2017年6月14日水曜日

970「祈り旅11」2017,6,14

 東北自動車道を南下して小坂ITから十和田湖へ向かうルートです。発荷峠から十和田湖の全景が綺麗に見えます。最高の景色で、神秘的な湖が突然現れ、皆さんを感嘆の声を発しました。湖面脇の道路をバスは進み、新緑に映えるエメラルドグリーンの穏やかな湖水は素敵です。

 ハードな行程内容ですが、お陰様で陽がまだあるうちに宿に到着です。昨日の弘前の宿も、今日の宿も前に何度か宿泊したところで、勝手知った所で安心です。
 先ずは温泉に入り1日の癒しを頂きました。天外さんと一緒になり何故か建築の話になりました。今度自宅の新築を考えているようで色々その話になりました。水誘導翻訳装置を設置しようと思っているようで、私が長年、生体エネルギーを活用していることをご存知なのでお尋ねになられました。埋炭の工法などに付いて私の生体エネルギー建築の理論の一端をお話しましたが少しご理解いただいた様で、生体エネルギー建築に興味を示されました。縁ある方にはマイナスのことはしっかりお伝えして善きものを得て欲しいものです。
 
 食事会は賑やかに楽しき中に進みました。祈りの旅の2日間を無事に終えて明日は観光ですから余裕です。私も少しビールを頂き、直ぐに良い加減です。終わり間際に天外さん以下、ゲストの方々のお話がありましたが、私はほろ酔い加減で記憶無しです。2次会のミーテイングは中止で私は早々にお休みです。
 実は、巌鬼山神社で事務局のHさんから十和田湖の事を尋ねられていました。天外さん、Hさん始め半数以上の方々が十和田湖は初めてで、どこか散策できるお勧めは無いかとの事です。お勧めは十和田神社と奥宮の青龍神社、そして乙女の像、開運の小道の湖畔散策ですね、とお話しました。是非とも早朝散策に案内をと依頼され、ガイドをすることになりました。

 翌朝は5時過ぎに起きて朝風呂1番乗りを目指して活動開始です。天外さんもお見えですが、あまりゆっくり出来ません。早朝散策会は6時ホテル出発です。
 集まった40名ほどの方々を案内し先頭を天外さんと話しながら十和田神社に向かいます。湖畔のホテル街はほとんどが閉鎖されていて何とも寂しい姿です。
 十和田神社の鳥居からの杉の参道は素晴らしい朝の霊気で身が引き締まる感じです。神社を参拝して、奥宮、占い場への階段を登ります。登りきると新緑の木々の若葉の間から湖面が見下ろせます。占い場へはロープが張られていて閉鎖されています。




 青龍神社に参拝して、皆さんを最高のエネルギースポットの巨岩が織り成す、ピラミッドに案内しました。気の分る方々ですから大喜びで岩のエネルギーを満喫していました。口羽和尚も参拝し、お祈りをされ、ほら貝を吹き鳴らしておられました。




 十和田神社等の謂れは以下のようです。
「十和田神社は元々は修験の場として青森県では恐山と並ぶ二大霊場として栄えた言われたところです。
 十和田神社は平安時代の807年に、坂上田村麻呂が東夷征伐の際に日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を祀ったのが創建と言われています。また十和田信仰(水神信仰)の中心として奥ノ院には十和田青龍大権現も祀られています。」
 青龍大権現の由来である十和田湖伝説があります。
「その昔熊野で修業をしていた「南祖坊」という修行僧が十和田湖にやってきました。南祖坊は熊野で権現様から「この草鞋を履いて諸国を修行し、草鞋が切れたところを住処とせよ」と鉄の草鞋を授かりました。そしてその草鞋が切れたところが十和田湖でした。(十和田神社には鉄の草鞋が奉納されています)ところがその十和田湖には秋田のマタギであった八郎太郎が姿を変えた龍が住み着いていました。そして住処をめぐり八郎太郎と南祖坊の間で激しい戦いになりました。戦いは七日七晩にもおよび八郎太郎は八つ頭の龍と変じ、南祖坊は法華経を唱え経文を投げつけました。その結果、南祖坊が勝利し八郎太郎は八郎潟へと逃れることになります。そして勝利した南祖坊は十和田湖へ入寂し龍へと姿を変え「青龍大権現」として祀られることとなりました。」
 ちなみに青龍は湖などの止水、白龍は川の流水を指すらしいです。

 階段を下って湖岸に出て乙女の像とご対面です。

 湖畔には誰も居ない、全てが私たちだけで豊かな満ち足りた気分です。帰りは開運の小道を通り自然の造形の不思議を楽しみました。
 開運の小道には6つの神様が宿っています。激しい火山活動によって溶岩から火山性ガスが吹き出した穴のなごりが祠(ほこら)で、昔、修験者がこの穴にこもり修行したとか?昔からこの穴には神様が宿ると信じられてきました。6つの神々は以下です。
風の神(罪やけがれを吹き払ってくれる)
火の神(防火・かまどの火を守る)
山の神(狩猟の神・田を潤す)
金の神(鉱山とお金)
天ノ岩戸(勝利祈願)
日の神(開運)
 最初は全員揃っていたのですが、かなりバラケてしまい自由に散策し帰路です。宿には7時半過ぎに戻って直ぐに朝食です。
 8時半にホテルを出発して目指すは新郷村にある大石神ピラミッドです。途中の新郷村の道の駅では皆さん買い物を楽しみ、天外さん始め皆さんにソフトクリームが大売れです。


0 件のコメント:

コメントを投稿