2019年6月4日火曜日

1690「大祓い3」2019.6.4

 日本で転変地異が起きるのは、新しい変化が始まり、形がなってからで、それは古いものを整理する為に起きるのです。
 令和は平成と大違いです。本当に天井が開いた感じです。天と通じている感じで、これからいよいよ大祓いです。
 天変地異には要注意です。土石流、津波等が流れ、土地の利用など全てがリセットされ、エネルギーが無くなり、食料が入らなくなったら、後は土地を開発するしかありません。それは大変なことかもしれませんが、長い目で見ると、人が家の中に籠りパソコンで坐り呆けていないで、本来、作物を作り、外に出て身体も頭も使い文武両道でやることが大事です。外へ出ないと生きていけないし、その時は大変でもこうしないと生きていけない。でないと罪、穢れが無くならないのです。

 金融も大暴落、大暴騰が起きます。それも祓戸(はらえど)の大神の働きです。株価を大きく値を上げてドーンと落として無くしていく。会社も流し、金融資産、投資した事も消えて行くのです。
 日本は歴史が古いので、これまで何回もこの様な事がありました。だから大祓いが年2回やられてきているのです。何も難しい事はありません。
 令和は厳しいものがきます。大祓いの強烈なもの来た時にどうするかを考えて行くことです。その時にもしも死んだとしたらご苦労さんでした、です。
 果たして自分が生き残るか分からない。しかし問題は生き残った時が大変なのです。生き残った人が後始末をしなくてはならない。次の再生の為に建て直しをしないとならない。ですから生き残った方が大変だ。天津罪、国津罪が無いような姿に建て直すことです。
 歴史的な大事件の中で建て直すのは、生き残った方が大変です。そのように令和は大変な時代です。その為には原理、原則をしっかりしておかないと出来ません。そこでは迷い、間違いをやってはいけません。
 天津罪、国津罪は全世界で起きますが、世界の中では日本は未だ良い方です。世界では宗教に名を借りて人を殺しています。他国に爆弾を落として難民として、彼らを不法移民にして自国に入れて自給1ドルで働かせている。あまりにも不浄なひどい事をしています。汚染だらけでひどい事をして罪だらけです。

 それは一気に来ます。全世界がほぼ同時に来ます。そこで何を悟るかです。東日本大震災でもそうでしたが、天の力の凄さを改めて知ることになります。
 天が一度、大道具を変えたら、私達はその天が持って来た大道具でしか、仕事も何も出来ないのです。そこを悟って行き、行動していく事が再生です。日本再生は罪の大祓いをし、その後に色んなものが出来て来るのです。
 あまり小さく考える事でなく、自分の小さな幸せに捕らわれず、大きく捉え大きな幸せを考えて行くことです。世界も同じです。その為にも原理、原則に戻らざるをえません。今、世界で行われている全てが茶番になり、悪党達のやり方もバレバレで、戦争も金融も進退窮まってきています。

 政治、経済の大峠は2016年位に越えたと思います。そこを境に古い時代と新しい時代が立て分けられています。その影響が足元に来るまで時間がかかっているのですが、今は政治経済の中枢に拡がっています。その先は原理、原則に戻るしかありません。
 しかし未だ彷徨っている様です。しかし敵、味方にこだわると、勝ち負けがはっきりした後に建て直す事ができなくなってしまいます。どうするか分からなくなります。お金にこだわっていると、お金が無くなった後どうしようもなくなるのです。
 二元論でしていると勝ち、負け共どうしようもなくなり、溶けて行くだけです。最後の雄たけびがこの3年位聞こえていましたが、もう聞こえなくなってきています。


0 件のコメント:

コメントを投稿