2017年5月27日土曜日

952「岩森浴1」2017,5,27

 日頃、活用している生体エネルギー技術はいつも驚きの世界です。既成概念に取り込まれた自分の意識は思い込み、無知の世界であり、その無知の知から扉を開くと、未知なる世界が広がっています。意識の拡張と、能力の向上で、この次元の楽しみ方が変化して元気が増し、面白き時空間になります。
 この4月に生体エネルギー応用商品「岩森力」が発売されました。内容を紹介します。
 案内チラシには以下の様にあります。

「岩森土と岩森水でつくる岩森力」
 手軽に植物や石の能力を上げることで、居ながらにして森林浴・岩盤浴効果を期待できます。
・使用方法
 同量の岩森土・岩森水を用意し、株元や石のまわりに土、水の順にまきます。1回の散布量は鉢土量が大旨10lに対して土、水共に100mlを月に1~2回ご使用ください。但し、初回は3倍量異常が効果的です。まいた後、出来る範囲で表面の土と軽く混ぜてください。日頃の水管理は植物の必要量で行なってください。石のみの場合も50%~60%を目安に散布してください。庭石や植木には、岩森土1l、岩森水1lを年に数回ご使用ください。
・より一層効果を高めるために
 初回、鉢に植える時や、植え替える時、土量に対して1/3の「底力」を混ぜる事で、土壌粒子が整い、植物の根張りが良くなり、健全に育ちます。定期的に葉面散布剤「元気」を使用することで、葉色、花色を鮮明にします。石のみを置く場合は「底力」を増量することをお勧めします。

 仙台の天命舎で毎月開催している、「日常生活を健康で豊かに過ごす方法を学ぶ会」の5月12日の勉強会では、この岩森力の作成実習、デモンストレーションを行いました。
 あらかじめ千葉県の「ひだまり」さんから苗木3種、黒松、おたふく南天、楢を60本ほど、長野県の浅間山の火山岩を小、中100個ほど取り寄せていました。

 勉強会では前半に最新の話題や生体エネルギー研究所所長の佐藤政二先生の講演、講義等のお話をして理解を深めて頂き、最後に岩森力の作成です。
 プランターに培養土を2/3、底力を1/3入れてかき混ぜ、そこに南天、松を植えて、石を3個配置しました。石はあらかじめ、岩森土と岩森水を混ぜ合わせたバケツにどぶ漬けして起きます。配置し終わった後に土と液を掛けて完成です。
 皆さんにこの岩森力でできたプランターで岩森浴を体験して頂きました。明らかにオーリングテストでも強まり、凄い差があります。食味体験も行ないましたが煎餅の味が全然変わり、明らかな変化です。
 そのプランターの土の中に佐藤先生の作られた特別な文字、徳字を入れてみると更に味が変わり大きな加算効果が確認出来ました。

 勉強会の最後に、皆さんに希望の苗木、石を選んで買い求め頂きました。当然、岩森力のセットも購入して頂けました。果たして皆さんの家庭で如何な変化が生じるのか楽しみです。
 勉強会は10時半ごろ終了しましたが、その後に用意した4個のプランターに岩森力を使って3種の苗木と石でスペシャルな想造をしました。終わって12時近くでしたが、眠気も無く、元気に出来ましたが岩森浴効果のようです。成長加算していく能力は環境を豊かに変えてくれます。
 脳波がベータ波から瞬時にアルファ波、シータ波に変わるというデータもあるようです。睡眠時に岩森浴をできたら自己調整機能がスイッチが入って、機能が高まり、若返り効果も期待出来そうです。
 





0 件のコメント:

コメントを投稿