2016年2月12日金曜日

574「非所有1」2016,2,12

 真の豊かさ、本当の富とは何なのか。2016年の大きなテーマとして、非所有についてのサアラさんの講演会に先日、参加してきました。サアラさんのプロフィールは以下です。
「宇宙人の魂を持って生まれてきた、Saarahat(サアラ)というコードネームのワンダラー(E・Tソウル)。大宇宙中央議会内、新生アインソフ議会のメンバー。彼女が初めて地球に来たのは、1億3000万年前のこと。」
 かなり怪しげな紹介ですが、講演の内容を簡単に紹介します。

 天候異変など何が起きても驚くことでなく、これからも起きていく。臨機応変に対応すること。日本人は真面目だが、ラセン的に対応することが良い。こんなもの、と思っていればメンタルがやられない。真面目に対応すると精神がやられる。
 今日の話しは非所有がテーマ。所有しないことでもっと多くのものを得られる。それは宇宙では当たり前のこと。地球人があまりにも所有し、大事にしていることでビックリされる。
 2016年には何を感じるか。期待感か?、根拠無く楽しくワクワクか?、それともどんよりした気持ちか?、意味があるのでそれはそれで良い。期待感と緊張でプレッシャーの人?、あせりの人?、今年は魂の過去の記憶に基ずいたものには、2016年は待ちに待った大チャンスの年で、地球進化へのシフトチェンジ、意識改革のチャンスの年で、今年1年をどうすごすか大事な年だ。
 
 皆さんが感じるのは複雑なことで、この年のことは過去に何度も経験していることだ。しかしそのパラレルリアリティー、タイムラインは認識しにくい。魂の記憶には今回の2016年でなく、他の2016年の記憶がある。その時、達成出来ていない人には焦り、焦燥感がある。それはどこまでチャレンジしたか、達成したかによる。
 又、地球に生まれ、このチャンスを今掴んでいるのはすごいと着目してほしい。今度こそ絶対にと思っている。1回、2回でなく何10回もチャレンジしている。魂にしては屈辱的なことで、今回こそは実現しようと思っている。
 
 地球はどんな変化を起こしているか。昨年末からフルスピードで変化しているが、個人の環境で感じ方が違う。世界中の原住民は切実に感じているが、今の文明の現実に生きる人は感じにくい。そのように実感出きることは大事だ。
 世の中の人は、合いも変わらずの状態だが、このようなことに興味を持つのか、疑うのか。しかし地球の変化を見て又、突き進める。マザーアースの変化を知り、私達が進化した後、何が待ち受けているのか。
 進化した時の、未来の記憶も個々の魂は持っている。未来のビジョンを活性化しておくことは未来を選択して行く上で重要だ。生まれる時に記憶を消して来るので思い出してほしい。地球と共に進化する役割の魂として、皆さんの一助になれば良いと思って話す。

 なぜ進化出来ないのか。男性の凝縮、女性の拡張のエネルギーバランスが取れないことでここまで来た。性の想像力でエネルギーバランスが出来ているが、それが上手く出来ていないので今の地球の状態だ。
 地球の変化として、空の色が違うことが多い。太陽光の風景は日本ぽくなくてヨーロッパ、地中海的だ。太陽がおかしい。紫外線が強く、朝陽も熱い。それは地球の地磁気が弱くなっていることが原因だ。周期的に起きる事で珍しくないが、大きいサイクルで起きる。この160年の中では急速に弱まってきている。これはポールシフトの前兆と言われている。
 昨年から急速に弱った。磁気が弱くなると太陽からの放射線がダイレクトに入り、強く感じられ、風景の発色が違うように見える。天変地異が起きるが科学的根拠は無く、ポールシフトとの関連性は考えにくいので、動揺し、不安に思う必要は無い。但し磁気なので通信には影響がある。それによる交通機関の麻痺がある。コンピューター制御なので使えなくなる。最新式の車は危ぶない。オーソドックルなもの方が狂いが少ない。手巻き時計は大丈夫。中途半端なハイテクよりもアナログの方が安全だ。携帯も当てにならなくなる。これから磁気変動して不安定が続く。
 地磁気の不安定は200年位続く。ポールシフト起き始めている。一機に起きずに少しずつ進む。北が2箇所になったりする。渡り鳥も影響あるかもしれない。中途半端なハイテクに頼っていると身の危険に合う。ET達が使うもの、UFOなどは問題無い。バス事故があったが最新の自動車は危険だ。飛行機が一番危険だ。一般的には安全な乗り物だが、これから要注意。異次元へ飛ばされるかもしれない。
 コンピューターの誤作動は金融、工場にも支障があるかもしれない。しかしいのちに大きな別状は無い。放射線を沢山浴びてもたいしたことは無い。火星にはかつて水があったが今は水は無い。太陽の放射線浴びているのでその当時、太陽も若かったが今は違う。ポールシフトは進行中であることを覚えておくこと。

 地球温暖化の話。1988年IPPC人為的気候変動に対応する機関だが、そこはいい加減なところで、問題のある機関だ。そこでは根拠の無いことが言われている。6000件の抗議を専門家から受けているが一向に変わらない。いろいろ捏造をしている。それは誰かの利益になっているからやっているが、一般市民の利益にはならない。利益はエコ産業だけ。自然界にはメリットは無い。南極は氷が増えている。IPPCは1年の平均気温のデーターを出さない。そして温暖化している様に見せている。実際は地球は気温が下がっている。情報はちゃんと伝えられないので自分で調べること。こんなになるまでほって置くのは好奇心が無さ過ぎる。それである特定の人に搾取されている。
 好奇心は大切。魂があらゆる経験をするのは魂の好奇心を満たすためだけ。このモチベーションを満たす為にここにいる。知りたいという好奇心を失ってはダメ。2016年のチャンスを自分のものにすること。好奇心に意識を向ける。疑問を大切にすること。

0 件のコメント:

コメントを投稿