2019年6月1日土曜日

1687「日本再生5」2019.6.1

 71年のニクソンショック、85年のプラザ合意と同じように突然円高が始まります。そのことを知ってインサイダーをするか。竹下はそれで3兆円儲けました。トランプはドル安で金融を壊すつもりだ。1ドル50円の固定で10年する。保護貿易で国内産業の大再編成をする。自分で決めてやるつもりです。
 目標50円です。皆は100円を切るとソワソワし、80円で顔色変わる。その影響でリストラが起きて不景気が拡がる。しかしリストラでなく構造転換が必要だ。先を見通しての戦略が必要だ。周章狼狽するだけだが、大混乱の中から次のリーダーが出て来る。日本は円高はチャンスだ。

 バブル崩壊し、安倍のスタートは株価8000円で、2018年24000円になり3倍だ。バブルが3倍になり、それがはじけてもう元に戻らない。株式、債券、不動産、経済。2008年のリーマンショック後は中央銀行のお金を入れて起こしたバブルで、こうなったらもう打つ手はない。
 日銀は140兆が600兆の資産規模になり、それだけお金を出したが暴落する。安倍が辞め、黒田も辞め、雨宮が総裁になるが、対応は無く匍匐前進しかない。それは自滅戦争だ。日銀は債務超過まで売られて実質破綻の自滅戦法になる。金融機関は債務超過になる。そして国有化するしかない。右から左へ動く事になる。預金封鎖は無いが、ハイパーインフレだ。弱者救済の為の巨額財政出動が起きる。

 自分の懐にお金が入れば皆OKだ。竹中もベーシックインカムを言っている。「れいわ新選組」を山本太郎が立ち上げ政策発表したが消費税廃止だ。今まで右に振られて、貧しい人を切り捨てたが、中道政党が無いので今度は左へ行く力学が働くことになる。
 デフレで1ドル50円時代はこうして潜り抜けることになる。全部が見直しになり、ダイナミックに動き、政治に新しい潮流が起きる。
 地域ファースト、世代ファーストで新しい力が生まれている。小池、松井等、別な人も出て来る。学門、序列と違うことで出て来る。一大粛清で政治が変わる。そこでは今までの利権は通じない。それが世界規模で来ることになる。
 中東でハルマゲドン戦争するが米国の負けでロシアの勝ち。そして米軍が負けて沖縄から帰って行く。NATOも壊れた。仕分けが出来てドーンと行くことになる。そして自国ファーストに各国がなっていく。中国ファーストは地域ファーストになり、EUと同じで分裂することになる。

 米国は国に帰える。そして壁で本土防衛する。そしてベトナム戦争、911のこと等本当のことを明らかにすることになる。日本でも明治の事、戦後の事も明らかにして決着をつける。日本は北朝鮮との国交回復が鍵になる。北朝鮮と友好関係を結べないと日本の外交は定まらない。その上で環日本海をしっかりすること。
 米国は州がしっかりしている。そうなると戦争屋からすれば悪夢の状況だ。これからは粗削り型の戦国大名型のリーダーが台頭する。世代ファーストで、ミレミアム世代で、90年代以降の人が一番悲惨で、覚醒してきている。色々とオープンに話せる環境が必要だ。

 変わるし、変えて行く必要がある。円高で日本に観光客が来なくなる。今、京都は観光で公害が大変だ。トイレ等のインフラが整っていない。それらを整え立て直す必要がある。
 バブル崩壊30年で日本はこれからだ。国が1000兆円の借金が出来た事は凄い。大混乱の後は、「令和」では日本は外へ出て行く。企業は分かれて行き、小さくしていく。戦後の財閥解体と同様に皆の動きがスムーズに出来る様にする。
 型にはまるリーダーシップでなく一元論で、クオリティーが高くなる必要がある。危機感の風を当てる事だ。「令和」は激しいが凄い年号だ。これから2年間が勝負。そして5年、10年で変わる。そこを駆け抜けないとならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿