2020年3月25日水曜日

1987「神人ライブ1」2020.3.25

 2020年3月6日は今年最初の神人さんのライブでした。コロナウイルスCOBID-19騒ぎで世の中イベント自粛の中、開催を心配する声もあり、問い合わせ、キャンセルの方も直前に数名ありました。こちらも会場の環境改善に努め、数々の予防的手段を講じさせて頂きました。お陰様で楽しい中に、無事に開催出来ました。
 参加者は定員をオーバーする方々で嬉しい事です。開催から2週間が過ぎ、参加者の感染の様子も無く、神人さんとの善きご縁の機会になりました。そのライブの様子を紹介します。
 神人ライブは3部構成で以下の様に案内に紹介されています。

「~鎮魂浄化の音魂と祈り唄&祭り唄~
 1部は、響銅(おりん)・波紋音(はもん)・鈴など金属楽器を使った浄靈浄化の音魂ヒーリングライブ。
 2部は、各本人の指導靈より伝えられる今これからの貴方に必要なメッセージを届けるチャネリングライブ(希望制)。
 3部は、アコースティックギターやフレームドラムを奏でながら神人独特の祈り唄と祭り唄、異次元存在とのコラボレーションによるシャーマニックライブをどうぞ御楽しみ下さい。貴方を心地良く別世界へと御案内します。
※本物か偽物かはあなたの心の目で確かめて下さい。」

第1部浄音ライブです。60分間を浄霊・浄化の音魂で心身共に解放します。最初に神人さんから簡単な挨拶があり始まりました。
 「仙台は特別な所です。私にとって新しい事が始まるのがいつも仙台です。今日は新しい白の麻の衣装です。着心地、居心地が良いです。エネルギーが感じられ気持ちが良いです。この衣装は初のお披露目です。
 最近、私のエネルギーも凄く変わりました。パワーアップして遠隔で色々な事が出来る様になりました。ですから、今日はこの近距離ですから、皆さんにかなり効くのではないかと思います。ヒーリングライブですので眠くなったら寝てください。」

 照明が落とされ、数々の響きが多様な振動を発し、全身を委ねる中に心身がスッキリ、サッパリ、軽快な状態に蘇ります。ありがたい喜びの時空間です。あっという間に終わり休憩です。

 第2部のお伝えライブは大変好評で人気のライブです。「今これから貴方にとって必要なメッセージを御伝えします」というもので神人さんから1人1人にお言葉を頂けます。冒頭の神人さんからのお話しです。

 「皆さんのメッセージをこれからお伝えます。このメッセージは皆さんの指導霊の声が8割、9割です。私達は自分のチームで存在しています。例えて言うと、自分はピッチャーで、指導霊はコーチ、ベンチの監督が守護霊です。他のメンバーは近親霊です。このチーム全員で私をしているのです。しかしこの教育を受けていないので皆は自分は1人と思っているのですが、本当はチームの一員なのです。

 自分の思考は自分チームや過去生や、肉体のDNAから来ています。そして色んな霊人の影響を受けています。脳が全てを生み出すと思われていますが、脳は単に処理するところです。膨大な情報から選んでいるのが脳です。我々の役割は選ぶことで、それが課題なのです。
 自分チームの中には良い存在もいますが、落とし込めるものもいます。そのどっちの声を聞くかは自由です。ネガティブな情報を聞くか?今の世の中はネガティブ情報で多くの方が落ちて行きます。今がその大きな分かれ道です。精神的な意味で、果たして秋まで生き残れる人は何人いるでしょうか?
 人間は弱いです。毎日、同じような事を聞かされていると鬱になります。自分で何を見聞きするのか。自分で身体を大切にするのか、試されています。


0 件のコメント:

コメントを投稿