2018年7月4日水曜日

1355「再生3」2018,7,4

 2010年6月13日のイベントの様子を記した泉部会報7号の内容を紹介しますが、和気藹々で楽しい雰囲気が伝わってきます。

力丸コンクリートで球づくりに挑戦
 今回参加者は、この球の元となる生体エネルギー資材・力丸を入れたコンクリートを紙コップに入れ、環境改善のコンクリートを作って持ち帰りました。
 大、中、小の球がそろうのは10月中旬の予定。万石浦の豊かな恵みが後世まで伝えられるよう生体エネルギーの活用が期待されます。

 おいしいおまけ! ~ 海の幸に舌つづみ ~
テーブルいっぱいの海の幸
 6月13日の現地視察会では、宮城の海の幸を堪能。宮城支部の協力のもと、ウニ、ホタテ、シャコ、シャケ、ホヤなどの海産物をたっぷりいただき、おいしい笑顔でいっぱいに。また、佐藤孝明さんが万石浦に潜り、地物のウニやホヤを獲ってきてくれ、獲れたてのおいしさで更に満足。
 ラストは船に乗せていただき、万石浦船上視察へ。浦の奥に進むにつれて昔の塩田跡の島やカキの養殖場の脇を通り、いくつもの小島が浮かぶアマモの群生地を見ることができました。自然の中で自分を見つめる時間っていいものですよ!
ぜひ万石浦に足を運んで下さい!      (レポート 山下嘉子) 
ウニにご満悦の大久保会長
ホヤ調理中
ホタテ・ホタテ・ホタテ!









 震災後に私たちが造船所を訪れたのは3月31日でした。その時の様子はこのブログの
「81「曙光」2011年4月1日」に記してあります。そこの中から抜粋して紹介します。
http://sendaitenmei.blog108.fc2.com/blog-entry-81.html

「3月31日に、今回の大震災被災地の石巻市のテンメイの仲間Sさんのところに支援物資を搬送しに行ってきました。震災から3週間になるのですが、石巻市内の幹線道路は走行できますが、少し入ると未だ瓦礫がうず高く、家屋の倒壊、車や舟がいたるところに散乱しています。津波を直撃された地区にはビル以外の建物は全て消え去り、根こそぎ持ち去られた様子、自然が大掃除をした感じすら抱く廃墟です。
 Sさんの処への海岸沿いの道路は流された舟で寸断されていて、大きく迂回してたどりつきました。Sさんの造船所は津波の直撃を受けました。地の利で全壊は免れましたが、1階は抜けた状態で鉄骨がむき出しで未だ中は散乱状態です。大きな重機無くしては片付けが難しい状況です。


 3月11日に造船所には、修理の為に5隻の船が引きこみ線の上に設置されていました。地震の直後、その1隻の舟がレールから外れ海に流されたため直ぐに船主さんと連絡を取り海に出て頂き、他のずれた舟を固定しようとしている時、海が音を立てて引き始めました。津波は来るだろうと予測していましたが、危険を察知して直ぐに両親を高台に避難させ、再度戻って仕事をし始めた矢先、第一波の津波が押し寄せました。慌てて車で高台に避難しました。そこからつぶさに見た光景は海の男の経験を超えるものでした。何度も押し寄せる津波の轟音と共に近隣の家々、船は波にさらわれ、対岸は一面、海と化して故郷の姿は激変しました。それから避難所での生活が始まりましたがライフラインは完全に止まりました。食材はたまたま運送中のトラック1台分の魚が差し入れられて豪華だったとか。しかし、彼だけ一人、造船所3階の事務所に寝泊まりしています。

 震災直後、多くの人の死に遭遇し、未体験の修羅場を生き、極限状態で自分を奮い立たせ頑張って来た彼は言います。「段々人間の感情が無くなって悲惨な姿を見ても涙すら出なかった。人と話すうちにだんだん感情が呼び戻されてくる。しかし一人で過ごすうちに又どんどん人でない自分がいる。」そんな自分だったと。携帯電話も通じない中、充電も出来ず、かなりの日が経過して発電機を借りてようやく数日前から携帯が使えるようになり、私ともようやく連絡とれました。
 一緒に働いていた弟さんは地震直後に、家族を案じて自宅に車で帰る途中、津波に遭遇してしまいました。津波が近づくのを確認して、車を出て直ぐ近くの工場の様な建物の階段を駆け上がり2階に逃げ込みました。しかし水嵩は増してきて梁の上に上がっていましたがいよいよの時に、天井を足で打ち破って屋根に上がり難を逃れました。どうして天井が破れたのか不思議です。しかし雪降る夜はかなり冷え込みます。彼は幸い水にぬれずに逃げられたのが生死を分けました。屋根から流れて行く人や車、家が見えたそうです。電柱の上に逃げてしがみついている人もいました。皆で声を掛け合って眠らない様に激励し合ったのです。しかしその晩は凍死した方が沢山いたようです。ようやく帰りついた弟さんの家はほぼ全壊でしたが、再会した家族は幸い無事でした。

 片付けに追われるある日の午後、造船所の作業場で彼が疲れて眠りこんだ時に泥棒が入ったようで、貴重な記録を収めたデジカメが盗まれたそうです。愛犬が不審者を監視しているのですが、何故か吠えなかったと言います。どうやらドックフードを投げ込んで犬の気をそらしていたようです。無表情な黒光りした顔に怒りが読みとれました。天災と対峙する気持ちと、人の気を逆なでするような人災は意味が違うのです。





0 件のコメント:

コメントを投稿