2020年10月1日木曜日

2143「騙し」2020.10.1

 今日から10月です。今日1日は中秋の名月、昨晩に続き綺麗なほぼ満月に近い月を見る事が出来ます。満月は明日2日です。 

 昨日、興味深い記事に遭遇しました。一連の芸能人の自殺に対する謎解きです。私にはこの世界は素人で映画も、アニメも見ていないのですが、分析がえっ!と言う感じです。以下紹介します。


NETFLIX GREAT PRETENDER2期 壮大な騙しの可能性  2020年9月30日

 人を騙して金をとる国際的な詐欺師集団コンフィデンスマンの活動、痛快コメディかつスタイリッシュに描いたアニメが、この時期に2期がスタート。三浦春馬?竹内結子?匂わせを感じるキャラクターとストーリーをこの時期に出してくるNETFLIXの謎


Contents [hide]

1 NETFLIXでGREAT PRETENDER2期が公開

2 映画コンフィデンスマンに登場した役者2名が謎の自殺

3 主人公の枝村真(通称えだまめ)は誰かに似てないか?

4 二期から登場する人身売買組織 朱雀会の女会長も誰かに?


1,NETFLIXでGREAT PRETENDER2期が公開

 知らない人はまったく知らないアニメ、グレートプリテンダー。自称詐欺の天才の日本人が、外国人(詐欺師)をカモにしようとして逆に騙された所から物語は始まる

・・が、二期まで含めて見ていくと、一体どこからこの計画が始まっていた!?と壮大な伏線回収が起こるので、このアニメの公開のタイミングはどれだけ世の中に影響を与えているか?を確認しているようにも思える

 ただのアニメ・・されど現実との不思議なリンクがある


2,映画コンフィデンスマンに登場した役者2名が謎の自殺

 記憶に新しい三浦春馬さんだけじゃなく、先日急に報道された竹内結子さんの自殺の情報。さすがに多くの人が芸能界では今何が起きてるんだ?どうして映画コンフィデンスマンに登場した役者は何かしらの不幸が訪れるのか?と思っているだろう

 この映画、役者、そしてこのGREATPRETENDER2期には偶然とは思えない共通点がある


3,主人公の枝村真(通称えだまめ)は誰かに似てないか?

 日本人詐欺師であるが、バイリンガルに言語を使いこなし、どこか根っこに正義があり、悪い事をしているが、相手を極力傷つけないようにと配慮する主人公。髪型といい、様々な役になり切る姿といい、亡くなった彼に似てないだろうか?




4,二期から登場する人身売買組織 朱雀会の女会長も誰かに?

 GREATPRETENDER2期の内容は、足を洗ってまじめに働く!というえだまめの行動力ををうまく利用して、気づかないうちにヤクザ組織に侵入させ、持ち前の能力の高さで重要なポストに登らせるだが

 その過程でえだまめは人身売買という組織の商売に対し、善意の呵責に苦しむ事になる。一方でめきめきと頭角を現し、組織に貢献するえだまめは女会長に気に入られ出世街道に・・という所で唐突に登場する、朱雀会の女会長という存在



 映画コンフィデンスマンJPのロマンス編にて竹内結子さんが演じたのがラン・リウという香港の悪の女帝

 この女会長が主人公えだまめの協力者でもなんでもないのに、えだまめを気に入り、息子のように面倒を見るようになる

 時期的に、時事的に色々一致する

 主人公=正義感を持った詐欺師→誰かに似てる

 女帝 =会長の後妻で人身売買を取り仕切ってる→誰かに似てる

 香港マフィア=朱雀会が教えた人身売買のしのぎで国際的な力をつける

 現実の話に戻れば、人身売買や人権問題に対する世間の認知度は低い。そことは直接の繋がりがある訳ではないが、2名の尊い役者の命が自殺という形によって失われた・・という事になってますが

 GREATPRETENDERの良い所は、最後の最後に大どんでん返しが待っているという事

 もしかしたら、現実のニュースも含めて、日本全国民が騙されていて、実は二人とも姿は消したけど生きていて、そして、真のコンフィデンスマンになって、悪党相手に世界をまたにかけて活躍するという

 そんな誰も確認する事ができない、映画の最後の本人たちしかわからない壮大なグッドエンドでも想像したほうが精神衛生的に良さそうですね(゚д゚)(。_。)ウン

 海外ドラマでよくあるのが、死んだ事にして特定の顔を持たずに裏で世の中を良くするために活動する元軍人やら元それなりの能力の高かった人たちというパターン。もしこの役者2名が後にそういう決して姿を見せない諜報に暗躍するかもしれないなんて考えたら、このMVの公開とメッセージ性は受け止め方が変わるんじゃないかな

 これは独自の解釈ですが、黒と白は陰陽、激しい渦をイメージした動作は回転・ループ・繰り返しだけど、常にその奥には太陽を模した光が差している・・だから何?(゚∀゚)アヒャ Σ(゚Д゚)えぇ!

 歌詞自体が、嘘偽りを知りながら騙しごまかしやってきたという、二元性のループから抜け出すという事なのか、どうなのか、というか作詞作曲については別の方が創ってるのであれだけど

 演出上、この表現は明らかにアレ(意味深)

 

 唐突に現れる『赤いドレス』の女性と後ろに手を繋ぐという表現が何を意味してるのか(救う?自分も同じ?生贄?犠牲?)ま、そんな考察をしていると、量子力学的には、まだ確定してないという事で、胸の中にしまっておくとして・・

 NETFLIXが今このタイミングで、事件よりも先に2期を公開(コンテンツはできている)したのは偶然だろうか?

 NETFLIXに出資してるスポンサーは世界の動きを把握してるとしか思えない・・映画スノピアサーの時も先読みで人種差別問題の影響を受けないコンテンツ(主人公が黒人)できてたしね

 次に公開されるのは、どんな作品で、どんなメッセージが込められているのか?

 そして、またこのタイミングで偶然にも最後まで一気に見るという所業をしていた自分(;´∀`)

 2期が来てるのは気づいてて見たいと思っていても、やる事がいっぱいあった(旅行後の動画編集や記事の用意)から見ないと思っていたにも関わらず・・なぜか急に見始め、そして最後の最後まできっちり見終わった・・その翌日に、竹内結子さん自殺というニュースを目にする Σ(゚Д゚)はぁあぁっぁあ!? なんで? ←の時点では気づいてない

 それから、ほどなくして、映画コンフィデンスマンJPに出ていたと知る→たまたま見たアニメGREAT PRETENDER=とんでもない詐欺師の物語・・あれ?タイミングが良すぎ・・

 そうやってみれば、主人公はどことなく似てなくもないような・・、となると女性キャラでいえば二期会長の雰囲気が・・似てなくもない・・けどまさかなぁ┐(´∀`)┌ヤレヤレ

 で、コンフィデンスマンJPではどんな役をやってたん?・・ってえ?Σ(゚Д゚)香港マフィアの女帝!? ちょ、待てよ!そこまでしっくりくるんかい!

 脚本家はまんま映画コンフィデンスマンの人らしいから全部ひっくるめてみると、この実在する二人をベースにしててもおかしくはないが、2期のストーリーこそが重要なのかもね(今世界でも騒がれている〇〇〇ゲート)

 それを伝えてるのが、全世界で多くの人に一斉に情報を伝えられるNETFLIXという点

 という点と点を線にする事ができたのも、直感の導きやな(゚∀゚)アヒャ Σ(゚Д゚)

 日本でもそれは起きている それを多くの人が認知する って事が抑止力として重要かな(徐々に開示が始まっている?)

 人さらいの類は、そんな事ある訳ないよw┐(´∀`)┌ヤレヤレ じゃなくて警戒を強める事で未然に防ぐ事ができる!それは実際にすでに起きている事でもあるし

 自然界でも一世代にしてDNAが覚醒して集団で監視するようになった日本の鳥からも学べる事(今日本人に大切な事)

 いい加減、切り捨てないとじわじわこういう被害が拡大していく可能性が高い(完全にショッピングサイトからメールアドレスリストは漏えいしているフィッシングメール大量問題) とまぁ、全部一切の情報のソースはありませんが(゚∀゚)アヒャ Σ(゚Д゚)

 結局の所、物事をどのように受け止め、どのような学びとして吸収するかが大事

 芸能界には何かがあるが芸能界も一枚岩ではない

 映画やアニメ、ゲームは大衆扇動ツールとしてメッセージが込められている

 ネガティブな受け止め方をするか、ポジティブな受け止め方をするか

 私は、GREATPRETENDER2期が公開された事で、メッセージ的には、表向きは死因も動機も不明で死んだ事にして姿を消したが、実際は、誰にでもなりきれる演技力を持った有能な役者は、世界を良くするために活躍するチームに入った的な?(※様々な人種が必要)

 どっちにしても、もう次の作品を見る事がない=存在しなくなるのは変わらないのだから、そうやって受け止めておくのが精神衛生上とてもいい気がします(≧▽≦)煌めく星になったのさ Σ(゚Д゚)タシカニ

https://curiosity-koukisin.com/movie-impression/imposter_deception.html




 

0 件のコメント:

コメントを投稿