2019年2月28日木曜日

1594「極上5」2019,2,28

・K,Tさん
 「岐阜から来ました。チャレンジPPKで導師に合いました。10年前でしたがその時、お導師の話はとてもショックでした。それから自分の固定概念を外す事をやってみたら、とても生きやすくなったのです。そして女性にもてる様になって、男として嬉しいことです。」

※チャレンジPPKはピンピン輝いて還る、ピンピンコロリを具現する会として、2008年に設立した会です。代表がトータルヘルスデザインの近藤洋一社主と杉浦清始宇宙僧、代表世話人が大久保で運営、活動していました。しかし両代表が高齢で身体が思うようにならずに昨年11月3日を持って卒業式、終焉を迎えています。

・K,Oさん
 「福島県の昭和村から来ました。積雪2mの世界です。前に京都のトータルヘルスデザインに勤めていていました。大学を卒業して世の中の事を知らずにそこで色々な事を勉強しました。そこでは社主の近藤洋一さんの教えを受けました。そこで杉浦先生の事を聞いていました。
 今は昭和村で地域起こし協力隊をしています。今はゆっくり考えられる環境です。天命塾がやっている事はこれから大事なことだと気づきました。その活動の中で今日初めてご縁しました。」

・T,Nさん
 「宇都宮から参加しました。この信念会のことを宇宙人の新年会に行って来たと言っています。楽しい時を過ごし、集まり、散っていくのが凄く楽しい、皆さんにそう言っていたら、今回、二人の仲間が参加してくれました。
 私は今日の食事の料理を担当しています。昨年は馬鹿になると宣言したのですが、なれませんでした。今年は2月から肩の力が抜け始めていました。もっとましになろうと勉強してきましたが、今、自分が満たされていることを味わっていない、今が完璧なのだと思ったのです。1つ1つ味わうつもりに今を貰えていると、大切な時間を噛みしめることが嬉しいです。1つ1つぴたっと噛み合う。この様に過ごしたいと思います。」

・S,Sさん
 「栃木、地元から参加して10年以上来ています。その間で何が変わったのか自覚が無いのですが、ここはリセット出来る場です。楽しんで今年1年活動していきたいと思います。」

・T,Sさん
 「仙台から参加しました。この道場の開所のお祝い会に参加してから20年ほど毎年来ています。杉浦先生はハスキーボイスでよれよれを醸し出していますが、そんなものじゃないです。その霊力に誘われて来ましたが、個人的には今年2歳で生まれ変わりました。始めから天命塾は当たり前で、その上に何をするのか。昨年から大学生をして嵌まり込んでいます。大学は最初は音楽だったのですが、今は染色をしています。深い人間の歴史を遡る学びをしています。」

 最後は私です。
 杉浦お導師の姿、お言葉に喝!です。このままでは老いが加速していく事でしょう。ご自分が言うように2年位でおさらばとの事ですが、これでは天から、ご本尊様から喝!です。奥様に甘えて自分を緩めすぎて生きるなら、明日にでも往生を願うのが良い。そんな事を言いました。


 まだまだお導師は口で人を活かす術はお持ちです。ある意味での人たらしです。極上の人たらしが杉浦お導師です。
 若いころ修行を積まれたのに身体の手入れを自分で出来ないはずがありません。気力の問題です。やはりこの次元を楽しむには身体が大切です。手入れを怠りなく、可能な限る自立出来る努力は必須です。
 初参加のHさんが早速、お導師に脚の体操を指導してくださいました。Hさんはアメリカから日本に初めてエアロビクスを紹介し、指導した方で今でも全国各地で指導者の指導をされている方です。

0 件のコメント:

コメントを投稿