2019年4月14日日曜日

1639「シャーマン22」2019,4,14


・「因縁も後世の者たちが都合良く書き換えています。誠意をもって接することです。感謝と贖罪をしっかりすると良い方に導かれます。」

・「葬式は結婚式と同じになっていき、オリジナリティなものになるのが良いです。お金を掛けないアイディアを売るのです。未来はマインドコントロールが外れないと変えられません。」

・「やがてお金は無くなります。良くも悪くも、お金がなくて数字だけの管理社会になります。しかし数字は物の流通にあるので、管理社会でない善なる社会になっていきます。
 思考で善へ向かうのです。8000人の人の意識でその方向に変わります。死ぬまでやり続けることで、本気を出したら凄い力になります。いのち掛けですると大きく変わります。 
 何に本気を出すか?何かを変える。変えられます。その為に生まれて来た人で、神人は世界の宗教観を変えるつもりです。日本の宗教観を変えて死ぬ。私のバックの霊団は大きく、その覚悟です。それに見合った存在が応援してくれています。」

・「死後のカリキュラムが違います。それ相応で、自分の強い意識が無いと負けます。目的が無いと動けないです。自分がこう思う事をやり遂げる、その強い意志がある人が出来ます。選択の連続で個々に捉われることです。理想と現実が違います。」

・「教える事が反映されていきます。」

・「認知症は肉体の問題で、魂的には健全です。誠意をもって接することでないと、相手にバレてしまいます。全て分かってくれていると誠意をもって話すことです。相手は死んだらまともに成ります。」

・「神社にどの存在が祀られているか?そこは祭神が変わった1つの墓で、架空のものです。幽界に存在している嘘の世界で、リアルに存在し、人間界に影響するものです。
 人の想念で作られたものが龍神です。それと戦っても勝てないです。人間の念がエネルギーの大元で物凄い、強い力を持っています。水の神を拝んでいて水そのものです。
 龍神信仰の人から見ると、私は巨大な龍に見えます。こちらが本物です。龍神で無く水の神なのです。」
 シャーマニズムの作られたキャラクターの陰陽師の世界です。何の為に拝んでいるのか。身近な産土神はこの地を守って下さる。その事にありがとうで良いのです。御利益求めては駄目です。神社はポリスボックスと同じです。
 神社もピンキリです。神社の前にはイワクラがあり、昔は聖地だったのです。神社神道が出来てそこに祀られたのです。そしてそこに嘘を刷り込んだのです。そこでは結婚、病直しをビジネスにしています。霊人と自分の関りは別に考えることです。

 元々、拝み場としての場があったがそこを潰しに入ったのが神社です。東北は社の後ろにイワクラがあります。己のアイデンティティは縄文に行かないと分からないのです。仏教は嘘の嘘です。そこに真面目な人達が入っているのでたちが悪いのです。」


0 件のコメント:

コメントを投稿