2018年5月29日火曜日

1319「祈り9」2108,5,29

 最後は演者とゲストが登壇してパネルディスカッションですが、ゲストお沢山の方々なので自己紹介を兼ねてお話頂き、後は会場からの質問への応答になりました。主だった部分を紹介します。


・はせくらみゆきさん
 祈りの旅を知りました。浮かばれていない存在は見たくないと思っていましたが、相手の方が私たちの祈りによって光に還元して行くことは素晴らしいし、私たちの暮らしそのものが祈りだと思う。ケーキと思うと、フォールを切り分けて食べますが、分離したものもフォールも美味しいのが良いかなと思います。

・船戸崇史さん
 消化器外科をしていて分離していて統合していなかった。ブラックジャックが格好良かった。如何に綺麗に切り分けるか、未だ西洋医学でしていて、必要でしますが、しかし統合の考えを持っていない。癌も悪いとみなして切り取って治すことをおかしいと思っていなかった。病気とは生き方がおかしいと伝えてくれるメッセージと気付く為に10数年かかりました。そのことは天外塾で教わったことです。

 以下は質問に答えてです。
・天外伺朗さん
 自己顕示欲なくなると統合が進み、統合の最後が政治になります。独立したもので後期自我、シャドーの分身エネルギーで動いていて、政治も統合して次へ行く。人の為の社会システム出来ていて、次の世代の人が進化するシステムに変わります。

・アシリレラさん
 祈りは形が関係なく、心から入る事が大事です。私は4回死んでいるが、それを追い返したのは先祖だった。この地上に生きとし生きる者、生まれた人に誰一人無駄は無い。心があれば神仏が加護してくれます。

・天外伺朗さん
 生きている事のベースは身体、生命エネルギーで快食、快眠、快便が大切です。その上の3つのこと、歌い、踊り、祈りが大切です。今、その祈りが一番不足している。80年代にはディスコブームがあり、その時に日本は凄い勢いがあった。全員が祈りをすることが大事です。お布施だけでは駄目です。

・アシリレラさん
「幸せは、今生きている事」、と感じた時、それが幸せ。満たされているかどうかだけ。健康で今幸せと思うこと。それを自分で掴む事です。

・真栄田苗さん
 先祖からいのちを頂いている。いのちを繋いでくれた方々にありがとうの気持が祈りです。まずやってみる。まだ不安と思う時、もう一度する。何度も繰り返しすることで先祖が受け止めた時、ありがとうの気持か自分に伝わった。その時に達成感が来るのです。

・秋山佳胤さん
 食べていないのでなく、エネルギーを頂いています。祈りに集中している時、ハッピーでどこにも繋がっている。明け渡すのは止められない世界です。自分が生命を頂いていることへの感謝、愛を放射する喜びからくる循環、プラーナで生きる愛の循環で生かされています。万全に保護されている、宇宙の愛、地球の愛に育まれている、と安心すると物質に拘らない。食べないと制限をかけると分離になります。

・はせくらみゆきさん
 食べない選択の時、光が固まったものが食べもので、地上バージョン、天地バージョン、それぞれを合わせて、食べる為に生きる事から自由になること。食べなくても死なない。エネルギー性で見ています。

・天外伺朗
 分離から統合へ。良い悪い、正義、悪からも離れること。虐殺したサイドのものも上がっていない。葛藤の強い人、虐殺している。その人の怨念も残っている。

・アシリレラ
 53歳で癌になりビックリした。向こうの世界に行って戻ってきた。皆、神様の子供で死んだら神様の所に戻る。普通は20年だが自殺は50年戻らない。今のいのちを寿命まで全うすること。自分の心が満たされていればそれで十分なのです。

 以上で講演会は終わりました。今年の祈りの旅は5月19日から岩手県を巡ります。果たして如何成りますでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿