2015年5月26日火曜日

442「禅の会6」2015,5,25

  いよいよ大敬さんの講演会が始まりました。
「昨日山形でお話ししましたが、2日続けて参加の方もいる様ですから、少し内容を変えてお話します。
 般若心経の順読みは自力から他力へ進むながれです。
 禅宗で若いうちは頑張るのですが出来ません。そうして絶望して、もっと大きい力が働いていることに気付いて、活動できるようになります。
 一方、逆読みは他力から自力への読み方です。
 私は元々、芯の無い、絶望しやすいダメな人間でした。45歳まで定職がなく、絶望で生きていたので、直ぐに他力へ移れました。そうして勉強している内に自信がでてきて、自力へ移れました。
 福岡で禅の会をしていますが、皆さん感動するのが逆読みです。順読みは普賢、文殊、弥勒、観音と読むものです。
 
 普賢さんは、心が現実を作る事っていることを発見することが前提です。その為にはまず心をクリアーにすることが必要です。ぐじゃぐじゃ書かれた黒板で心配しているとなかなか絞れないので上手く描けません。まず黒板を綺麗にすることです。そしてその上に描く事が大切です。そうすると心さんが現象化してくれます。
 自力の限界があり、次は文殊さんです。普賢さんはエネルギーが分散しているのです。そこには抵抗観念があります。文殊さんはその抵抗観念を持つものを断つことをします。でもなかなか自力では出来ません。
 エミールクーエの自己暗示法があります。自分の持つ抵抗観念を切るのは、ウトウトした時か、目覚めてすぐの時には意識が弱くなっているので、潜在意識に埋め込めます。顕在意識が抵抗観念を作っているのでその時が有効です。
 
 禅の教えは素晴らしいのですが、それはエリートの教えで、本当に悟っている人は道場に1人いるかどうかです。平らな土地に杉の大木が1本生えているのですが、最初は小さいもの沢山生えていて、その内1つだけが残って育ったんだ、という世界です。しかしそういう発想は間違っています。禅の教えの間違いは、1人の悟った人を作る為のものだというところです。そのことが私がそこから離れて行った原因です。
 私のする禅はゆったり、ほんわりと、ボーと半分寝ている状態で、難しいこと考えられないものです。そしてその状態では願望が入りやすいのです。自力でない方法が良いです。自力では難しい人がほとんどです。
 
 逆読みでは弥勒から入ります。そこは波動だけ、響だけの世界です。耳を傾けるだけでいいのです。心を素直な楽器にしなさい、そうすると響きます。しかし自己主張のある人は楽器になれません。楽器は中が空洞で、空洞がないと楽器になれません。その為に、良い波動を持っている人の処に行って素直に受けることです。反発しないことで自分の楽器が振動します。そこで今度は自分の楽器が発振するのです。
 心も楽器なので、共鳴するとそれに合わせて世界が出来ます。悪い世界に共鳴していると、汚い絵が出来ます。自分の力でするのではなく共鳴すると、周りに幸せな世界が出来ます。
 一番大切なことは、良い波動の人、良い波動の先生に付く事です。今のスピリチャル難民の人達は、良い先生を見つけられない人達です。恐怖心を持たせる人はダメです。それは滅亡の振動です。そこに集っている人達を見て、その波動、振動を見ることです。お金ばかり取る処はダメです。禅の会に変な人来ても1回で辞めてしまいます。人畜無害で大敬さんに長い目で付いてくれる人は助かっています。
 更に良い経典を読む事、そして随喜法が良い。自分の周りに成功した人いると普通は嫉妬し、けなすのですが、逆にそれを良く成功できた、と喜んであげることです。そうすると自分もだんだんと願いが叶うようになります。相手の喜びを共に喜ぶ、という随喜法をすると良いです。そうして成功体験を自分のものにするのです。このような波動法は弥勒さんの方法です。
 
 観音様は音の響きを静かに感じて行く世界です。聞光、光を聞く。観音、音を観る。全ては波動です。それを自分の楽器で聴くのです。五感全部で聴き、全てを通して聴いていると響きが観えてくるのです。響きに耳を澄ませるのです。
 宇宙全体に4種のものが遍満しています。大神呪、大明呪、無上呪、無等等呪です。この響きはなにか。呪の字の元字は口が二つです。それは繰り返しのことで、振動し響いているものです。そしてお祝いから来ています。
 私達を宇宙全体が祝福してくれているので、それを素直に受けるだけで良いのです。他力で良いのです。自分で何かをするから聴けないし、受け取れないのです。

 大神呪は個人性を越えた能力のことです。大敬さんは観音ステージに居るので自力がないのです。自分の知恵はないし、獲得した知恵がないのです。これまで目標を立てて、その計画へ向かう生活をしていたのですが、それは絶望して消えてしまいました。今は何もないのです。しかし、何も無くても世界がセッティングされているのです。

 45歳で高校教師の定職に就きました。物理の教師になったのですが、物理は勉強したこと無かったのです。ですから採用試験を受けたのですが、テストを受けずに帰って来てしまいました。ところが採用されてしまいました。電話では信じられないので確約書を送ってもらいました。ありえないことです。目標を持ったのではなく、全てが上手く運ぶようになっているのです。そして1年目で生徒たちは物理で日本1になりました。
 私が45才に観音レベルになってから全ては起きたのです。




0 件のコメント:

コメントを投稿