2020年5月11日月曜日

2033「今日の一言2」2020.5.11

・2017.4.12 神人 拝
人は本気になれば別人のように変われるもの。
一人の人が命懸けで本気で取り組めば、周りの人たちの心をも次々に動かしてゆくものである。
人は愛する人のためならば何人にでも変わるもの。
私利私欲ではない他を愛する強い思いの中で、命懸けで行動すれば奇跡的なことさえ起こせるものである。
愛するもののために生きることが、生きるもの全てにおいて共通の真の喜びであり、動物の本能には初めから愛が備わっているのである。
愛するものが多くなればなるほどに、生きるものはより強く命懸けで生きられるのであろう。真の強さとはやはり愛する思いの強さに等しい。
家族を 故郷を 国を 世界を 地球を愛する思い。
だから人は愛するもののために、変わることが出来るのである。

・2016.4.12 神人 拝
あなたを導く教師はあなたの周りに溢れています。
歴史上の人物や有名人、肩書きを持った人々の言葉ばかりが、素晴らしい訳ではありません。
あなたの両親の言葉。あなたの兄弟姉妹の言葉。あなたが愛する人の言葉。
あなたの友人の言葉。あなたの知り合いの言葉。過去のあなたが言った言葉。
幼い子供たちの言葉。本やテレビ・ラジオからの言葉。誰か解らない心に流れくる言葉。
動物たちの言葉。植物たちの言葉。自然からの言葉。地球からの言葉。宇宙からの言葉 …
あなたがどれだけの言葉を聞くことが出来る人なのか?
無限に与えられる教えの中からどれだけの言葉を受け止められるか?
活かすことが出来るか?ということなのです。
それは 己の靈性に応じた言葉しか得られないものでもあります。

・2020.4.14 神人 拝
〜時間の使い方〜
自分が何をすべきか?よく考えること。
死んで悔いの残らない日々の在り方を、みんながそれぞれに考え行動に移すこと。
時間が限られていると考え、時間の使い方を大切にすること。
時間に限りがあるとしたならば、何を優先すべきなのか?何が必要で?
何が不必要であるのか?取捨選択いたし生活改善することです。
生きる上で何が大切なのか?自身には何が欠けていたのか?本当はどうしたかったのか?
それぞれが考え行動に移すことです。
あなたがこの世界に生まれて、これまで生きてきた経緯を思い浮かべ、
出会った人たちや経験したこと、たくさんの思い出を振り返りながら、
良き人生であったかどうか?それぞれに考えましょう。
未来はどうなってゆくのか?すべては人々の心の問題なのです。
どう生きてゆきたいのか?手放すべきものを手放せるかどうか?
運命はまだ決まっていません。
仕事とは経済活動でありますがお金が必要な世界においては必要であり、
必要ではない世界では必要なくなります。本来 仕事とは喜びが広がるものなのです。
自分が本当は何をしたいのか?
思うだけではなく言うだけでもなく、それぞれに考えて行動することです。
生きる時間は限られています。悔いの残らない人生をお過ごし下さい。


0 件のコメント:

コメントを投稿