2015年3月9日月曜日

413「善悪3」2015,3,9

(続き)
 海を体内に貯めて、循環させたのが血液です。羊水も海をポータブルにしていて身体の70%が水です。その中にはいろんなミネラルがあり、濃度があります。療法で血液に海水を入れるものもありますが。それで良くなったのですが潰されました。
 石油メジャーと医療業界の利権は一緒だ。薬は石油から作られている。既にそれらはばれていてインターネットで直ぐに分かる。マスコミも利権は一緒だ。
 地上での経験は、どれだけ気づかれずに利己的にして行ったのか、その体験を我々がしたことで智慧と成った。それも良いのでは。2013年から分離から統合の時になり、陰陽、善悪を止揚する時代に入った。天使も悪魔も役目で、魂に上下はない。その価値に区別なく、スピリットの存在だ。
 ゲーテのファウストは至福を体験したいとツイッター、つぶやいた。悪魔のメフィストフェレスがそれを聞きつけてファウストが至福を体験出来たら、死んだ後に自分の奴隷になるという契約を持ちかけた。ファウストは生きている時に至福を味わいたい。しかし死後の事を知らない。向こうの世界が長いし、メフィストにすれば美味しい提案だ。その契約が成立した。
 ヘラクレスはギリシャ神話の英雄で、ヘラによって掲げられた。ゼウスの奥様がヘラで、ゼウスは神々の王で雷を落とす一番強い神。子作りに励み、夜這いに行く。ゼウスが来ると女性がシャイに対応して、求めに応じて子を宿す。そのゼウスの浮気でヘラが怒こる。ヘラクレスもそのような子でゼウスの浮気相手の子。正妻が一番尊重されていて、あまり嫉妬するのもみっともない。しかし嬉しくない。そこでヘラクレスのところに蛇を送る。蛇は嫉妬の象徴です。しかしヘラクレスはそのヘビを握り潰します。
 ゼウスの子なので彼は名声があり、目立ちますし、能力もあります。結婚して子供も出来て幸せなヘラクレスをヘラは天上から見ていて許せなかった。ヘラはヘラクレスに狂気を起させて、妻と子供を殺させてしまいました。今の法律でも心身喪失状態で人を殺めたら無罪です。しょうがないがヘラクレスは最愛の妻と子供を殺めた事で自分を許せない。正気に戻って悩んでアテネの神殿で神託を受けた。神のお告げで10の試練を与えられる。それをクリアーされたら許されると。
 日本のものも含めて、神話はとても魅力的だ。ストーリーを教える事。そのストーリーの中に日本民族が大事にしてきた共通の土台、アーキタイプを学んでおくことは大事なことです。ギリシャ神話と日本神話は同じものがある。
 ヘラクレスとスサノウは一緒だ。それは人類の共通の土台としてある。テレパシー言語としてそのような共通のイメージがあったと思う。言葉と言うものは無いころ、元々テレパシーで会話していた。思ったことが即、相手に通じて伝わる。今、テレパシーが出来るのは意識、心をクリアーにしている人だ。気持ちが穏やかであること。アンテナはノイズの処理が大事で。静かな水面の様な状態が大事です。
 人体も70%が水で出来ていて、水の振れや淀みがある。感情の動きや、心が身体の水を左右する。それが結晶に影響している。感情は波動で、意識をどのように持っているかが大事です。健康とは健体康心のことです。心が康らかで身体が健やかということです。我々の意識状態が波動として物質に影響しています。

 存在を理解する為に分析して、魂と肉体とした。魂は波動であり形が無く、肉体は物質で粒子です。魂は分かりにくいのですが、どちらが本質かというと魂の方です。
 魂・「たましい」を拡大すると、「たま しい」。しいは感情のこと。人類は体験する為に生まれてきた。それは感情を如何にコントロールするかだ。そして自分がマスターになること。嬉しい、悲しい、楽しい、・・。「しい」の感情が揺れ動く。しかし本質は変わらないもので「たま」で、それがスピリット、one drop、キリスト意識、ブッタ意識、宇宙意識と言われるものです。
 食事にも物質だけでなく波動、いのちのエネルギーが乗っている。食事の時に頂きますと言うのは、いのちを頂くことの感謝と祈りです。頂く者には魂のエネルギーが必要で、生命エネルギーを頂いている。本当のエネルギーはスピリットの処に加えている。魂が高周波であり、肉体は低周波です。物と波動は流動的で、高い方から低い方に流れる。つまりエネルギーの高い方から低い方に流れる。その関係は、 魂、波動 / 肉体、物質。 たま、スピリット / しい、感情。です。
 心で思ったものが身体に流れます。食べ物は地球のミネラル、エネルギーで太陽のエネルギーです。食べる時にそれを魂も頂いています。私と皆さんとは、イエスと何ら変わらない存在です。その魂に上下の区別はありません。エネルギーのやり取りは食べ物を介さなくてもしています。癒されることは大自然からのエネルギーのやり取りをしていることで起きます。
 家屋も、日本の木々の家は呼吸をしています。家は大自然の象徴で森を再現しています。森から川が流れ海へと相互作用があます。人が住まない家は傷みます。人が出入りすると人が発する生命エネルギーを家と交換しています。そこにはギブ・アンド・テイクでエネルギー循環があります。高いものから低いものへ流れ、与えたものが還ってくる循環です。
どうしたらプラーナを摂取できるのか。それはエネルギーの少し高めのやり取りをしているものです。プラーナを得ると身体の中に水が出来ます。一時期、食べると身体が疲れました。今はそれほどなくなりました。食べなくても飲まなくても欲しくないし、身体は潤っています。
 プラーナをどうして引き付けるかですが、リラックスしていると引き付けやすいです。脳波も低い周波数 ベータ波、高い方のアルファ波、シータ波、デルタ波があります。緊張、競争はベータ波。お湯に入ってお腹空いてリラックスすると意識に応じたものを引き寄せます。チューニングすると増幅して入ってきます。意識のアンテナがありチューナーがあります。意識でチューナーのチャンネルを合わせている状態です。子供はそれが出来やすいです。愛の根源に合うと増幅して入って来るのでどんなものも変換できます。
 森美千代さんはチャネリングをしますが脳波はシーター波です。この世も2011年まではベータ波でしたが変わって来ている。皆で仲良く、軽い瞑想状態のアルファー波よりも深い状態のシータ波を24時間保てたら水も食べ物も要らなくなります。デルタ波はイエス、ブッタの状態です。
 我々の日々の状態があります。夫婦、親子関係は学びのきっかけです。イラつくとベーター波になりプラーナを吸収しません。そうなるとやけ食い、ヤケ酒になります。本当に楽しいのはスピリットが喜ぶ事です。そしてあの世での約束を少しずつ思い出すことで、自分の魂の計画に沿うと、細やかな、気持ち良い状態になり、大元と繋がり、シンクロしてきます。そのように気づいてどんどん繋がって来ます。
 よりいい加減に適当に過ごすことで意識からそのような周波数が発信されます。そんな状態で、自分のいい加減な状態に引き籠り、ニコニコしていることで世界平和に貢献できます。楽しく過ごし、子供の時の様に寝食を忘れて過ごす時代へ向かいます。これからのお金ない時代は食べ物も無くなります。義務でなく、自分が何をしたいのか、感性を大事にすることです。己の声を聴いて表現することで地上に楽園が出来ます。」



0 件のコメント:

コメントを投稿