2020年2月18日火曜日

1951「南福島巨石巡り22」2020.2.18

 午後最初の目的地の石都々古和気神社、八幡山巨石群を見学しました。石都々古和気神社は陸奥ノ国一ノ宮です。石川町役場の裏にあり、八幡山の山上にあります。118号線から狭い山道を登り境内横まで車で行きました。以下の様に紹介されています。

「石都々古和気神社・八幡山巨石群    石川町字下泉296
 石都々古和気神社(いわつつこわけじんじゃ)は、延喜式内社の一つに数えられる古社で、古くから山岳信仰の聖地として、多くの方々に信崇敬されていました。又、全国的にも数少ない祭祀遺跡の跡地として、考古学的にも大変重要な遺跡といわれています。
 約一万年位前から信仰されており、多くの磐境が山々に点在していて、屏風岩、船形岩、鏡岩(2基)、亀石、天狗石、石門(鳥居)、更には三種の神器と言われる剣、玉(勾玉)、鏡等があります。
 御祭神は、味鉏高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)、大国主命(おおくにぬしのみこと)、誉田別命(ほんだわけのみこと)の三柱。味鉏高彦根命は、本土創造・農業・工業の神様、大国主命は、商売繁盛・家内安全の神様、誉田別命は、戦の神様。」

「永承六年(1051年)、京都の住人・福田安芸守源有光が奥州安部一族追討の軍に加わり、多大な功績をあげたため、八幡太郎源義家の代官となり、この地を賜った。そして康平六年(1061年)にはこの地へと移り、名を『 石川有光 』と改め、更に治暦二年(1066年)になると石川有光の守護神である京都石清水八幡宮の分霊をいただき、石都々古和気神社に合祀することとなったという。」
 以下お城の再現図です。
   

  陸奥ノ国一ノ宮石都々古和気神社の外に、石川町にごく近い東白川郡棚倉町に国指定重要文化財で、陸奥一之宮の馬場都々古別神社(ばばつつこわけじんじゃ)、奥州一之宮の八槻都々古別神社(やつきつつこわけじんじゃ)の2社があります。そしてその御祭神は、味耜高彦根命(あぢすきたかひこね)・日本武尊(やまとたける)ですのですので石都々古和気神社と、何らかの関係があることがわかります。そしてそれらが全て一の宮なのです。また、「延喜式神名帳」には、石都々古和気神社、馬場都都古和氣神社、八槻都々古別神社の名前があります。余程この地は大和朝廷にとっても重要視せざるをえなかった何かがありそうです。

「社前には北須川が流れ、神前橋がかかっている。入口の鳥居から階段を上ると、また鳥居。
左に続く参道は、木々が鬱蒼としており、巨石が点在。そこで、右に折れると、また鳥居。
鳥居の左手には、数メートルの巨石・立石が並んで壮観。

   参道の巨石
境内下にも巨石

当社には、瓜状の御神体石があるということだが、あるいは、この鳥居横の石のことかもしれないが、わからなかった。そこから階段を上る道にも巨石が点在。2つの丸い巨石が並んだ所にある階段の上が境内になる。
 当社は、石川氏の祖・福田利人が社殿を造営。その後、福田有光が当地に築城し、石清水八幡を勧請。よって、八幡宮と呼ばれていた神社。当社の東側が、三芦城本丸跡あるらしい。
 とにかく巨石の多い山域で、それぞれの巨石は、何故か割れているので、社名の石都々古和気神社も、なるほどと感じる。(それが社名の由来かどうかは別の話)。
社殿は新しく、本殿には屋根が付けられている。社殿左手に3つの境内社。祖霊社、多賀神社、諏訪神社。右手には石の五重塔と御神木高野槙、額殿・御輿殿がある。」
https://www.genbu.net/data/mutu/iwatutu_title.htm


以下のサイトはより詳しく、写真が沢山です
https://ameblo.jp/idjericho/entry-11035913751.html
http://www13.plala.or.jp/seihuukan/
https://www.food-fukushima.jp/iwatsutsukowake-jinja-ishikawa

2020年2月17日月曜日

1950「南福島巨石巡り21」2020.2.17

 心身を満たして午後の活動開始です。目的地は同じ石川町のある石都々古和気(いわつつこわけじんじゃ)神社・八幡山巨石群です。城下町の町を抜けて山道を登り神社裏まで車で行けます。石川町は人口15000人ほどの街ですが、川が町の中心を流れ何か魅力的な街並みです。少しこの地の歴史を紹介します。

「原始・古代の石川町には、多数の埋蔵文化財(遺跡)が存在します。なかでも、阿武隈川と社川との合流点にある、縄文時代後期から弥生時代中期にかけての鳥内遺跡(県史跡)が全国的に著名です。鳥内遺跡からは、狭い範囲にもかかわらず200個以上の壺や甕が出土し、しかも、地元の土器と一緒に東海地方や九州地方の土器も確認されました。これらの土器の中には人骨が収納されていたことから、墓跡と考えられています。
 また、古墳も多く所在します。沢井の北方、阿武隈川沿いの新屋敷地内に、前方後円墳2基と円墳7基からなる大壇古墳群(県史跡)が、また同じ阿武隈川沿岸の中野地内には、円墳9基からなる横穴式石室を持つ悪戸古墳群(県史跡)があります。
 石川町の中世は、中世石川氏の歴史と言えます。前九年の役(1051〜1061年)に源頼義・義家に従った源頼遠の子・有光が土着したと伝えられますが、実際は後三年の役(1083〜1087年)後、もしくは12世紀前半との見方が強いです。以後、豊臣秀吉の奥州仕置きで領地を没収されるまで勢力をはりました。なお、長泉寺(曹洞宗)には、石川城主17代から23代までの墓地(町指定)があります。
 石川氏が残した遺産の一つに石造供養塔婆(板碑)があります。沢井の安養寺(天台宗)門前には、応長2年(1312)銘のある阿弥陀三尊来迎石造塔婆がありますが、これは石川地方に多い線彫の石造塔婆で、頭部が三角形で切り込み線が入った関東系のものです。なお、石造供養塔婆は町全体で約300基が点在しています。
 石川氏の本城である石川城跡(三芦城跡)は、中心部の三方が急な崖で、西北が空濠で区切られた山城です。本丸跡には石都々古和気神社が鎮座し、応永30年(1423)銘の銅製鰐口(県重文)が納められています。この神社の宮司である吉田家は、自由民権運動家吉田光一の生家で、光一は河野広中とともに東日本で最初の政治結社「石陽社」を設立し、その後、福島事件で弾圧されますが、東日本の自由民権運動に多大な功績を残しました。」

 阿武隈川と社川との合流点にあり、かなり古い時代から栄えた地でその中心的存在が石都々古和気神社のある所でしょう。
石川町は桜が川沿いに並び春の名所です。
「県指定天然記念物の「高田桜(樹齢500年)」をはじめ、6km以上も続く「北須川・今出川の桜並木」など人気の観桜スポットが数多くある。川が街並みに沿って流れる地形が特徴的で、江戸時代には「桜谷」と詠まれた隠れた桜の名所。現在は「いしかわ桜谷」と称され2000本を超える桜が桜守によって育まれている。4月は、いしかわ桜谷の美しさを彩るイベントやライトアップが行われる。」


更に石川町は日本三大鉱物産地の一つに数えられています。
 「石川地方は日本一結晶が大きく美しいことで有名です。さらに地球の地殻をつくる元素の中で少しの量しか含まれていない、希元素鉱物を数多く産出することでも世界的に名をとどろかせています。明治時代から昭和40年頃までの長い間、珪石(石英)、長石が盛んに採掘され、その結果、見事な結晶の鉱物、珍しい鉱物が採集されたことから、学術研究者や鉱山師たちで大変賑わいました。太平洋戦争中、原子爆弾の材料となるウラン鉱石の採石地として知られていました。」
 今はクリスタルパークとして石と芝の公園"クリスタル広場"は石のステージが整備されています。以下の写真は広場です。






2020年2月16日日曜日

1949「南福島巨石巡り20」2020.2.16

次の目的地は白河市の聖ケ岩・大日が岩です。以下の様に記されています。

「聖ケ岩・大日が岩           白河市大信隈戸田ノ沢
 源義経が承安4年奥州に向う途中この岩に休みその絶景を賞し名付けたとも、徳一大師の子弟で修験者・聖坊が庵を造って、村人の無病息災と五穀豊穣を祈願したことから名付けられたとも伝わる聖ヶ岩。
 高さ230m、幅は600mあり、虎雄ケ岩、苔岩、大日岩、不動岩などからなっている。
山桜、ツツジ、松、紅葉などに彩られ、四季折々に美しく、ロッククライミングのポイントとしても知られる。また、周辺スポットとして、隈戸川上流部にあり巾30mで落差約5mの幅広の滝「不動滝」や、キャンプやバーベキューが行えるレジャー施設「聖ケ岩ふるさとの森」があります。
 権太倉山山開きは、毎年4月29日(祝)に聖ケ岩グリーンスポーツハウスをスタート・ゴールにして行われます。」

 聖ケ岩ビジターセンターに到着です。センターの北側の山を見ると巨大な三角形の岩が見えます。これが聖ケ岩です。かすかにロッククライミングをしている人が見えます。先ずは皆さんトイレに駆け込みます。
 落ち着いて見学開始です。先に聖ケ岩です。次に隈戸川渓流の割石沢を散策しました。木々の葉は落ちて寒々とした景色です。川沿いの散策路を戻り駐車場から聖ケ岩と大日が岩の両巨岩を見れるポイントで鑑賞です。自然の妙です。


 
 



帰りは来た道を戻りますがこの道はかつての旧会津街道です。上小屋宿の手前の道路脇にある夫婦石の2つの巨石をさっと見学しました。
 この夫婦岩は以下の様に記されています。
「路上の岩に登れば百日雨が降り、田んぼの中の岩に登ると百日雪がふる。降らなければ百日照る。と言い伝えられている。」



昼食会場の石川町に向かいました。向かうお店はなんと「蕎麦美人」さんです。以下の様に紹介されています。
「石川町の母畑温泉の近くにある「蕎麦美人」。蕎麦は会津若松坂下町から取り寄せ、旨みを引き出しています。蕎麦は透明感、弾力、もちもち感がありのどごしが良くて美味しい蕎麦です。
 お店の中は懐かしい雰囲気を思わせる静かで落ち着いてリラックスできる店づくりを心掛けています。ガラス張りの店内から眺めるのは、松や、桜、楓、つつじ、声々と葉を茂らせる野趣溢れる日本庭園、落差10mほどの滝や池もあり、その音も涼しげです。
 蕎麦を召し上がった後は、温泉に浸かって日頃の疲れを癒すのもおススメです!時間がありましたら、近くの温泉に寄ってみるのはどうでしょうか?」

 国道から少し上った小高い所にお店があります。平屋の立派なお店で、山を背景に池がある素晴らしい庭園が広がってあります。こんなところになんで、と思ってしまいます。自宅の庭先の建屋を蕎麦屋にしてしまったということです。
 見晴らしの良い席に案内して頂き、豪華な海老天、とろろざるそばを頂きました。最高の蕎麦で皆さんご満悦です。暫し、歓談して優雅な昼食を満喫しました。










2020年2月15日土曜日

1948「南福島巨石巡り19」2020.2.15

 次の目的地は更に南下して鏡石町にある小栗山高福寺 小栗山観音堂巨岩です。以下の様に紹介されています。

「小栗山高福寺 小栗山観音堂巨岩    鏡石町久来石小栗山46
鏡石町字久来石にあるのだが4号国道から東北自動車道を横切り川を渡らず左に折れ久来石の部落に入ると小高い山裾にある。残念ながら町名の由来になった久来石は地元の方々に伺っても探せなかった。
 仙道第三十番札所 小栗山 高福寺十一面観世音菩薩とある。巨岩はお堂の中にも入り込んで造られている。巨石とするには無理があり参考とする。
樹齢五百年の大欅が天然記念物としてある。」


田んぼ脇の道を山沿いに進みます。小栗山の裾に抱かれるように観音堂巨岩があります。写真では左手にお堂が見えます。道路に駐車して見学しました。残念ながらお堂は廃屋と化しています。現在は廃寺で、鏡石町笠石の宝泉院が管理している様です。境内も手入れが出来ていません。
 参道脇に巨大なケヤキが立っています。この欅は幹まわり5.27メートル、根元周囲が7.60メートル、推定樹齢500年という巨木です。さすが見事です。





 裏山は巨岩が聳え立ちその岩に囲まれるようにお堂があります。行基作と伝えられる十一面観世音が安置されて居ると言いますが、今はどこかに移されている事でしょう。小栗山高福寺 小栗山観音堂 は仙道(せんどう)33番札所の第30番です。この観音堂について以下の様に記されています。
「養老年間に高附左大弁卿の守本尊である十一面観音木仏座像を請して建てられた。のちに保土原領主である保土原江南斎が深く帰依し自宅近くの丘を小栗山と称しこの観音を祀り、守本尊として信仰し「一度足を運んで信仰すれば願望満ち足りて…」と伝えられ、この観音を信仰すると願いが叶う不思議な霊験があると言い伝えられ大変賑わった。」

 しかし以下の記載もあります。
「奈良時代に活躍した行基作の「十一面観世音」というのは、単なる伝承にすぎないかもしれません。日本全国、青森県から宮崎県まで行基が開基したとの伝承がある寺院は約600寺もあるそうです。しかし行基自身が開基とされるのはわずかで、多くは行基の徳をしのんで建てられたものだそうです。
 しかし行基は知識結とも呼ばれる新しい形の僧俗混合の宗教集団を形成して近畿地方を中心に貧民救済・治水・架橋などの社会事業に活動し、時には朝廷からの弾圧も受けました。」

 何故にお堂に巨岩がめり込む形で建てられているのか。恐らくこの地は古くからの巨石
信仰があり、その聖地に後世の方々が仏教の拠点としてのエネルギーにあやかったのでし
ょう。

 お堂の右側には、巨岩が立ち、奥の岸壁の間に不思議な空間が開いています。中を人が優にくぐり抜けられます。胎内くぐりです。






 震災の影響でお堂が朽ちたのか分かりませんが早く撤去して岩と樹木だけの姿に戻してほしいものです。
 今回、福島から参加Oさんは鏡町の隣町の矢吹町に住んでいます。この小栗山観音堂巨石の存在を知りませんでした。ちょくちょく目の前の県道を通っていたと言いますが、灯台下暗しです。

2020年2月14日金曜日

1947「南福島巨石巡り18」2020.2.14

 次の目的地は須賀川市の鉾衝(ほこつき)神社です。福島県中央部を南西に下ります。ここは祭祀遺跡がみられる所で、以下の様に紹介されています。

「鉾衝神社        須賀川市桙衝字亀居山97
 当社の所在する亀居山(=「神居山」)には古墳時代後期の祭祀遺跡が存在する。
東峰東側の中腹に桙衝神社が東面して鎭座し、その背後の山頂の突端部に俗称要石と呼ばれてゐる巨岩(磐座)がある。背後の丘の祭祀遺跡「磐座」?

 鉾衝神社は亀居山をご神体山とした神社で、約2000年前に日本武尊(ヤマトタケル)が東征の折に柊の八尋の矛を突き立て武甕槌命(タケミカヅチノミコト)を祀ったことに始まる伝承があります。 ご祭神はタケミカヅチとヤマトタケルの二柱。神名帳考証では穗己都久命(ほこつくのみこと)というワダツミの孫で安曇族の祖にあたる方が祭神となってます。
 本殿背後の山頂突端部分に要石と呼ばれる磐座がありまして、そこから古墳時代後期の祭祀遺物が出ているそうですが、ここが本当に素敵な磐座で 神社の詳しいご由緒は大火で焼失してしまったようですが、弘仁12年には弘法大師がやってきて亀居山上の厳石に「不動」の梵字が浮かび上がったことから、霊地とし、麓に長光寺(現:長楽寺)を建立したなんていう伝説もあるという歴史ありげな神社です。江戸期には鹿島神社と呼ばれていたようで、山門には鹿島神社の表札が。
 そうそう長光寺の弘法大師ですが、長光寺から丑寅の方角に夜な夜な光る塚があるから、怪しいと思って掘り起こしてみたら神鉾が現出したので秘蔵しちゃって、祭神のご霊代として崇めたそうですよ。
 しかも清和天皇の御代には蝦夷討伐で蝦夷人を殺し過ぎたことの、怨霊の崇りを恐れ、色々な所で祈祷したらしいのですがね、この長光寺でも衆を集め読経して、経典や法具などを埋めたそうです。
 ご神体山の亀居山ですが亀居=カムイを連想してしまいます。実際、上の磐座はとてもまろやかで女性的な瑞々しいエネルギーをしているのですが(個人的な感想ですよ)下の神社はかなり男性的で武張ったかんじ。まあ、御祭神があのお二人だしね。そしてお寺に至ってはなんかいやに開けてて変な感じなんですよね~。なので、下から上がってくると「あ、ここ踏み入って大丈夫なところだろうか?」と心配になるのですが、上まで登り切っちゃうとなんか妙に軽くなる。麓・中腹・山頂でまったく違ったエネルギーです。
古墳時代、もしくは縄文の頃からの聖地を神社(タケミカヅチ&タケル様)と寺で二重封印しているような気もします。時代や理由はそれぞれだろうし、このおかげで上が守られてる部分もあるだろうし、良い悪いとは一概に言えないですけど。
 ところで私の中でタケルさまは東征したヒーロー(関東・東北側から見たら悪人なのか)ではなく、なんかどっか物悲しいイメージもあるのよね。実は「タケル」は中央の人間ではなく、もともと東側のもののふたちの総称で、後から中央の歴史の都合のいいように作り変えられた説もあります。そう仮定したとして、きっとタケルズ達の中には、阿弖流為のように最後まで徹底抗戦の人もいただろうけど、中央に屈して仕方なく同族と戦うことになった人もいたのかもと妄想してみました。でも中央の蝦夷・東国・辺境経営の歴史と切っても切り離せないのがタケルさまかな。
 東北のタケル様関連の場所を巡っていると蝦夷の抑え…もともと蝦夷やそれらの人と融合していた人々の聖地であった場所に、中央からの圧力があったように感じます。
 もしタケルさまがどちらかというとこっちサイドの人なら、三輪山の祭祀を大田田根子に任せたように、抑えとしての神もしくは巫女は同族でなければならなかったのかもしれない、なんて妄想してしまいました。」

 長々とした引用ですが、「本殿背後の山頂突端部分に要石と呼ばれる磐座」が目的地です。長い参道を登り進み、立派な社殿を左手に曲がり山道を進みます。結構、杉枝等で道は荒れています。山頂のイワクラから見下ろすと山裾に巨石が拡がっています。木内さんも興味深げに探索していました。
 これは縄文の頃からの祭祀場の様です。やがて大和王権の支配が及んで神社が聖地に祀られて封印されたのでしょう。