2020年7月7日火曜日

2090「夏至大祓い5」2020.7.7

 更にライフシフトを意図しながら、今後のエネルギーの変化、対処法を見て行きます。

 夏至から9月22日の秋分の日迄の3か月のテーマとしては以下の事があります。
 1つ目は「精神的に自立すること」です。
 顕在意志、魂の意識と潜在意識の三位一体を目指すこと。太陽と月、ドラゴンヘッドの関係の中でやって行くことです。
 太陽:3次元での今世の目的を現わす
 ドラゴンヘッド:魂の開運ポイント
 月:前世、潜在意識、心
※ドラゴンヘッドとは:ドラゴンヘッドには、あなたの今世のテーマが隠されています。なぜなら、ドラゴンヘッドはあなたの太陽(=魂)とあなたの月(=前世)の軌道が交わる点のひとつで、あなたの魂が、前世を経て、今世で向かうべき方向性を示したものだからです。
 たとえば、あなたのドラゴンヘッドが魚座であれば、今世はスピリチュアル的なことに興味を持つことがテーマです。逆に、前世は、実務者として現実的な仕事をしてきた時間が長かったのです。だからこそ、今世は、目に見えない世界に興味を持つようになったのです。

 2つ目は「権威への反発」です。今ある社会システムが信じられない、頼りにならない。己の魂のエネルギーを使って自立していくことです。

 これらが上手く行くと、それが後押しになり自立できます。これから経済崩壊が起きますが、社会と個人とは相いれないものとなります。そして集合的無意識の中でエゴの解体が起きて行きます。その中で自分の波動を上げると、その事が集合的無意識への貢献となることが出来ます。
 これからは不安的な社会に頼らずに、自分の個性を開花させる事で素晴らしい未来になって行きます。そこでは知性と存在の本質化がテーマになるのです。
 それは個人の能力を本質化して、どんな環境や境遇の中でも個人の力を再生可能にする事です。その為にはしばしば孤立無援の状態に置かれなければなりません。
 自分の本質、才能、知性で進むのですが、そこに不安や恐怖、現実的縛りが出て来ます。しかしそれはシステムとしてエゴの機能が始まるもので、それは正常な反応です。そして自立していると第3の扉が開きます。
 そこでどうするか、バランスを取り乍らエネルギーを使える考え方をすることです。これが出来る人が人生を切り開いて行く事が出来ます。

 集合的無意識の構造を見てみると。
 顕在意識と潜在意識が繋がり花開きます。更に潜在意識に潜り込み、より自分のパワーを実感するのですが、その事を誰も理解してくれない、と思ってしまいます。それは皆同じくその様になることです。そこから更に超意識に繋がると最強となれます。そこで完全に太陽、月、ドラゴンヘッドの三位一体が完成します。

 荒波を越えていけるのが真の自立で、超意識で集合的な居場所を見つけられるようになります。自らの波動を選び、そしてパラレルワールドを自らが選べるのです。自分で調整が出来て、波動調整が出来るのです。そうして行くと現状に囚われず自由に未来を選べるようになってきます。
 そうすると、現在の波動で繋がる過去世のエネルギー、記憶が変わってきます。それによって使えるエネルギーや才能が変わるのです。ですから今どこと繋がっているのか、がとても重要です。そこでは今世で必要な過去世の情報をダウンロードすることが出来ます。

 自分の本質、ルーツを知る事へのヒントとしては、
・不思議と得意で、難なく出来てしまうこと。
・不思議と避けたい事、嫌な事。
 これらが過去世からの才能やメッセージかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿