2019年9月19日木曜日

1800「内なる使命1」2019.9.19

 8月11日ははせくらみゆきさんのセミナーでした。その内容を紹介します。


宇宙の法則実践セミナー2019 「内なる使命とパラレルライフ」

 私は個体、肉体に入る事で満足していません。1番は寝ている時で、その時には抜け出ても良いです。そして多次元性の自分に戻って行きます。整合性のあるストーリーに合わせているのが個体です。ストーリーを合わせてやっていますが、私は変な人です。
 肉体の構成元素は宇宙に遍満する物が体の中に入っています。そしてそれらが交信しています。私達地球人は22種の宇宙存在と関わっているのです。交信することで知識、知恵がふわっと広がって行きます。

 何故地球に来たのか。私達は意識の改革者なのです。意識で拡げられるのというのは先駆者なのです。私が高速で話す時には、宇宙叡智が関わっている時です。そこと同時交信をしているのです。そこと私達の魂が必要としている情報を共有しています。
 私達が正しいと思う知識がずっと正しい訳ではないのです。歴史も新しい発見があると変わってきます。今では人類の始祖は700万年前ですし、大化の改新のことは今では乙巳の変と言われているのです。

「内なる使命、パラレルワールド(平行宇宙)」
イントロダクション ようこそ地球へ!

 ・物質性と直線的な時間が存在する地球へのチャレンジ
 地球に来たことが最高の幸せです。本来、何でも出来て、思いが叶い、絶対的な平安の中にいます。永遠にその中にいるのです。そうすると暇で、飽きてしまうのです。これがスタンダードです。仏教で言う空ですが、違う言葉では闇です。闇とはありとあらゆる可能性の場のことです。
 今は、闇=悪の概念がありますが、それは狭い捉え方です。具現化していない可能性から、潜在から顕在にしたいと言う意志が生まれ、その顕在化の流れを光と言います。光と闇は絶対に戦えないものです。何故ならそれらは自分の中のものだからです。
 潜在の中に顕在が生まれ、その極1部が見えている世界なのです。それは空の中に属しているもので、そこがゴールではなく、元々は目に見える世界のここです。
 見えないものは心です。それは無いのではありません。心、認識、意識の領域があります。意識で出来ていて、それと共にこうありたい、という入れ子構造のカラクリがあるのです。
 無限次元から下降し今があるのです。私と言う自我を持つ世界に居て、陽こそが地球なのです。

 ・観光=光を見る旅
 自分の考えでは無いのです。神、高次の意識体が今の我で、個我に考えるふりをして言わせています。それぞれ大いなる自覚からの答えです。普段使っていない意識体を活性化させているのでクラクラしてきます。この瞬間に、ありとあらゆる時空間から飛来してきているのです。
 水分子を通して放射されていて、宇宙自体が瞬時にアップデートしています。私達は有機的参加型の宇宙の一員です。

0 件のコメント:

コメントを投稿