2017年7月29日土曜日

1015「鞍馬・三河17」2017,7,29

 次の目的地は百間滝です。向かう途中で、JRの踏み切りが下りています。めったに見れない飯田線の特急電車を見ることが出来ました。これまたラッキーです。


 百間滝は中央構造線の上にある滝でそのエネルギーは分杭峠以上といわれるパワースポットです。道路工事で迂回路を進み到着です。駐車場が2台ほどしかなく、ここもラッキーにも奥側の滝への道のところに止めることが出来ました。いざ、滝へ向かいましょう。
以下、滝の紹介です。

「百間滝(ひゃっけんだき)」は風光明媚な愛知県新城市にあり、全長約120m・落差43mの愛知県で最大といわれる滝です。中央構造線上にあり、パワースポットとしても有名で「ゼロ磁場の滝」といわれています。ここで発せられる心と体を癒す「気」のパワーは、長野県の分杭峠を凌駕するとも!
 滝入口の近くには湧水を汲める所があり、山奥にもかかわらず多くの人が訪れます。
「パワースポット」は、日本最大の構造線(大きな断層)である「中央構造線」上に多く存在し、三重県の伊勢神宮や長野県の分杭峠などがよく知られています。
 百間滝のある場所は、まさにその中央構造線の真上!中央構造線に沿って流れる夏明川(下流は大島川)の地質の弱い部分が掘り下げられてできた滝で、滝つぼにははっきりと断層が通っています。
 中央構造線は、日本海側の西南日本内帯と太平洋側の西南日本外帯のいわゆる「接合面」。2つの大きな力の押し合いがある場所です。2つの力が拮抗して動かなくなるため磁場がゼロになる地点を「ゼロ磁場」と呼びます。このゼロ磁場には、体調が良くなるなどの特別な力が働くと信じられてきました。」

 山道を下り川に辿りつき、渓流沿いに進むと滝の上部の岩場に着きました。この百間滝、落差は120mあり、愛知県最大の滝です。途中で曲がっているので、上からは全容を見ることが出来ません。

 エネルギー的に滝壺あたりよりも、この上部岩場(川原)付近がもっとも放射線量が強かったと記されていました。

 滝の中間部にも展望所があり綺麗に滝を観ることが出来ます。更に下に下りて滝つぼの展望所があります。滝はダイナミックに流れ落ち、滝つぼに断層が見えます。黒い岩肌が輝いています。


展望所にはテーブルと椅子があり休憩しながら滝も水しぶき、マイナスイオンの高いエネルギーの全身浴を楽しみました。しっかり充電して活性化出来ました。

 ここではあわ歌無しであ~を皆さんで3回唱えました。その時のお言葉です。

「さら さら さら と流して行くぞ。
 思いは出だして、清きとなりませ。」11:40


 午前の巡りを終えて昼食会場に元気に向かいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿