2014年12月5日金曜日

373「発動1」2014,12,4

 11月22日は神人ライブでした。私は縁者の葬儀に参列したため会場には遅れて到着しました。申し込み以上の参加者で会場はいっぱいです。既に第一部の浄音(きよね)ライブが始まっていました。
 浄音ライブは響銅・波紋音・鈴・銅鑼・太鼓を使った鎮魂浄化の音魂ヒーリングライブです。音の響きと振動が身体に振動、情報、エネルギーを送り心身の浄化をして整えて行きます。響きに感応して涙している方もいます。逆に負のバランスの変化を促されて聴いているのが辛く、痛みも感じて大変だったと言う方もいます。大方はやすらぎの中に解放されて眠りに就いてしまいます。
 皆さんの心身を浄め、清めることでこの場のエネルギーに同調できるように調整して、次の第2部のチャネリングライブがスムーズに出来る様です。



 休憩の後いよいよチャネリングライブが始まりました「。異次元存在より伝えられる今これからの貴方に必要なメッセージ」を届けるこの時間は、新たな気づきと視点を得られるようです。自分のことが分からなくておられる方にはリセットして再スタートできるようで、最近はこの2部が人気です。
 冒頭神人さんからこのチャネリングライブについて以下の様なお話がありました。
「この世界で生きている自分はチームの一選手です。肉体の方の意識を担当していて、監督、コーチから指令が来ます。自分の中で浮かぶ思いは自分のものと思っていますがそれらからの声が届いています。
 異次元のラジオ局と現次元のリスナーがいて、周波数を合わせてパーソナリティーの声を聴いている状態です。そのパーソナリティーが神人で、私が声を出しています。つまり私は霊媒の役割をしています。
 異次元と現次元、そして各自の意識にも繋がることが出来ます。ですからその人の心を読むのは簡単で、距離に関係なく相手の意識に入れます。
 守護霊、指導霊はその人が成長する事を目的に係るもので、損得では関わりません。いろいろ教えて利を計るのは身内の存在、先祖です。霊性の高い存在は愛のこもった厳しい事を言うものです。
 生まれ変わりは霊的成長です。霊性の高い存在は、全ての存在の喜びの為の長い旅路を指導しています。この場で私が言う言葉はその人々各自に言っていますが、この場にいる皆さんにも言っていることです。その人に言っているが、遠回しに自分はサポートされていて、この世に存在している。そうして一人の意識が変わると周りに伝染していきます。」

 40名程の方々に神人さんから1~2分ほどのお言葉がありました。予定の1時間を越えてしまいましたが、他の方へのお言葉もとても参考になります。身近な方々のお言葉を紹介します。

・K.Yさん
「強い意識を持ってどこへ向かいたいのか、その先に何か見えているのか。感性を高めて落とし込むこと、それが道しるべを与える。」
・S,Uさん
「人生に何が大事か、この世界をどう見るか?喜びと見るか、どこまでの喜びに見れるか。明日何が起きても喜びと見れたら達人。何をどう思うか、変えるのか、変えないのか。変えると言う決意が必要だ。
・K,Hさん
「人と違うと思わなくて良い。あなたはあなた。変われる範囲がある。この生でどこまで変われるか。どの人も似たり寄ったり。誰が上か下もなく、ほとんど変われない。競い合うのは苦しみを求めていると思う。違いがあるがそれぞれでいい。あなたはあなたで良い。楽に生きること。」
・S,Eさん
「人生の掟があるとすれば、自分が全て決めて進む。誰かに決めさせるとは、自分が選ぶことから決める。生きるとは決める事。理解を深め、選べば悔いが残らない。流れに歩かされることを選んだら悔いるな。」
・T,Kさん
「伝えたいことを考えてみる。誰にどんなふうに。伝える学びが今必要。相手に適切に届けられないとダメ。一人一人の必要に応じて伝える。その学びの為に生かされている。」
・I,Yさん
「強がらなくて良い。競わなくて良い。相手にどう思われても良いという生き方。それぞれで良い。求めない、押し付けない。押し付ける故に相手を嫌う。相手に己を見て腹を立てる。相手は鏡だ。縁あるものは成長する為に絆がある。より良い関係を作るのがこの生の目的。
・H,Nさん
「許されている。何事も許されている。心の中から解放されてきていると思って良い。己を悪く思わない事。過剰に思うと萎縮させ喜びから遠ざかる。これからは感謝するだけ。いじめる事はもうやめる。」
・O,Gさん
「強い人はいない。強く思い込んでいる人がいるだけ。強いって何か分かっていない。あなたはあなたの感情が変化しているだけ。皆、その感情の中に存在している。思い方、見方が違うだけ。心の世界は感情の世界で常に動いている。より喜び、豊かへ変化して行く感情の旅をする。より喜びの世界へ行きたいと思う事。気づくとそこにいる。変化して行く。どんな感情の中でも否定しない。全部己の中にある。喜びに行きたいと思うこと。」
・A,Kさん
「皆が思うよりそんなにおかしい、ダメな人でない。自分がそう思っているだけ。瞬間の言葉であなたを言っている訳でない。一つの見方の言葉でしかない。その言葉に拘り、繋ぎ止めない事。人の言葉の影響を受けて苦しんできた。何も言われずにそっと生きたいと。人の言葉を気にし過ぎた己がいた。己に見えない物の見方がある。」
・A,Fさん
「十分ちゃんと生きている。ここから先どうなるか。楽になる、楽に成れるので安心して良い。これから望んだものが手に入る。叶えてくれる人達がいる。誰が叶えてくれるか分からなくても、愛する人が叶えてくれる。大事に皆に係る事。それぞれが繋がっている。いつでも誰でも大事にすると願い事が叶う。」
・H,Yさん
「凄く変わって来た。頑張っている。悲しい意識へ向けないこと。なんで私がと思うと嫌になる。この世は面白い世界で難しく考えずに、人それぞれの生き方で良い。繋ぎ止めずに、狭い箱に入れて怖がっている。もっと大きい世界がある。もう出る時かな。
・S,Hさん
「これからの事に対して自分の方向性の答えは幾つかある。成長を促す故にどれでも良い。死は決まっている。過程は学び。思い当たる喜びの形はどれでも良い。限られた時間でどれも得るのは難しい。どれでも良い。いずれでも悔いる事は無い。」
・K,Hさん
「楽に成ればなるほどメカニズム理解できる。楽とは喜び。神の本質。神に近づいていけば喜び深くなる。肉体は神そのもの。喜びに近づけば神に触れあう。肉体を理解すれば喜び深くなる。」
・T,Sさん
「理解できない事ある。私に理解できないので誰か教えて下さいと出来ない。己を劣っていると思わず、変化の過程にある個でもある。それぞれが必要な学びをして変わって行くだけを理解して笑っているだけで良い。」

 私も最後の方で以下のお言葉を頂きました。
「皆が笑って過ごせる世の中はこの世界には無い。笑える人、笑えない人いる。これは続く。この世にはあらゆるもの存在し、許されている。笑える時、笑えない時がある様に。あらゆることを学び進んで行くことが真の喜びの世界。」
 真理の一端を気づかせて頂きました。皆で笑って過ごせる世界があるのではとの自分の想いと現実のギャップ。縁者は縁者の選択と決断、行動で体験している世界を見させていただきながら学ばせて頂いている世界と改めて認識しました。まずは何事にも笑って過ごせる己でありたいものです。

 3部は祈り唄とギター三味線&祭り唄です。「トンコリ(アイヌ楽器)のような神秘的な音と津軽三味線のような心揺さ振られる熱い弦音が、1本のアコースティックギターより次々と奏でられ、更に神人独特の祈り唄と祭り唄が絡み合い、貴方を別世界へと御案内します。」と紹介されるように前半と打って変わった躍動的な唄です。最近はインストが多い様で歌が少なくギターを熱演されます。最期は津軽の祭りのエネルギーに満ち満ちて活性化して終演です。4時間のライブはあっという間です。とってもお得な満たされた時間を過ごした皆さんも満足げにお別れです。


 ライブの後の懇親会も少数でしたので神人さんを中心に一つの話題を共有できて内容濃いものでした。2次会はコーヒー専門店で更に深めて楽しく1日を終えました。明日朝からはいよいよ、宮沢賢治と縄文の旅が控えています。





0 件のコメント:

コメントを投稿