2020年6月7日日曜日

2060「時事時局4」2020.6.7

 ではですね、まずはこのウイルスの話なんですけれども、前のスクリーンを見ていただきまして。このサイトがですね、今中国国内の感染者の数とか死者の数を一番早く出していると言われているものです。私の知る限りですね、去年11月末くらいには、武漢で変なウィルスが発生していました。海鮮市場でですね、色々なものを売っている市場があって、そこから感染が広がっていったという話があって。去年12月後半には、もうかなり広がっていました。今の日本政府と同じで、政府が知らん顔をしていたのです。武漢政府が知らん顔をしていて、その時から言われているのは、政府が発表している数字は、実態とだいぶ違っていて。実態は、政府の発表の10倍〜100倍ではないかと当時から言われているのです。政府発表の10倍〜100倍が、本当の数字だろうと言われていて。
 そうすると、感染者が66,576人と言っていますから、実態は66万や660万人かもしれないと。死者は約1,500人と言っていますから、1万5千人から15万人。それくらいですと、辻褄が合うのではないかと思うのですよ。これがしかしですね、全然おさまる気配を見せていないのです。武漢市をロックダウンかけて、3週間が経ったのです。この赤色が感染者の数で、ここから減り始めたのですが、嘘をついたんだよね。嘘をついて減らしたから、統計を元に戻せと言われたらしいのですよ。そうしたら、こんなに増えたんだよ。ロックダウンをかけても増えているということは、いくつか理由が考えられますよね。即ち、近いところから感染しているケースですよね。地域内とか家庭内からの感染。それから空気感染で、ずっと遠くまで飛んでいくのではないかということですよね。
 私は、最初からこのウィルスの地図を見ていたのですよ。この地図ができた最初の頃から見ていて、非常に不思議に思ったことがあって。これが湖北省ですね、武漢があるところ。この黒龍江省が最初から患者が多かったのです。感染者が。一番北東の端ですね、黒龍江省の感染者が最初から多かったのです。それから、武漢に続いて、浙江省の温州というところからものすごく感染者が出ましたよね。みんな東なんですよ。西の方は、チベットの方が、最後の最後まであまり出なかったのです。チベットは、今患者がゼロになったのですね。1・2人いたのですが、治ったか死んだか、どちらかでしょう。黒龍江省といのは、興安嶺山脈ってありますよね。偏西風にでも乗って、東に飛んでいるのではないでしょうか。なんかね、怪しいのですよ。東側が感染濃厚なの。
 まぁ、四川省から上海くらいまでは揚子江が走っていますから、この辺に感染が広がるのはそうでしょうし、南北の交通もありますから人工的なものもありますけれども。どうもこの黒龍江省で最初から感染者が多いのですよ。風でも影響しているのかなと。それから、海南島ですよね。最近一気に患者が増えたのです。軍が感染したというのですよ。中国海軍が感染したというのですよ。どうも最近見ていると、中国空軍は共産党のメディアによく出てくるけれども、海軍は出てこないのですよ。クルーズ船ではないですけれども、海軍の船で感染が始まったらもうお手上げですよね。でも、そういうニュースもあるのですよ。空母が感染しちゃったという。中国軍の空母で感染が起きてしまったと。だから海南島にいるのですよ。それで海南島の一般の市民も急激に今感染が増えているのです。ですから、この感染の広がりがどうなるかですね。
 それから、国別で見ると、ダイヤモンド・プリンセスの感染まで入れると中国に次いで多い国が日本です。253人です。あのダイヤモンド・プリンセスの患者、閉じ込めていたらどんどん感染しちゃったんですよね。あれは、空気感染でしょう。あれは、日本の責任になっちゃいますよね。そうすると、日本人は海外に行けなくなるのではないでしょうか。要するに、日本は防疫失敗の国ですよね。感染止めることを失敗した国だから、そこら中に感染者がいる国ってことになりますよね。そうすると、日本人が海外に行けるのはもうほんのわずかかもしれませんね。
 今ほら島国はですね、ミクロネシアとか南の方は日本人の入国を止めているのですよ。実はね、船が大変なのと同じようにね、島が大変なのです。感染って、伝染病って、島で感染するとですね、下手すると全滅することがあり得るわけですよ。だから、島は取り分け大変なのですよ、これ。だから、例えばですね、沖縄とか、宮古島とか、石垣島とか、本当に注意しないとですね。島の中で広がっちゃったらね、本当に大変なのです。だから今、ミクロネシアと太平洋の島は、日本人の入国禁止ですよね。これ、アメリカやヨーロッパも時間の問題じゃないかと。だから、来週以降ですね、どんな風になるかですよね。まぁ、先ほど言ったように、命・生活・経済の順ですから、しばらくじっとしていれば良いのですよ。何処にも行かないでさ。般若心経でもあげてさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿