2020年9月28日月曜日

2141「理不尽」2020.9.28

 秋彼岸が明けのんびりと過ごしていたそんな時、27日に女優の訃報を目にしました。まずもってご冥福をお祈りします。芸能界には私は不案内ですが、あまりにも唐突な事で、良くわかりませんが、何か闇が深い事ではないかと直感していました。そんな時、今日、28日の神人さんの霊媒日記(Facebook)に以下の記事がありましたので紹介します。霊界の事ですから私達には未知の世界ですが、さもありなんという気がします。


〜14:02 ある故人より〜

 わたしは人を殺す人の残虐さに対し、非常に遺憾の意を表します。

 子を持つ親であるならば、わたしの気持ちをご理解頂けることと思いますが、育児の大変さはあっても、愛おしさが力となり母としての成長を促すものです。育児鬱として自殺するような者が、人前で笑い心より感謝し生きることができましょうか?

 わたしは忙しさの中にあっても、愛する人たちを思い感謝しながら、懸命に出来ることを日々していただけなのです。憶測の中で誹謗中傷するのはお願いですから止めて頂きたいと思います。家族たち、愛しい我が子の未来のためにも良からぬ噂は御遠慮頂きたく切にお願いいたします。

 わたしは自身の死がなぜ起きたのか?よく分かりません。殺されなければならないほどに、わたしは何者かから恨まれていたのか?恐れられていたのか?どうしてそこまで、話し合いもなされず一方的に実行されたのか?考えられないのです。おそらくは、わたしの想像し得ない考えに生きておられる方々の仕業としか表現出来ません。面識のない者たちに突然襲われ命を奪われ、何も説明がなくこの世から消えてしまう。そんなバカなことがあって良いのでしょうか?この国はそんな簡単に人の命が奪われるような国だったのでしょうか?あまりにも突然すぎて理解に苦しみます。

 誰が何のためにわたしを殺したのか?はっきりと調べたいと思います。これは明らかに、あってはならない犯罪です。我が子には、母は育児に疲れて自殺したなどと絶対に言わないで下さい。わたしはどんなに寝不足でも、我が子を見捨て死にたいなど考えたことなど一度もありません。仕事同様に簡単に投げ出すような人間ではないということは、わたしを良く知る方々ならばみんな分かるはずです。主人と子どもがあまりにも不憫でなりません…。

 どうか自殺したなどと捜査を打ち切らないで下さい。どんな圧力があったとしても真相を突き止めて頂きたいのです。わたしは決して自殺などしていません!我が子に、ママと呼ばれる日を楽しみに日々育児していたのですから、どうか皆さま御理解下さい。

 この方への誹謗中傷もなされないで下さい。善意でこうして面識のないわたしたちのために御尽力下さっておられますから、感謝しかありません。

 本当にどうもありがとうございます。またお世話になるかもしれませんが、今言いたいことはそれだけです。2020.9.28 故 竹内結子さんより

 ありがとうございました。少しだけ気が紛れました…。本当に感謝しています。犯行に当られた人たちだけでなく、その背後にいる人たちも捕まえて頂きたく思います。

 この国は闇が深いです…。どうしても納得いきません。子供に触れられないなんてあんまりです。この苦痛は、千倍万倍返しにします!母の思いを甘くみるなー!!

 すいません。愚痴を聞いてくれて感謝します。

 また話をしにきてもいいですか?今後とも宜しくお願いします。

---------------------------------

 故人の苦しみが癒されますことを心よりお祈り申し上げます。神人 拝


〜10:52 ある故人より〜

 ぼくは殺されました。隠蔽されました。本当に非道なる闇の組織により、すべては木阿弥となりました。あなたは、わたしたちを救ってくれると信じて依頼いたします。これは犯罪です。大きな陰謀であり、法治国家としての具業なのです。ぼくは自殺など考えたことはありません。これからやりたいことがたくさんありましたから。ただ知ってはならないことを知ったということで、彼等はいとも容易く命を奪ってゆくのです。

 お金で動く者たちのようです。その道のプロ集団である言えます。犯行に対して何ら動じることがなく、無感情なまでに事を素早くこなす犯罪職人のようでした。もしも、ほくがプロの殺し屋の役が来たならば、名演技を御披露することができるかと思います…。

 これらは真実であり深い闇が背景にあります!ぼくが伝えたかったことは、いずれ明らかとなる!と思います。警察の組織にも準ずる者たちと逆らう者たちが存在すると思っています。市民を守る警察官の方々の御働きに期待しながら、自身が経験してきたすべてを、次の世での芝居に活かしたく思います。このような機会を得られましたことに感謝いたします。このご縁は、竹内結子さんが繋いで下さいました。あなたが話し掛けて来られ、真相を尋ねられたと伺い、ぼくはあなたにお願いしようと思って、参りました。

 信じてもらえるかどうか?分かりませんが、今は他に術がありませんので、小さな可能性を信じたいと思います。ぼくには夢がありました。自分の映画を作ること。そのために、演技も脚本も監督の学びも真剣に進めてきました。分かる人になら、それで分かると思います。

 好きな人がいました。心から幸せにしたいと思っていた人です。無念です。しかし、前向きに歩いて頂きたく心より幸せを願っています。どうもありがとう。これからの世界は、不当なる者たちが裁かれ、正当なる者たちが良き世を育む時代となると確信しています。

 ご縁ある皆様にお伝えしたいことは以上です。

 ぼくを愛して下さった皆様に、心より御礼と敬愛の念を送ります。2020.9.28 故 三浦春馬より 

 ありがとうございます。これで後は関係者の方々に届くことを願います。

 御縁を感謝します。また機会がありましたら宜しくお願いいたします。失礼します。

---------------------------

 お亡くなりになられた皆様の御冥福を心よりお祈り申し上げます。m(_ _)m 神人拝


0 件のコメント:

コメントを投稿