りしたもの。その建物の中、そして外側に広がるエネルギーの力。実際に地場の中と外を身体で体験して納得。自然界の理を家づくりに取り入れるとこんなにも身体が軽やかになるのだなぁ(^-^)♪
 そしてそしてケータリングでは、大輝くんのエネルギーが高いecomoランチを頂き、身体で活力を体感した時間でした(๑˃̵ᴗ˂̵)」



  
  

0 件のコメント:

コメントを投稿