2020年10月14日水曜日

2148「日月地のリズム」2020.10.14

 実りの秋を迎えています。今年はコロナ騒ぎでいつもと違う感じですが、お天道様は変わらずに愛深きエネルギーを降り注いでくださっています。夜は特別な事が無いと早くに就寝し、眠りも深く、早くに目覚めますが、時計を見て1時11分とか3時33分とか数字の妙を楽しんでいます。目覚めの後はその日の事を計り、その時々の身体の声に従い過ごします。日に日に、朝日の登る時間が遅くなり、秋分を過ぎて冬至に向かって陽の気が減じて来ています。身体もそれに応じて変化している様です。それも又楽し、です。
 少し前の「ジジイのブログ 地球に生きるみんなへ ジイジからのメッセージ」の記事ですが紹介します。

「地球と月と太陽のリズムで生きる  2020年9月26日

 朝の閃きは、太陽が出る前、もしくは、太陽が出ると同時に湧き出します。太陽が沈んでいる時は、休みなさいということ。それは地球と月と太陽が刻むリズムであり、そこには陰陽の働きがあります。
 太陽が姿を現す朝は、活動の始まりの時です。自然に沿い、素直に思考を働かせなさい。     昼間は、その時に必要な生きるための活動を、流れに沿って行いなさい。
 その流れとは、地球と月と太陽が刻むリズムから生まれるもの。その流れに沿って活動をする時に、あまり遠くまでのスケジュールを立てると、流れから外れてでもスケジュール通りに進めようとする自我が働き、「いただく」心がなくなってしまいます。ですから、短いスタンスのスケジュールに則り、少しだけ長いスタンスの見通しを立てて生きていきましょう。常に結果をいただく精神であることが大切です。


 そして夜は、一日の活動の振り返りの時間を取りなさい。
 振り返りをしたら、次の日に向けての想いを自らに落とし、新たな姿勢に変えて休みなさい。
 常に新鮮な自分であるために、今日という段階では、今日のことを明日に繋げるような思考を持って一日を終え、充電期間である眠りにつくことで、不要な思考と必要な思考が整理されます。そして日の出と共に、新しい朝のスタートをいただくのです。

 そのスタートは前日までの思考に繋がるものですが、実は不要な思考は睡眠中に整理され、消えていなければなりません。前日までの不要な思考が次の日に残っているような人は、日々の生き方に執着があり、それが眠っている間に整理されるべき思いを残しているのです。ですから、その日のことはその日のうちにけじめをつけることが大切なのです。そのようなリズムを繰り返すことで、常に新鮮な朝を迎えましょう。それは、健康な人の一日の送り方の基本です。

 心身を病む人は特に、生活リズムの狂いから体に症状が現れるものです。ですから、地球と月と太陽のリズムに沿って生きましょう。生命である私たち人間の体の中には、そのリズムが眠っているのです。
 そのリズムが狂うと、自我の思考が暴走し、自然の流れを無視して生きることになります。思考が暴走すると夜に眠れなくなり、朝に起きられなくなるのです。」

https://jiiji-konohanafamily.org/2020/09/26/rhythm-of-universe/




0 件のコメント:

コメントを投稿