2018年10月29日月曜日

1472「能力5」2018,10,29

 佐藤先生のお話は皆さん難解だと言います。私は毎月何度も長野の生体エネルギー研究所に通い、先生から直々に教えを頂いていますので慣れて来ていますが、先生は日々進化されていて、同じことを聴くことはありません。私流に翻訳し、かみ砕いて必要な方々にお伝えすることも私の役目と思って仙台で勉強会を継続開催しています。
 難しい、分からない、でもそれが必要と想い、自分が使いたい方は勉強するしかありません。私もそう思い、20数年先生の元で勉強させて頂いています。その学びの場が生体システム実践研究会です。そこの目的は以下です。

「我々宇宙人は、宇宙論的証明の中で生体遺伝子支配を自然の中で学び、存在の意義を正し、魂を磨き、動植物、鉱物、分子、原子の生体システムの真髄を追求し、真正なる社会に貢献するものである。」
 そして何時も頭にあるのは「想造量子宇宙論」実践徳目十教の中の1つ、
「学ぶ実践とは、教わる事でなく、教えることにある」です。

 今回の展示会での講演は佐藤先生が両日されました。後は、展示の新商品の説明、体験などです。
 1日目の講演会後は、特別仕様でバージョンアップした限定商品「生体エネルギー発生装置S多元」の説明、デモンストレーションでした。私も体験しましたが驚きの能力です。 限定品で展示会でのみの予約販売です。早速注文してしまいました。仲間の皆さんも見て触れると欲しいと思う様で、すこぶる好評でした。
 その他に、「化粧品」「生活用品、(旬)・(ほほえみ)」、「建材処理」、「分電盤IH」、「さとり」、「建築資材」、「農業資材」、「きわみ」、「しらべ」の展示体験コーナーが設けられています。
 その中で新商品、携帯「しらべ・じん」の能力はこれまた驚きの世界です。私はほとんどそのコーナーで「しらべ・じん」に触れて体感していましたが、1度手にするともう手放せないものです。開発製造者のN社長から色々お話を伺いながらエネルギーチャージの時間を過ごしました。これも展示会参加者注文の限定商品です。仲間の皆さんも全員注文です。
 
 幸せ、豊かさとは何か。皆それぞれ違いますが共通していることは心身の健康であり、自分の自分ならではの能力を発揮して縁者、地域、世の中に貢献できることではないでしょうか。如何にそれを獲得していくのか日常の環境が大事です。初めての方は全てが刺激的で素晴らしい体験が出来た様です。

 1日目は18時頃まで見学、体験をして、その後はホテルに移動です。夕食会は7人で和気藹々楽しく長野の美味しい食事を満喫しました。
 翌日も元気に参加しました。2日目の最初も佐藤先生の講演が最初にありましたが、内容の紹介は割愛します。
 2日目は終日、ものづくり体験を楽しみました。
 最初にコンクリートポールの作成です。筒の片側を蓋して、その中にスペシャルなコンクリートを入れます。その後、銅線を巻き付けた鉄柱をその中に差し込みます。それらも特別に処理して研究所の最高の電気の内容で情報加算をしたものです。
 筒からは銅線が出ていて、そこにアースで情報を加算することが出来ます。なかなか凄い生体エネルギーを放射していています。


 次に杉の木箱です。材木も丸太から特別に処理して製材したものです。そこに釘を打ち付けて1升桝を作ります。その後に釘に特別な電気を通したハンダゴテで情報加算です。箱に食べ物等を入れるとエネルギーアップして味が変わります。全てが内容をアップできます。
コンクリートポールと木箱は全員に無料で作らせて頂けました。ありがたいスペシャルプレゼントです。

 私が体験したものは、後1つです。それは有料でしたがカラーストーン作成です。水性塗料を活性化する建築資材とく丸を使ったものです。液体と粉末を混ぜ、型に流し込んで1時間ほどで固まり、素敵なカラーストーンが出来ます。私は丸型で色はライトグリーンにしましたが素敵に出来ました。


 もう一つきわみ水を使った染め物もありましたが私は作成しませんでしたが、素敵な藍染めが出来ていました。

 これまでの展示会は年2回開催されていますが、今回の様なものづくり体験は無く、初めての試みでしたが皆さんとても喜んで参加していました。昼食も手作りのお弁当、おにぎりなどを購入して楽しい交流の時間を過ごせました。私達は15時半には会場を後にしましたが、嬉しい貴重な能力アップの2日間でした。また参加したいと皆さん大喜びで、ガイド役も無事に出来ました。

0 件のコメント:

コメントを投稿