2019年5月4日土曜日

1659「循環社会4」2019.5.4

 太陽の大きさが14cmとすると地球は1.3mmです。その間に15mの距離があります。ビルゲイツ達は地球から脱出して火星に行こうとしていますが、私は地球が大好きで、地球から脱出する気はありません。
 私達は他の星への移住は難しいです。近い星は金星で地球の大きさに似ています。金星は1年が240数日で白雲があり、水があります。そこに住むなら未だ分かりますが、でもそこに住むと、身体の大きさはグレイ星人の様に小さくなってしまいます。

 かつて地球が大洪水に襲われる時に、地球から金星に逃げて行った人達がいましたが、そうなってしまいました。もし火星に行くとして宇宙船の中でどう生活するのか考えていないようです。
 私は地球が大好きで、新たな星や宇宙線で環境を作るのを考えたら、地球環境を治した方が良いと思います。今、地球環境が壊れて来ていますが、一体誰がこのようにしたのか。それは人間がしたのです。それはお金の為にしたことです。
 お金とは何か?お金の価値が無くなったらどうか?お金の為でなく作っている人達の方が自慢出来ます。皆さんはこれからの事に対してどうしたら良いかのアイディアが無く、私の所に聞きに来ています。

 先週、淡路島に行って来ましたが、淡路島にはおのころ島神話があります。そこで地震がありました。阪神淡路大震災で1995年1月17日です。
 その前の年、1994年12月に経営者の方々に講演会で話しをしました。その時に明石海峡大橋の橋脚近くの海底の岩盤にボーリングしている事は危険だと話しました。そして翌月に地震が起きたのです。
 一番危ない所に橋脚を立てる危険を何故冒したのか?地震が起きた後、講演会を主催したIさんにこの事は外に言うなと言われました。皆さん、都合の悪い事は黙っているのです。

 新しい村づくりをこれからして行きたいと考えています。白髪の元総理大臣Kさんと先日お話ししましたが、私の言う事に理解を示してくれました。今年あたりからスタートしたいと、背中を押されました。
 新しい農業の方法、今までの水耕栽培と違う事など色々やる事が出て来ました。それらを研究村を作ってやって行きたいと思います。そこに皆で入居してやっていくのです。そこでは医者には研究村を回って社内検診をしてもらう。

 これからいよいよやりがいの時になります。私は3度死に損なっていますが、これからはこれらの事をやれという事かと思っています。色々な事を研究しながらやっていくつもりです。
 今の生活の安心については何の保証も無いのです。地球の温暖化の直接の原因は太陽ですが、しかし受け取る側に問題があるのです。それは海が汚れていることが原因です。赤道付近の海水の平均気温が16℃ですがそれが更に上がって、逆に他の海の熱を奪う事が起きているのです。極地との間で海流に渦が出来ていて、その結果台風の巨大な物が出来ています。
 これらは人災です。中国はゴミを捨てて海を汚しています。汚染したものをしっかり処理する必要があります。海にゴミを捨てる事は駄目です。これからは発想を変えてやって行くことが必要です。
 金属棒の片方を熱し、逆の方を冷やすと電位変換が起きて電流が流れます。物が腐る時にも電位変換が起きています。バック・トゥ・ザ・フューチャーの映画で色々描かれていますが、これから空飛ぶ自動車が出来て来る時代です。


0 件のコメント:

コメントを投稿