2020年10月4日日曜日

2144「オクトーバー・サプライズ」2020.10.4

 10月になり、明らかにエネルギーが変わって来ている感じがします。立分けなのでしょうか。東証がシステムトラブルで1日停止し、トランプさんがコロナ感染というニュースが流れ、世の中に起きている事象もその流れで進んで、段階が次に移り、変化が急速化していくようです。そんな中、私は毎日綺麗なお月様を見る事が出来、個人的には平安で心地良い時空を生きています。お陰様です。
 この変化の背景に大きな動きがあり、トランプさんの感染は大きな事を成す為に隠れる口実にしているのかな、と思っていました。そんな時、以下の興味深い記事に遭遇しましたので紹介します。

「特殊な軍事作戦の関係で、身の安全を確保するために、検査での陽性を言い訳に、しばらくの間身を潜めることにしたトランプ大統領」竹下雅敏氏からの情報です。
2020/10/02
 トランプ大統領とメラニア夫人が、新型コロナウイルスの検査で陽性の結果が出たとのことで、「直ちに隔離と回復のためのプロセスを開始する」とツイートしたとのことです。
 この手の話は、真に受けない方がいいです。ここ最近ツイッターに障害が発生したり、東京証券取引所がシステム障害を起こしたりしていることを見ると、何かやっていると思った方がよい。
 「20/09/21 フルフォード情報英語版」では、“日本では、東京と京都の地下基地に対する大規模な作戦の準備中だ、と軍の諜報部が報告してきた。「日本には、第二次世界大戦中に大日本帝国の旧陸海軍基地を改造して建てた地下施設が300箇所ある」”ということでした。
 また、「20/09/07 フルフォード情報英語版」では、“COVID-19パンデミックなるものが、イタリアで全人口を封鎖するための口実として使用される一方、「何トンもの金(きん)、文書、そして……其の他の貴重品がバチカンから飛行機で運び出された」”ということなので、ディープステートがロックダウンを行うことで経済を破壊し、人々にワクチンを強制しようとする傍らで、秘密の軍事作戦が水面下で実行に移され、金塊を移動したり、多くの子供達を救出していることが分かります。
 こうした事を理解した上で、ツイートをご覧ください。「コロナはリベラルの作り出したデマ」ではありません。現実に多くの死者が出ており、後遺症で苦しんでいる人たちがたくさん居ます。
 マスクは感染、重症化の抑止に効果があります。しかし、マスクを強制するのは人権侵害です。
 「後遺症」の事や、今後の「インフルエンザワクチン接種による新型コロナウイルス感染症の重症化の懸念」を考慮すると、今後若い人たちの症状が重くなる可能性が高いと思われます。「99%は無害」は、あまりにも楽観的な予測です。
 「トランプさんが感染するのですから、コロナはある」と言うのは、単純すぎます。特殊な軍事作戦の関係で、身の安全を確保するために、検査での陽性を言い訳に、しばらくの間身を潜めることにしたというのが、本当のところでしょう。
 最後のツイートの批判は、日本の政治家ならこの通りですが、トランプ大統領とQグループに関しては、当てはまりません。(竹下雅敏)
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?paged=2

「9月の終わりからのこの数日間、世界中で大規模なサイバー攻撃と、原因不明の大規模クラッシュが繰り返されている ~オクトーバー・サプライズ(10月のアッと驚く出来事)の始まり」竹下雅敏氏からの情報です。2020/10/03
 In Deepさんによると、“9月の終わりからのこの数日間、「世界中で大規模なサイバー攻撃と、原因不明の大規模クラッシュが繰り返されている」”のだそうです。東京証券取引所のシステムトラブルも、こうしたサイバー攻撃のひとつだと見た方がいいのかも知れません。
 トランプ大統領とメラニア夫人が新型コロナウイルスに感染したという報道は、“真に受けない方がいい”と指摘しましたが、Eriさんのツイートによると、トランプ大統領は演説中に、“そろそろ 何かが起きてもいい頃だ、もう 我慢できない!、私たちは 犯罪者の情報をたくさん持っている、悪党どもめが!”と言っていたらしい。
 「もうじき、大きなことが起きる」と感じている人が多いと思います。コロナに感染したことにし、バンカー(地下施設)から指揮を執ることにしたと考える方が、自然ではないでしょうか。「これはオクトーバー・サプライズ(10月のアッと驚く出来事)の始まりを示すものだ」と言うのは、その通りだと思います。
 最後の記事の引用元では、今後アメリカの状態はもっと酷くなり、「11月から1月までは、本当にクレージーになります。どんどん大きな暴露、ニュースの報道が起きます」と言っています。世界中で爆発が起きるようで、「煙と恐れの後に平和が来る」とのこと。爆弾が爆発しそうな場所には近づかないのが、賢明なようです。(竹下雅敏)

 アメリカ史上最大の病院システムへのサイバー攻撃が起こり、全米の警察緊急通報システムが完全にメルトダウンした数日後、日本の東証が過去最悪の障害で取引停止。何が迫っている?転載元)In Deep 20/10/1 (前略)
以下はブルームバーグの報道です。
東証:現物売買を終日停止、過去最悪の障害 Bloomberg 2020/10/01
 東京証券取引所は1日、相場情報の配信に障害が発生しているとして株式全銘柄の売買を終日停止すると発表した。原因を調査中で2日からの取引再開を目指す。
 全銘柄の売買が前回停止されたのは2005年11月で、4時間半取引が止まった。終日取引停止は今回が初で、現物取引で過去最悪のシステムトラブルとなる。日経平均株価と東証株価指数は算出されていない。
 つまり、日本の電子株式取引市場で初めてで、なお過去最悪のシステムトラブルが起きてしまったということらしいです。(中略)
 まあ、東証の過去最大のトラブルの原因は、今のところはわからないとはいえ、実は、9月の終わりからのこの数日間、
「世界中で大規模なサイバー攻撃と、原因不明の大規模クラッシュが繰り返されている」
のです。
 アメリカでは、9月27日に、アメリカ全土をつなぐ病院のコンピュータシステムがサイバー攻撃で完全にダウンし、全国 400を超える大病院やヘルスサービスのコンピュータシステムが使えなくなったことが伝えられています。
 9月28日には、アメリカで日本の 110番にあたる警察への緊急通報システムもシャットダウンするという事態が発生し、アメリカ全体で警察への通報システムが作動しないという状態になったことが各地の警察から伝えられました。
 この警察システム停止の原因は、アメリカ全土でビジネスの他、各所で使われているマイクロソフト社の法人向けシステム「オフィス365」が、全国的にシャットダウンしたためであることがわかりました。その数日前には、Googleの各種サービスも、全米でクラッシュしています。(中略)
 今回の一連の障害では、
・アメリカの全国的な病院システム
・アメリカの警察システム
・アメリカのオンラインビジネス・システム

 などが影響を受けたわけですが、他でも、たとえば、9月20日から米ワシントン州の多数の政府機関へサイバー攻撃が続いていたり(Bloomberg)、9月29日には、ギリシャのオンライン学習システムにサイバー攻撃 があったり(mytwintiers.com)と、いろいろな場所で起きています。(以下略)
————————————————————————
配信元)Twitter これは戦争だろう。
9月25日Googleのサービスが完全にダウン
9月27日米全土の400超の主要な病院を繋ぐコンピューターシステムが完全にダウン
9月28日米国の警察への緊急通報システムが完全にダウン
10月1日日本の証券取引所のシステムが完全にダウンhttps://t.co/iW0BSz6ELO
— お賽銭マン (@OSAISENMAN) October 2, 2020

ミッキーの手が...10と2に...#coincidence ?#RedOctober https://t.co/0E1bGH0Ali
— Eri(QmapJapan) Parler@okabaeri9111Q (@okabaeri9111) October 2, 2020

ゴールが近い?#Q 4795(トランプ大統領の演説中の言葉)
"そろそろ 何かが起きてもいい頃だ"
"もう 我慢できない!”
“私たちは 犯罪者の情報をたくさん持っている”
“悪党どもめが!”
マラソンの 終焉
Qhttps://t.co/RApOXfxcoE pic.twitter.com/p5cJt6PrRB
— Eri(QmapJapan) Parler@okabaeri9111Q (@okabaeri9111) October 2, 2020

トランプ大統領は、キューバのグアンタナモ湾拘置所(#GITMO)に "ランクの高い"アメリカ人囚人を収容する準備を命じた、と国防軍の新しい報告書が伝えている
(2020/9/30)https://t.co/vyIGsWODDd
— Eri(QmapJapan) Parler@okabaeri9111Q (@okabaeri9111) October 2, 2020

トランプのコロナ感染と入院は胡散臭い!引用元)日本や世界や宇宙の動向 20/10/3
10月2日付け(中略)
もうじき、大きなことが起きるでしょう。トランプ大統領は、今、非常に重大なことが起きつつあるのを隠すためにコロナに感染したことにし入院したのでしょう。
トランプ大統領がコロナに感染したと報じられた5分後に、コマンド・プレーン(司令官が指令を出すのに必要な機材が搭載している飛行機)が米東西海岸上空を飛行し始めました。彼らは米国上空を飛行しながら原子力潜水艦に指令を出しています。彼(トランプ)はバンカー(地下施設)に連れていかれました。
これはオクトーバー・サプライズ(10月のアッと驚く出来事)の始まりを示すものだということを耳にしました。(中略)
トランプは、しばらくの間、公の場に登場しないと言っていました。
トランプはコロナに感染したのではありません。彼は、世界の真実が公開される2週間前の今、自分の命を守るために身を隠したのです。(以下略)

世界の動向の予言*10月3日のリーディング*サイキックLJさん
引用元)真実の泉 - ディスクロージャー 20/10/3 (前略)
クリスタルは太陽に一日当てて準備が出来ています。
ゆったりとリラックスして聞いて下さい。
 トランプと夫人のコロナ陽性の報道に関しては心配ありません。水晶からOKAY!という文字が飛び出して来ている。トランプがヘリコプターから出て来て、何かを報道すると以前から何度か言ってましたが、たぶんこの事だと思います。これは、トランプが「トランプ・カードを引いた」と見ています。何か理由があってこの作戦を取ったと思います。
「プロテクション」という言葉が出て来ます。(暗殺計画があった?)(以下略)
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=253440

0 件のコメント:

コメントを投稿