2019年12月17日火曜日

1888「真向法全国大会10」2019.12.17

 琵琶湖にまつわる話題を紹介してきましたがそろそろ纏めです。古くからご縁がある木内鶴彦さんの見解を紹介します。そこでは琵琶湖に何か異変が起きると危ないと言います。

 要点は以下です。
12000年前、ポルトガル沖に巨大隕石が落下(巨大クレーターが存在する)、アトランティスが沈む。この影響で、日本では琵琶湖の辺りの地面が飛び出して、ひっくり返り、淡路島となる。琵琶湖は一夜にして出来たという伝承があり、天から滴り落ちて出来たオノコロ島が淡路島である。琵琶湖湖底の石と淡路島の山頂石は同じ種類で、12000年前のものである。

 著書からその箇所を紹介します。
「<『あの世飛行士は見た!? 歴史の有名なあの場面』、p77~p81から抜粋開始>・・・
木内 日本人だったらみんな気がついていると思いますが、琵琶湖と淡路島って似ていませんか。どうも気になってしょうがない。竹生島(ちくぶしま)というところは、拳銃の撃鉄のような感じです。何か起きるとしたらすごい出来事があったのではないかというのが1つと、なぜアトランティスが沈んだといわれているのか気になったんです。
 アトランティスとはいったい何か。エジプトとかギリシャですごい大津波があって、海の底に流されたという話や、クレオパトラ何世だか忘れましたが、彼女がそのころにアレクサンドリアにいて、大地震と大津波でやられたという話がありますね。断層があるので地震は起きてもおかしくないのですが、あんなところで大津波が起きたのか、どうも信じられないなというのがありました。
 そこで、もし限石が落下したらという話になりました。たまたま私の知り合いがNASAにいたので「隕石が落下したとしたら、クレーターがあるんじゃないか」とか、バカなことをしゃべっていました。そうしたら、ありました。ちょうど沖合、西側に300キロぐらいのところにクレーターがあって、そこにアトランティス大陸があったと思われます。ちょうど地球を挟んでほぼ真後ろの北半球、地球の地核をかすめるような形で反対側に行くと、なんと竹生島に当たるんです。あとは年代だよねという話になりました。年代を調べたら、今から1万2000年前で、両方とも一致していました。
 そうすると最初にドーンと落ちたときに衝撃波でストーンと抜けた。一番気になるのは、その後マントルがじわじわと波のように押し寄せてこないだろうか、あるいは磁界のようにして押し寄せてこないだろうかということです。押し寄せて、こちらの近くまで来るのにどのくらいかかるか。年に10メートルぐらいだとすると、計算的には1万2000年前というのはちょうど合うんです。
 一番考えたのは、竹生島の周りあたりで温泉が湧き出てきたらおもしろいなと。お湯が湧き出てくると気泡ができます。そういうことを言っていたら、3年か4年ぐらい前から湧き上がってきたんです。 だとすれば、そのくらいの速度で来たのだとしたら、そのエネルギーというか磁界のドリフトはどこに行くのだろうと話をしていました。ドリフトというのはエネルギーに対して90度でドリフトするので、今後はチリのほうか、ネパールのほうに出るという話をしていたら、その週のうちにチリで噴火がありました。

長 噴火はついこの間ですよ。
木内 あのころあったんです。2月。チリだよね。すごい大噴火です。一応、計算しました。
長 「そろそろ危ないよね」「そうだよね。ならなけりゃいいね」と言っていたら、本当に起きちやった。
木内 僕が生死をさまよって見ていた中では、そのエネルギーが外に放り出されて日本が大変なことになっているというところまではいっていなかったから、回避はしたんだろうと思いますが、ただ、結果を見てきたわけではないから。そのポイントは竹生島でしょうね。 あと、竹生島が芯だとしたら、周りに相当肥大したものが出てくると思います。そうすると、当然、地殻などに変動が起きてくるんじゃないかと思います。
長 ちょうどそれがフォッサマグナの西の端にありますから、あれにひっかかってしまうんです。
木内 別の見方をすると、要するに地球内部にそういうものがあるとエネルギーがどこかに放出されるんでしょうから、何か動きが出てきて地殻(プレート)を押し上げたりして、火山活動や地震活動が活発になっているんじゃないかなんてバカなことを言ったら、本当にバカなことになってきた。別に僕らは予測しているわけでも何でもなくて、ただ物理的に考えたらというお茶飲み話をしていただけだけれども、何かありそうだなとは思っていました。
長 去年の11月ぐらいに、霧島がそろそろ危ないけれども桜島のほうが嫌だよねとか、そういう火山の話をしていて、「噴火するならこの順番だよね」と言ったら、その順番どおりになった。最後は浅間になるけれども、その手前で箱根がぼちぼち危なくて、もしかしたら来年の駅伝は中止になるかもねと言っていたら、本当に危なくなっちやった。」

 琵琶湖、竹生島周辺に数々の兆候が見られますが果たして・・・です。

0 件のコメント:

コメントを投稿