2019年5月28日火曜日

1683「日本再生1」2019.5.28

 藤原直哉さんは稀有な能力をお持ちの新時代のリーダーです。私も2002年からワールドレポートを定期購読し、藤原学校に通って学ばせて頂きました。仙台にも講演に何度もお越し頂き、天命塾で濃厚なスペシャルなお話をご縁の皆様にいて頂いていました。
 藤原さんの活動は多岐にわたりますがNPO法人日本再生プログラム推進フォーラム(NSP)を組織され理事長として活躍されています。NSPは以下の様な内容で活動していますが、設立時に私も入会させて頂いています。

設立趣意
私たちは、日本の経済を真に活性化させるために、内需中心に十分に雇用があり、地方の繁栄、高齢化への対処、国際競争力の向上、温暖化問題への対処が同時に達成できるまったく新しい経済の枠組みを創造し、提言することを通じて、日本全体のあらゆる活力を高めるための活動を実践しています。私たちは、日本の経済が真に活性化するためには、新しい思想と技術のもとに日本の都市計画を抜本的に作り直し、まったく新しい日本の都市と田舎を作り直すことが必要だと考えています。そしてその地域固有の産業とライフスタイルを大いに振興させて、あらゆる地域の活力がみなぎらなければならないと考えています。

活動内容
私たちは目的を達成するために、次の種類の特定非営利活動を行います。
1、社会教育の推進を図る活動
2、まちづくりの推進を図る活動
3、学術、文化、芸術又はスポ−ツの振興を図る活動
4、環境の保全を図る活動
5、災害救助活動
6、地域安全活動
7、国際協力の活動
8、情報化社会の発展を図る活動
9、科学技術の振興を図る活動
10、経済活動の活性化を図る活動
前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言または援助の活動
https://nipponsaisei.jp/

 平成の最後2019年4月20日 第41回NSP時局ならびに日本再生戦略講演会に参加してきました。午前の藤原直哉さんの時事解説・時局分析だけの参加でしたがその様子を紹介します。
 演題と配布されたレジメは以下です。
人間性尊重による偉大なる共生社会の実現ー原点回帰の日本再生/ 藤原直哉
(1)令和の日本 
・すごい元号
・令和の日本と世界に予感されること
・ノートルダム寺院の大火災
・潮満、潮干の珠

(2)始まった日米通商協議 
・利権分配のための協議ではなく結果を出すための協議
・米中協議では米国の対中輸入が著しく減少
・農産物、クルマ、為替
・第二次プラザ合意は不可避

(3)バブル崩壊と金融財政 
・バブルが崩壊して世界中で投資資金枯渇
・日銀の緩和に出口なし。実質破綻待ち
・政治は右から左へ大きくシフト
・弱者救済のための巨額財政出動へ

(4)政治の新しい潮流 
・地域ファースト、世代ファーストの潮流
・平成で天から地に堕ちた自民党と東大卒業生
・荒削りの戦国大名型リーダーが台頭中
・日本と世界の歴史の継承

0 件のコメント:

コメントを投稿