2020年2月7日金曜日

1940「南福島巨石巡り11」2020.2.7

 長い引用でしたが皆さんと見学開始です。吉祥寺脇の県道に駐車をしてまず先に道路の脇から聳え立つ「御神楽石」を見ました。何段にも石が積み上げられています。自然の造形でしょうか?どう見ても出来すぎで人工的な印象が否めません。この巨石の頂上に社があります。吉祥寺ですがどう見ても神社なのですが。




 続いて参道から階段を上ります。以前はうっそうと樹木が生い茂って鬱蒼とした、雰囲気でしたが伐採されて光が差し、風通しも良くなり、社も新しくなり参道の階段も整備されています。
 不思議な蔓枝の這い方をした杉の木や石塔が見られます。御神楽石の頂上には石塔が立ち並んでいます。各所に名の付けられた名石があります。




  参道を下りて正面に見える立石、烏帽子石を見ました。方位を見ていますが人工的な物の様で、先の紹介文にあったように元々は3本の巨石が並んでいたようです。



 そして少し道路を進むと烏石山です。初冬で木々の葉が落ちてほぼ全容が見えます。巨大
な三つ石が鎮座していますが道路からは見えません。
  皆さんで鳥石山を登りました。枯れ葉で覆われていて道はふわふわで滑りやすくなって
います。木内さんも足元用心して慎重に登り切りました。手前の岩は楕円で中央部が割れている大満好石、転じて女石、弁天岩です。その岩の上に登り達成感で皆さんお喜びです。真ん中の庚申岩の上には弁才天の石塔があります。




  暫し岩のエネルギーを満々と頂き、くつろぎタイムです。風が出てきました。そこそこに退散になりました。下りは足元が一層滑りやすく要注意です。木内さんはサポートを受けての下山です。



 車で東側に向かい、田んぼを隔てて鳥石山の三つ石の全景を見ました。先に引用した写真は綺麗に三つ石が見えましたが、今回は少し木々に覆われています。しかしその全容は確認できます。右手奥には吉祥寺と御神楽石が見えます。




 三つ石は各所に見られます。今日午前中に訪れた二本松市の三ツ石稲荷神社の三つ岩。

岩手県盛岡市の三つ石神社の三つ石の巨石です。

山形天童市の剣龍山の三つ石

 三つ石とオリオン座の三つ星の関係は定かでありませんが、信仰形態のものなのか、エネルギー装置としての役割なのか興味深い遺構です。

0 件のコメント:

コメントを投稿