2019年8月28日水曜日

1778「神人巨石巡り6」2019.8.28

 以下は石崎山と立石山の調査を行ったブログの紹介です。ピラミッドに興味のあり方は読んでみてください。https://hamadas6.exblog.jp/8329375/

「立石山はピラミッド本殿山!そして石崎山は拝殿山!
このブログは、山形県に存在する「ピラミッド富神山とストンサークル」に次ぐ、2つ目のピラミッド発見!として、東根市のピラミッド本殿山(立石山・左端)と拝殿山(石崎山・右端)を取り上げたものである。

始めに!
「古代文明の謎」とか、「日本のピラミッド」等とかの文献を見る時、必ずや、酒井勝軍という名前が見える。酒井は、明治6年に山形県に生まれ、現在の宮城県東北学院を卒業して,その後、アメリカに渡ったり、シベリアに従軍したり、陸軍からパレスチナに派遣されたり、その際に、エジプトにも行ったりした人物である。
 帰国後は、古代文明史の研究から、エジプトのピラミッドは、今から20,000~30,000年前に誕生した古代日本が発祥地であり、それが伝播した、…という説を唱えた人物でもある。
 その説によると、ピラミッドの要件は、三角形の形をしていて、本殿の頂上に神殿があり、それを遥拝する拝殿が近くにある、と言う。本殿には、太陽石や列石が、拝殿にはドルメン、方位石、鏡石、メンヒルなどが存在すると言う。
 酒井は、エジプトに伝播した日本のピラミッドが、日本でも、必ず、将来発見される!と予見していた。

 酒井が61才の時に、情報から、広島の葦嶽山に登り、その予見した構造からも、酒井の説がことごとく実証され、酒井はそのピラミッドは、今から23,000年前のものであると言い切ったのである。酒井は何故そう言い切れたのか?また、何故、その構造等を知り得たのか?は、謎の儘なのである。
 その後、青森の大石神山、岩手の聖地としての五葉山をピラミッドを発見したといい、更に、竹内古文書で有名な竹内巨麿が、青森の十和利山をピラミッドであると言い切った。
 その後、人工の山と言われる秋田県黒又山や青森県の靄山(もや山)を始め、福島県の千貫森、岐阜県位山、高屋山、富山県尖山、広島県葦嶽山、飛騨高山を中心とする地域、その他、沢山のピラミッドと付随する古代巨石遺跡、が発見されている。


レーダー調査により、階段式人工ピラミッドではないかと言われている秋田県黒又山!
これも人工では?と言われている青森県もや山!
UFOの基地と言われている福島県千貫森!
更に、日本には幾つものピラミッドがあるのではないか!という事で、その他多くの団体、個人、在野の研究家諸先生方により、現在、研究が進められている。
 私も、ピラミッドや古代巨石文明の跡を求めて探し回り、登り確認して楽しんでいる。東北に限定するがそれらの三角山=ピラミッド山や巨石については、リンクする「ピラミッド山!東北のピラミッド!探し登った三角富士の山々」「巨石!私の東北巨石番付」を、是非ご参照願いたい。という訳で、以下、山形県東根のピラミッド山についての偶然探した経緯と巨石リポートをご覧頂きたいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿